神田のうなぎ屋「明神下神田川本店」でうな重 

文化2年(1805年)創業という老舗のうなぎ屋さん。
livedoorグルメでやたら高得点(現時点で4.44pt)だったので行ってみました。
ヤフーグルメのほうでは、現時点では3.79pt。


秋葉原の電気街からちょっと入った明神下交差点のすぐ近くにあります。
従って地下鉄なら銀座線末広町も使えます。
地下鉄千代田線の新御茶ノ水駅からも便利。
あのあたりは駅が沢山あります。


20071210_kanda1

ここも都心に立派な店構えです。

バブル期の地上げ攻勢をよく生き延びました。
それだけでも尊敬に値します。

入り口を入ると玄関はかなり立派。
写真をとっておくべきでした。

玄関をあがり2階の個室の座敷に案内されました。

20071210_kanda2

一人で使うのが勿体ないぐらいの広い部屋です。
13時に予約したので、問題はなかったでしょう。


「明神下神田川」さんでは、一人客でも全て個室。
従って予約はしておいた方がよいと思われます。

老舗のうなぎ屋さんにもいろいろあって面白いですね。

大部屋のお座敷がメインの「尾花」
一人客はテーブル席で狭めの部屋の「石ばし」
サービス料なしで個室の「大和田」
サービス料ありで個室の「明神下神田川」
普通のテーブル席の「赤坂ふきぬき」
古風で洒落たテーブル席の「やっ古」
などなど。。全部が全部微妙に違う(笑)


うな重の3990円のを注文しました。
3360円のもあります。
これにサービス料15%が上乗せされます。
肝吸いは630円なので、注文しませんでした(^^;)
季節によって、時価で天然物が食べれることもあります。
普段の養殖物よりも2~3割り高めになるそうです。
ただ品質の安定しているのは養殖物で、天然物は当たり外れがあるとのこと。
天然物は肉厚で皮が堅めらしい。


本日は天然物はなかったので、スタンダードな養殖物です。
やはり30分ほど待ち、出てきました。


20071210_kanda3

20071210_kanda4

うなぎ柔らか、いくぶん硬さも残しています。
香ばしさもあり、タレも上品。
とても美味しいです。
☆☆☆☆+

とくに美味しく感じたのは、うなぎの下のご飯。


またうなぎの見た目は、明らかに他のお店より美しいです。
丁寧に仕上げているかんじはします。

「尾花」(日記)のも非常に整っていましたが、「明神下神田川」のは焼き色がより美味しそうに見える。


香の物も、美味しく感じられました。

20071210_kanda5

また、ほんとに些細なことなのですが、この小さいお皿の上の香の物の置き方一つにしても整っています。


うーん。。やはりさすがの老舗です。

うなぎ本体のみでなく、周辺のものも行き届いています。

ご飯、香の物、山椒、部屋、うなぎのビジュアル。


しかし、料金は合計で4588円。肝吸いも注文したとすると、5313円になります。

これをどう評価するかは微妙。


一人で広い個室がかなり勿体ないということもありますが、うなぎだけなら、そこまで大きな差はないかもしれません。

世の中には会社の接待費で贅沢できる人もいれば、それにゴチになる人もいますし、またいろんなことで法外に儲ける人、儲けた人におごってもらえる人、金持ちの奥さん愛人恋人の女性もおられます。そういう人たちにはランチで5000円~数万円はどうってことないんでしょうし、このぐらいの値段の差はnothingなのでしょう。


トータルで見て、個人的なお気に入り度は

☆☆☆++

です。

やはりネックは値段です。





レストランの記録

この記事は楽天ブログ「月水金」よりの移植です。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/65-a22bf4f2