スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[WINE] クロ・ド・ラ・クーレー・ド・セラン サヴニエール・クーレー・ド・セラン - フランス ロワール シュナン・ブラン 2006(アペラシオンがそのまま銘柄の希少なビオワイン) 




CLOS
DE LA
Coulee de Serrant
APPELLATION SAVENNIERES-COULEE DE SERRANT CONTROLEE
2006


エチケットとボトルの全体…





色はこんなふう…






葡萄:シュナン・ブラン100%
生産地:ロワール、フランス(サヴニエール地区)
銘柄:
生産者:ニコラ・ジョリィ(HP
畑:クロ・デ・ラ・クーレー・デ・サラント
ヴィンテージ:2006
アペラシオン/格付け:フランスAOCサヴニエール・クーレー・デ・サラン
製法:
タイプ:
輸入元:株式会社ファインズ(HP)
購入:2012/4/30、6,280円/ml、ワインショップフィッチ


その他:

裏ラベルの記述:


参考:


通販のHPには次の記述がある。

僅か7ヘクタールの単一畑から生み出される、
究極の白ワイン「クレ・ド・セラン」
クレ・ド・セランは、12世紀にロワール河の北岸のサヴニエール地区に、シトー派修道僧によって植えつけられた由緒ある畑です。その後800年以上もの間、ブドウ栽培が行われ、その歴史の中でルイ11世、14世、女帝フィーヌがこの地を訪れたという記録が残っています。食通の王として有名なキュルノンスキー氏が、『イケムに並ぶ、フランスの5大白ワインの1つ』と評価、ロマネ・コンティや、シャトー・グリエなどと共に原産地呼称名をそのままワイン名として名乗れる単独所有畑の中で最高峰のワインとして称えられました。



アペラシオン「サヴニエール・クーレー・デ・サラン」は、そのままワイン名として名乗れるものとのこと。




レポート

アピアランス:

香りの強さ:/5
香りの内容:フローラル、白い花の香り。


甘味:3-4/5
酸味:4/5
苦味:0/5
渋み:-
刺激:0/5
果実味:5/5

後味:

印象:よい甘み、よい酸味、きれいなイメージ。フルーティ。とろみ。アルコール感。ほんのわずかに苦味。

その他の感想:


好みによる評価:☆☆☆☆☆!
お買い得感:



備考:

通販で探してみました…





マリアージュ…




楽天ワイン店レビュー
ワインの記録





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3586-6e21d808
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。