スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルドーのレストラン"La Raclette"でラクレット 

分類で言うと、フランスではサヴォア地方の郷土料理・家庭料理ということになると思われます。

ラクレットはチーズの名前で、削るという意味から。

このチーズを火で炙るなどして溶かし、パンなどに乗せて食べると美味しいのですが、よくテレビ番組などでも取り上げられているので、日本でも有名だと思います。また、アニメ「アルプスの少女ハイジ」に出てくるチーズはこれだといわれます。

またラクレットはアルプスのチーズですが、山のスイス側とフランス側の両方にあり、味も違うようです。私が前に食べた「ラクレット・サヴォア・フランセ」というフランス側のラクレットは、ウォッシュタイプに近いハードタイプチーズで、臭みがかなりありましたが、スイス側のはそうでもなかったです。たぶんいろんなのがありそうです。


で、日本では見かけたことはないのですが、ボルドーにはこの「ラクレット」の料理を食べることができるお店がありました。名前もストレートに"La Raclette"


20080320_03_LaRaclette01


繁華街をふらついていたら、見かけたので、いつか行ってやろうと思っていて、この日はそれが実現しました。

厨房には中国人のたぶんご夫妻がおられるのですが、たぶん店長さんか、オーナーかだと思います。


20080320_03_LaRaclette02


店内はこんなふうで、かなり人気店のようです。

これは二階席。

お店の雰囲気はカジュアルで、男の子と女の子のバイト風の若者が働いていました。


20080320_03_LaRaclette03


テーブルにはこのラクレットの装置?があります。

どうもヨーロッパ中世の拷問器具とか、処刑器具とかを思い浮かべてしまいます。貞操帯とか(笑)


La Raclette avec jambon fume  15ユーロ
Supplement Raclette Vejetarienne  7ユーロ
Vins de Savoie Rousette 350ml  9.50ユーロ

をオーダー。

最初のは、スモークした(fume)ハム(jambon)付きのラクレット、二つ目のは野菜を追加したもの、最後のはラクレットの里サヴォアの白ワインです。

20080320_03_LaRaclette04
ROUSETTE DE SAVOIE
APPELLATION ROUSETTE DE SAVOIE CONTROLEE
Cuvee Prestige
Altesse
Domaine Masson Francis - Jangi???

辛口白ワインでとてもよかった。

20080320_03_LaRaclette05



バイトのおにいちゃん(学生のバイト風でハンサム)が係りで、グラスワインよりもハーフボトルが得ということで、この白ワインを勧めてくれたのですが良いワインで適切でした。

このお店は、女性の団体客が多いのですが、このおにいちゃん目当てな人もいるかもしれないですね。

ちなみに、ボルドーは学生が沢山(7万人ぐらい)いる町ですが、寒かったこともあるかもしれないですが、大抵の学生は「シャツをズボンに入れて」いました。しかし、このハンサムなバイト君は、日本の若者風に「シャツをズボンから出して」いて、ボルドーではちょっと珍しかったです。


いよいよ・・・

20080320_03_LaRaclette06

こうやってチーズ(ラクレット)をセットします。

下に皿と木べらがあります。

左側の金属色のが電気ストーブみたいになっていて…

20080320_03_LaRaclette07


こんなふうに加熱するわけです。

これをテレビ番組で見て以来、絶対やってみたいと思っていたのが実現しました(笑)

日本ではこのお店をなかなか見ないのは、輸入チーズが元の値段の3倍ぐらいに高くなるからでしょうね。高級料理になりそうです。


20080320_03_LaRaclette08

チーズの切り口のところが溶け出しているのがわかると思います。


20080320_03_LaRaclette09

こんなふうにたっぷりのジャガイモが付きます。

美味しいですが、カロリーを考えるとこれを全部食べることはできません。


20080320_03_LaRaclette10

溶けてきたところを、こうやって木べらで削ります。

この削るが「ラクレット」ってこと?


20080320_03_LaRaclette11

これがスモークしたハムです。

普通にスーパーで売っているようなものと同じだと思います。

もしかしたらボルドーの近くのバイヨンヌのものかも。
バイヨンヌはハムで有名です。

20080320_03_LaRaclette12

これは追加の野菜です。

やっぱり野菜もたべなきゃね。。。

このハムとか、野菜を皿にとりわけ、その上に溶けたチーズをかけて食べます。


20080320_03_LaRaclette13

ぼぅっとしていると、どんどん溶けてきます。

こうなってくると、木べらで削る必要はなくなります。


というわけで、とても美味しかったです。
☆☆☆☆



ですが、分量が思ったより多く、ハムをかなり残してしまいました。

さっきのバイト君に、これ食べ切れなかったと言ったら、即、包んでくれというリクエストだと思ったらしく、そうしてくれると言ってくれました。この場合そこまでは考えてなかったのですが、ありがたいことなので、そうしてもらうことにしました。次の日の朝ごはんにできるし。

20080320_03_LaRaclette17



トータルで31.50ユーロは、ボルドーのレストランの中ではかなり安いほうだとおもいます。

あまり安いところに行くと、皿の上にハムとかチーズとか野菜とかが、乗ってるだけとかになっちゃいます。


La Racletteのお気に入り度は

☆☆☆☆

です。



帰り道…

20080320_03_LaRaclette14

このブログでよく出てきた place de parlement

この近くのお店に行くことが少なくなかったです。


20080320_03_LaRaclette16

グランド・シアター


この近くの…

20080320_03_LaRaclette15

駅でトラムに乗り、アパートに戻りました。


月の港ボルドー特集





コメント

ラクレットを溶かす道具も変わっているし、トロッと溶けたものを
野菜やハムと一緒に食べて、おいしそうです☆

アメリカには、そんな店はあるのかな???
ないかもしれないので、
やっぱりチーズ・フォンデュ・セットを買うしかないかしら。。。

BlueBlueberryさん

http://www.chowhound.com/topics/114895
によるとシカゴ付近にはあまりなさそうだけど、2004年のことだから、その後変わったかも。。

中世の拷問具みたいな装置を使わなくていいなら、ラクレットをスーパーで買えば、家庭のオーブンでも、きっと同じようなものは出来そうですね。

またまた
こんにちは
以前友達がラクレットが美味しかった、と言ってたので、スイスに行った時
ワクワクして頼んだらただジャガイモに溶けたチーズが掛かってただけでした

きっとこれだったんです美味しいラクレット

(/_・、)クスン
私も溶かしたかった

そうか~

ラクレットって言うんですね。
名古屋のどこかのお店で一度頂いたことがありますが、フランスの料理なんですね。専門店があるってすごい。
ハム多いですね~。
ハムとチーズって合うんだ~
ワインがぴったりでしょうね♪
楽しそうだな~

桜さん

味はそんなに変わらないと思いますよ。たぶん。。。
きっと専用の装置を使うと、常に溶かしたてが乗っけられるのと、皆で楽しいのがいいのだと思います。

rokogirlさん

たぶん日本ではこういうのを食べられるお店は数少ないと思うのだけど、それに行ったことあるなんて、さすがですね(^^ )

多分すごく高くなると思うのだけど。
ナチュラルチーズの値段は160円/1ユーロのレートでも、大体3倍ぐらいにはなるので。。同じぐらいの値段ならたまに食べに行きたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/50-4573ca53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。