千歳船橋のうなぎ屋「いちまる」で焼き鳥とうなぎの夕食(東京、世田谷、ちとふな、日本料理、うなぎ、焼き鳥) 




たまに連続して最近のこともアップしてみようと思います(前は当たり前にしていたのだけど…)。

久しぶりの「うなぎ」です。


お店情報
いちまる
東京都世田谷区船橋1-29-10
tel:03-3420-3724
月曜定休
12:00-14:00
17:00-23:00(LO 22:30)

食べログ



店構え



小ぎれいなかんじの外観。

カウンターに席をもらいました。

カウンターには、先に男性一人、テーブルには夫婦と赤子の一組がいました。
その他、奥の座敷で宴会か何かしているようでした。


カウンターの男性ですが、書類か何かをカウンターに広げて、仕事か何かしていました。
こんなところでしないで家かファミレスかですればいいのにと思いました。

こう言っちゃ何なんですが、ごく稀にいるこの手のお客さん、
いくら空いてるといっても、存在そのもので、
お店の雰囲気が崩れるんですよね。

でも途中で消えてくれたので、よかった。


テーブルセッティング



めずらしく「突き出し」のないお店だったのですが、
個人的には大変良いと思いました。
他所も真似てほしいです。


鰻の前に、串焼きと赤ワインをオーダー。


串焼き



ねぎ間のタレと塩。そして、アスパラ肉巻き。

たしか、ねぎ間は1本180円ぐらい。
アスパラ肉巻きは、200円。


赤ワインは、400円/グラスでしたが、軽い赤で、
ちゃんとしたヴァルポリチェラで、
箱入りのとかではなかったです。


日本酒



日本酒は、富山のよしのもとを熱燗で。
500円/合。
辛口で、熱燗に理想的。
よしのもと


「にこみ」のハーフで280円。


串焼きの追加



ねぎ塩150円、ささみ150円、+50円で本わさびのトッピング。



白焼き



いよいよの白焼き2,200円。

ふんわりで、上等な脂の甘みがあり、これぞ大好きな白焼き。
焼き魚っぽさもありません。

本わさびも良い。

日本酒の熱燗ともうっとり。

☆☆☆☆☆



うな重



うな重は、かめ、つる、高砂の3段階ですが、大きさの違いとのこと。

やっぱり、一番大きい、高砂3,000円をいただきました。




ふんわりで、炭火焼の香ばしい香りも。
タレは、甘すぎず、辛すぎず、ちょうどよい。
☆☆☆☆☆



久しぶりの鰻、たまりません。。。

店屋物(出前)のもう少し安い鰻や、通販で買った鰻は食べていたのですが、
ちゃんとしたのは、久しぶりです。。



日本酒は、3合いただきました。

以上で、8,230円(税込)。

沢山いただいたので、オトク感あると思います。

そして、鰻にはうっとり。



お店のお気に入り度は

☆☆☆☆☆

です。



鰻以外のメニューもおいしかった。

ご馳走さまでした!







そういえば、鰻にはとにかくはまりました。

過去の鰻の日記
月水金的うなぎ特集
麹町「うなぎ 秋本」
鎌倉「つるや」
大戸屋のうなぎ
渋谷「大和田」に再訪
龍吟の天然地焼きのうなぎ
浦和「満寿屋」
神田「満寿屋」
日本橋「と乃村」
赤坂「ふきぬき」
渋谷「松川」の出前のうなぎ



過去の世田谷の日記
下北沢のパン屋「アンゼリカ」のカレーパン
三軒茶屋のフランス料理店「セ・モア」の「フリッツァ」
祖師谷大蔵の洋食屋「キッチンマカベ」のランチ
奥沢の寿司屋「入船寿司」のマグロ
奥沢の寿司屋「入船寿司」のマグロ



レストランの記録



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3552-9e94752b