神泉のうなぎ屋「いちのや」でうなぎ 

うなぎの「いちのや」さんは、旧山手通りを、代官山方面から渋谷方面にずーっと行ったところ、山手通りとの合流点少し手前にあります。最寄り駅は京王井の頭線神泉駅。

本店は川越とのこと。天保3年、1832年創業という、こちらも筋金入り。

渋谷と西麻布のは支店だそうです。

川越まで行くのは遠いし、ネットでの評判のよい渋谷店に行くことにしました。



予約し、13時過ぎに到着。

20080104_ichi0120080104_ichi02


「うなぎコース」をオーダーしました。

骨せんべい、うざく、煮凍り、肝焼き、白焼き、うなぎ湯引き、うな重、肝吸い、香の物、デザートで7000円。

これに、剣菱を一つ600円をつけました。


20080104_ichi03

骨せんべいとお酒。
これは良い暇つぶしになります。


20080104_ichi04

うざく。
口に入れた瞬間にふっくらとし、旨みを感じます。
とても良いうざくでした。
器もしっかり冷やしてあります。
☆☆☆☆☆


20080104_ichi05

うなぎの煮凍り。
15分後に出てきました。
うなぎらしい生臭さはありますが、美味しい。
良い味です。
後口にも良い旨みが残ります。
☆☆☆☆+


20080104_ichi06

肝焼き。
これは20分後。
普通に美味しい。
☆☆☆+

4皿目に良いアクセントです。


さて、オーダーして50分後…

20080104_ichi07

白焼き。
旨みあり、柔らかく、口ざわりも良く、
これは絶品です。
☆☆☆☆☆!

熱燗とぴったり。
醤油はいらないぐらいです。
焼き魚的な要素が皆無。
後口にも良い旨みが残ります。

単品でオーダーするとこの倍の大きさになるそうです。


20080104_ichi08

うなぎの湯引き。
うなぎらしい生臭さがあります。
白焼きとうな重の間に良い一休みになります。
歯ごたえもよく、旨みが後からくるかんじ。
☆☆☆☆


20080104_ichi09

うな重と肝吸いが来ました。
なんとオーダーしてから65~70分後。

うなぎはふんわり、小骨は全くありません。
でもとくに処理してるわけではなく、個体差だそうです。
ご飯はわずかに硬めですが、適切な範囲です。
タレはあっさり目で、わずかに醤油が立ちますが、殆ど私の好みに合っています。
ただ、焼きの香ばしさがもう一つのような気がします。

☆☆☆☆


20080104_ichi10

肝吸い。
良い味です。
☆☆☆☆

ゆずっぽいよい香りもします。



20080104_ichi11

香の物はふつう。



20080104_ichi12

デザートは、柿のシャーベットでした。

柿のぬめりがあり、また個人的にはシャーベットよりアイスクリームと思っているので、今ひとつ。

味はほんのりで、氷菓子的です。
☆☆☆


以上を食べ終わったら90分後でした。

時間はかかっても、美味しいものを食べたいという人向け。

私は仕事の道具をもって行ったので、問題ありませんでした。


こちらでは、うなぎを生の状態から40分ぐらい蒸すとのこと。

そのためか、白焼きは絶品。

うな重もふんわり系です。


個人的にはうな重は、少し焼きの香ばしさ、焦げの香ばしさがあるのが好みであり、またタレは醤油が立ちすぎないのが好き。それでも、「とても美味しい」の水準にはあり☆4つはいけました。


トータルで見て、いちのやさんの、お気に入り度は

☆☆☆☆☆

です。


また行きたいと思いました。



レストランの記録

この記事は楽天ブログ「月水金」よりの移植です。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/75-99f4add7