ボルドーの学食でランチ 

ボルドーは学生の街でもあり、町を歩けば学生っぽい人がたくさんです。

というわけで、当然学食もあります…。

20080317_01_BorGakushyoku02

この建物は元修道院です。

丘をのぼり…

20080317_01_BorGakushyoku14


20080317_01_BorGakushyoku01

この左側のところが、学食です。

20080317_01_BorGakushyoku03

雨が降ってないとき、風が強くないときはこんなふうに外で食べる人が沢山います。

20080317_01_BorGakushyoku04

中はこんなふう…

20080317_01_BorGakushyoku05


普通は前菜、主菜、デザートのセットで6.05ユーロで、プリペイドカードを作ると5割引ぐらいになります。

このときはあまり美味しくない前菜をスキップして、好奇心からデザートをいろいろとってみました。


20080317_01_BorGakushyoku07


これは鶏肉とカレー味のライスですが、ライスは野菜感覚で、日本のライスとは違います。
お米の種類も長米で、ぱらぱらしています。

確かこのときはハトの肉だったとおもう。ハトは2回目。


20080317_01_BorGakushyoku0820080317_01_BorGakushyoku0920080317_01_BorGakushyoku10

アップルタルト、ティラミス、洋梨。

20080317_01_BorGakushyoku1220080317_01_BorGakushyoku11

プリンとパン。

パンは只ですが、硬いしパサパサだし、何のためにあるのだろうと思っちゃいました。罰当たりかな…。

プリンはスーパーで売ってそうなのですが、日本のスーパーの安いプリンと同じようなものでした。

プリンを普通に作ろうと思うと、どこでも同じ味になるという良い例かな…。
材料の違いはわかりませんでした。


20080317_01_BorGakushyoku06

ロゼワイン。

ワインはロゼか白ですが、なんと0.5ユーロです。

日本円にして80円。

ほんとワインは安かったです。

このロゼワインだって、全く問題なく美味しいロゼで、日本のだめだめなレストランのグラスワインよりはるかに美味しいです。白ワインも同様。

この学食はグルメとはいえないけど、このワインが安く付けられるので、断然料理が美味しくなります。

ただし学食で食べる場合には、昼間から飲まない人のほうが多いようです。


20080317_01_BorGakushyoku13

これはカナダのケベックの州か市かの旗。

ラ・ロシェルからケベックに移住して何周年の記念日みたいです。


学食っていうのは、どこでもみんな似てますね。

いろんな企画を作って、今日は何々の日みたいにして、デコレーションしたり、料理を工夫したり。


コメント

楽しそう

学食まずかったから他の学食食べてみたいな~。学生さんから日本人は珍しくないのでしょうか?声かけられたりしますか?
学食でハト?驚いたv-11
学食にワインも(笑)

学食ではランチパートナー(笑)とずっと話しこんでたし、とくに声はかけられなかったですよ。日本人の留学生は会わなかったから数は少ないと思うけど、もちろんいることはいるみたいでした。

ハトはボルドーでは普通の庶民的な食材みたいでしたよ。ウサギとかも…。

学食にワインはさすがボルドーですが、フランスのほかの町ではどうなのかわかりません…。ドイツの学生食堂では気が付かなかったな…。そのときはワインにあまり関心がなかったし。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/37-e2ac11d9