スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパーでカジノのコーヒー 

これって、海外情報の範疇なんだろうかと思うような些細なネタですが…。

まず、ボルドーの町をふらついていたら SPAR がありました。

日本でもときどき使ったスパー。スパーとホットスパーの違いは電子レンジがあるかどうかだというガセビアを聞かされたことがあるけど。。。

20080307_04_spar_coffee01



懐かしくて?入ってみました…。

20080307_04_spar_coffee02



ガラスの張り紙は営業時間で、24時間営業でなくて、土曜日には短かったり、日曜日には昼休みがあったりなど、けっこう中途半端です。それでも、ボルドーについて言えば、これはまだ長いほう。

24時間営業のお店はトルコやら中近東からの移民系の人の経営のお店ばかりで、白人のお店は7時8時には、行儀良く?お休みだったり、日曜日には午前中のみだったりします。コンビニみたいなこういうお店は数も少なく、住宅街からは歩いて30分とか60分だったりするし、トラムが深夜には止まるから、日本みたいに便利ではありません。

このSPARも、どうみても移民系の経営なんですが、白人のガードマンの人ががちっと、たぶん万引き防止のため見張っていました。ちょっと怪しげに振舞うと、見に来ます(笑)

ガードマン雇って、経営成り立つのかなと思うのだけど、多分見かけだおしのガードマンで、バイト料は高くないのかななんて思いました。。でも、日本のバイトの警備員の人に比べて、ちゃんと強そうに見えるだけましかもしれません。


こちらに来て一番不便だったのは、普段使い慣れている車がないことと、もう一つは営業時間の短さでした。。もとはキリスト教で日曜日は働くなってことから来てるわけですね。。とくに宗教的に熱心なドイツの某田舎町では、きっちり土日はお休みだったり、夜もみんなきっちり7時には店じまいだったりでした。ロサンゼルスみたいなところでも、夜は殆ど閉まるし、日本みたいに超便利なところは、世界中で他にはないのではないかな…。

んで、コーヒーを買いました。

20080307_04_spar_coffee03


コーヒーの粉とフィルター。

なんかもうおなじみの?「CASINO」の品物みたいです。

コーヒーメーカーがアパートにあったから、これで十分なのですが、一人で飲むのにコーヒーメーカーで入れるのもな…と思って、日本でよく見かけるロートみたいなの売ってないかと、お店の移民のおじちゃんと一生懸命話をしたのだけど、結果的に全く通じず、結局これで手をうつことに。。。

後で知り合いに聞いたら、フランスでは多分そういうのはないという話でした。。。

あんなもの軽いから、日本から持ってくればよかった。。


20080307_04_spar_coffee04


めでたくおうちでコーヒーが飲めるようになりました。。。


コメント

スパー

これまたなつかしい(笑)
最近こちらではスパーなくなりつつあります。でも知ってるお店を海外で見ると面白いですね。
私は旅行には必ずコーヒー持っていきます。高いホテルだと部屋のコーヒーすごい値段取られるし(^-^;

rokoさん

SPARはそういえば、あまり見なくなったかな。。
よく見るのは、AXA生命とか、センチュリー21とかかな。。
もちろん、マックはどんなところに行ってもあるね。

ホテルの部屋のコーヒーは、なんか高そう。頼んだことないけど。。。
一日一杯ぐらいは飲みたいし、日数にも依るけど持ってくのは良い考えだね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/9-0e43e4aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。