[時事] 小規模大学を潰すマンモス優遇 - 「強欲資本主義」 

「平安女学院大学、倒産寸前から再生で就職率100%達成 小規模大学を潰すマンモス優遇」(Yahooニュース)

弱肉強食といった「強欲資本主義」の流れが私立大学の経営にまで及んできている。学生数が多い、規模の大きな大学が、巨額の入学検定料や学費収入を使って展開する過大な宣伝広告によってさらに学生をかき集め、それがさらなる入学検定料や学費の増大につながるといった好循環を生み出す。定員充足率が高く、資金が豊富にある大学ほど文部科学省の補助金が手厚く行きわたる制度に変更されており、なんのための補助金かという意義も問われそうだ。

全くそのとおり。

行政による浅はかな間違った「競争原理」に反対です。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3537-3d197775