スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スュペルマルシェCasinoでお買い物:第3回 

近所のスュペルマルシェ=スーパーマーケット"Casino"でのお買い物第3回目です。

今回は大したものは買ってないのだけど、目玉はチーズです。
"Casino"のチーズのコレクションはかなりすごかった。


20080317_02_Casino01

左上から順に…

ペリエ・ペットボトル小(330ml)×6本 3.66ユーロ
牛乳 Biolait 1リットル 1.82ユーロ
牛乳 Grandlait entire 1.31ユーロ
エビアン 1.5リットル 0.60ユーロ
チーズ数種類 11.13ユーロ
バゲット 250g 0.98ユーロ
買い物袋 0.10ユーロ

合計:19.60ユーロ


20080317_02_Casino02

ペリエの6本セット3.66ユーロは、日本人的には安いと思った。
1本0.61ユーロ=98円だし、日本だと130円ぐらいはする。
通販でラッキーなときには、98円ぐらいであるけど。

生活実感のレートはいつも100円/ユーロだけど、そうすると61円の感覚。
いくらミネラル水でも、水ですから、本来はそのぐらいのものなのが正常な値段だと思う。
日本での値段は、輸入品だから、やはり高いです。

でもペリエ大好きだから、日本にいるときにも出来るだけ安いのを買って飲んでいます。
スーパーでは買わない。

ある有名な科学雑誌の読み物に、ペリエと人工的に作った炭酸水を、被験者にブラインドでテイストさせたら、どちらをより好むかに差がなかったと書いてあったけど、ちょっと信じがたい。

というのも、私自身、炭酸水を好むようになった最初は「カナダドライ」の炭酸水を飲んでたりしたから。その後いろんなのを飲み、ケースバイケースで、ペリエを飲むようになりましたが、カナダドライとペリエはやはり違う。もっといえば、ペリエとシャテルドンだって違う。


20080317_02_Casino03

これ買うの3回目だけど、この牛乳美味しい。
1.82ユーロは291円。生活実感レートでは182円。


日本に帰ってきて飲めないのが残念。
似たような商品はないのだろうか。


20080317_02_Casino04

普通の牛乳(全乳)は、1.31ユーロで209円だから、日本のスーパーでの牛乳と似た値段。
しかし、普通の牛乳同士で比べても、フランスの牛乳の方が濃い感じがして美味しいと思う。

これは、「寒天」を作るときに使う。

寒天の粉を日本から持ってきて、作って食べていました。


20080317_02_Casino05

エビアンの値段は0.60ユーロで、日本円で96円。
霧島天然水とか六甲の美味しい水とかの類いのものの、安売り店での値段が98円とかだから、似てる。

実はエビアンも好き。

炭酸の入ってないミネラル水なら、やっぱりエビアン。
いろいろ試したけど、六甲の水みたいな普通の軟水か、ミネラル感がほしいときにはエビアン。


バゲットは、普通のかんじでとくに感激はなかった。
値段も日本より少し安いぐらいかな・・・。
パンとかの生活必需品とかには消費税20%がかからないか安いかでしたよね、たしか。
フランス革命から学んだのか(笑)


以下、このとき買ったチーズを列挙します。
各チーズの細かいレポートはまた日記をあらためて書きます。

20080317_02_Casino06

サント・モール・ド・トゥーレーヌ 5.83ユーロ。

真ん中に藁の芯が入ったやつです。

これを1本日本で買ったら、輸入品だから仕方ないけど、3000円ぐらいする。
(よく使う「アルパージュ」では2772円。)

5.83ユーロは、そのままのレートでも、933円だから、この値段を実感してしまうと、日本に帰ってきてからしばらくナチュラルチーズ買いにくくなる。。ちょっと不幸な気分。

彼らの生活実感では大抵1ユーロ100円感覚なので、583円。
いくら美味しくても、ナチュラルチーズの値段としては、本来は高々このぐらいが妥当ですよね。

以前の日記
シェーブルの日記


20080317_02_Casino07

このチーズの名前は不明。
もちろんシェーブルの一種なのだけど、0.70ユーロでした。
味は普通な感じ。


20080317_02_Casino08

ピコドン1.56ユーロ=250円。

これは熟成が進んで硬くなっていました。

日本の某チーズ専門店では1029円。
大体こんな値段です。


20080317_02_Casino09

これはクロタン・ド・シャビニョール2.01ユーロ=322円。

日本の某チーズ専門店では、966円。

以前の日記:クロタン・ド・シャビニョール


20080317_02_Casino10

ロカマドール1.03ユーロ=165円。

日本の某チーズ専門店では、578円。

以前の日記:ロカマドール


当然、この値段の差は知っていましたが、改めて並べてみると、けっこう購買意欲を失いますね(>_<)


以上で、約3136円のお買い物でした。

それにしても車のない買い物って、ほんとに不便です。

これって全く慣れの問題なのだけど、いったんドアツードアに慣れてしまうと、ほんの歩いて5分、歩いて10分がめんどくさくなる。

でも車があれば、もっと沢山ミネラル水買ったのに。

幸いにも、フランスの水道水は、飲んでも大丈夫らしいです。
ガイドブックにもあったし、ボルドーのフランス人の人も教えてくれた。
あまり美味しくはないけど。


コメント

おいしそう~

チーズこんなに買えてうらやましいわ。高くてあまり買えないもの。
最近チーズ入りのサラダに凝ってるんだけど値段見てすごい悩んで買ってます(笑)
その牛乳飲んでみたいな~

rokogirlさん

時間と胃袋のスペースさえあれば、これよりもっと、遥かに沢山買えたのに…。
チーズ入りのサラダはどんなチーズ入れてるの?

このチーズ

クロタンは大好物なのです。ドルドーニュにもクロタンの美味しいのがあります。干からびたような硬いのやらフレッシュなものまでありますが、中度のものはルッコラのサラダにチーズをトーストしてのせるのです。はちみつをちゃらっとかけてビネガーはフランボワーズくらい。。またはパンと一緒にトーストすればふわあ~んとしておいしいですよ。
この牛乳は日本では無いですね。半乳でもありません。というか、日本のは薄いです。

オニオンさん

クロタン美味しいですよね~。私も大好きです。そうそう焼くとさらに美味しくなるんですよね。日本だと高くなってるのが、ざんねんです。

牛乳はフランスの半乳対日本の普通の牛乳だと、さすがに後者が濃いと思いますが、全乳同士で比べたらフランスのが美味しいですね。これは牛の種類の違いなのか、それとも殺菌などの製造過程で味が変わるのか・・・。前に日本で唯一の無殺菌ノンホモ牛乳というのを飲んだのだけど、濃さは普通の牛乳と同じだった。

candiaのBiolaitのはその全乳以上で、今まで日本で飲んだ中ではないです。これはすごいと思った。

http://www.candia.fr/

それは美味しいでしょうね

bioですものね。玉子もbioのは違います。パンだって全然美味しいですからね。ABがついてますでしょ。。

オニオンさん

ABのマークですね。。
でもオーガニックのものって、日本にもあるけど、ここまではっきりと味に差があるものってあまりないです。
卵も美味しいんですね~。

クロタンって

ハイジがおじいさんと山小屋で
暖炉であぶってパンに乗せてた
あれですか?
匂いはきつくないんですか?

Biolait飲んで見たいですね
もし、フランスに行く機会があったら
スーパーに駆け込んで
買っちゃうかもしれない・・(^_^)
ジャージー種の牛乳でも
太刀打ちできない濃さなのかしら?

桜さん

ハイジはアルプスの少女なので、クロタンではなくて、ラクレットというやつといわれています。ラクレットは炙って溶かすと美味しいチーズで、ハイジも溶かしてましたね(^^ )

チーズの匂いは、いろいろですが、クロタンはそれほどきつくないです。もちろん人によって匂いがどうしてもダメということもあると思います。「素晴らしい芳香」でないことは確かなので。

そういえばジャージー乳も美味しいですよね。でも私はアイスクリームでしかそれを味わったことないので、飲んだらどうなのかはわからないです。

クロタンのラベルに
ゆきちゃんのマークが
付いていたので
そうかと思っちゃいましたv-356
今度買ってみます

あっ、なるほど、山羊の絵だね。

ハイジの「ゆきちゃん」て、ハイジを見た子供のころ以来眠っていた記憶が何十年かぶりによみがえりました(笑)

そういえば、そんなのありましたね~。
なつかしい~。

なつかしさのあまり、検索してみたところ…
http://www.heidi.ne.jp/hp/sekai/chara/yuki/main.html
こんなのがありました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/38-f39d3d9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。