渋谷区東のフランス料理店「ルヴォワール」に初訪問のランチ(広尾、日赤、国学院大学、氷川神社、駒沢通り) 




一昨年に初めて行ったときの話。

なのですが、2年間の周回遅れのうちに、初訪問を記事にする前に、閉店してしまいました。。

残念。。






渋谷区の国学院大学のある通り。


店構え



お店は階段降りたところ。


テーブルセッティング



BGMはピアノで、いかんじでした。

5250円のシェフのお任せコースをオーダー。



パン



軽く温めてあるパン。
☆☆☆

このパンはいまいちだったのですが、その後、
改善して、とても美味しくなってました。



赤ワイン



Chateau Plaisance
コクのある十分なボルドー赤。
☆☆☆☆++
(甘4、酸4、苦0、渋3-4、刺0、果4)
グラスで840円でした。



前菜1



鴨の燻製。



前菜2



テリーヌ・カンパーニュ。
☆☆☆☆++
ワインとよくあいました。

というわけで、赤ワインを追加しました。



スープ



ジロール茸のスープ。
カプチーノ風味。
☆☆☆☆++
あつあつで、ジロール茸の香りもよかった。
甘みのあるスープでした。



魚料理



生鱈とのこと。


アップで…




生鱈は鱈ですが、干物や冷凍物、塩したものでないということのよう。
下にあるのは、サーモン。

☆☆☆☆☆

付け合わせも良かった。

次の白ワインともよく合いました。



白ワイン



メロンぽいフルーツの軽めのシャルドネのヴァン・ド・ペイ・ドック。
☆☆☆+
(甘3-4、酸3-4、苦0、渋-、刺0-1、果3-4)
グラスで840円。

ワイン自体はまあまあなかんじでしたが、
魚料理と良かったです。



肉料理



リブロースのカツレツとアンチョビバター。


アップで…



バターが解けて良い感じ。
香りも良かった。
ヴィジュアルも豪華できれい。

ただ、全体に「油」が多い感じでした。
リブロースが脂っこいのに加えて、カツの衣に、バターと。

☆☆☆☆+


デザート



バナナタルト。

アップで…



きれいでした。



☆☆☆☆++

ただちょっともの足りない感じもありました。


コーヒー



美味しいコーヒーでした。
☆☆☆☆+





このときのお店のお気に入り度は
☆☆☆☆

料理もワインもよかったし、お皿も今見るとどれも良い。


食事の後、お店の人と話すことができたので、雑談がてら、

・パンは他店と比較しやすいからもっと力入れたほうがよいとか、
・デザートは最近ではコンビニのでも結構美味しいから差をつけた方がよいとか、
・コーヒーカップとスープが同じカップでは、興がそがれるとか、

などなどお話したら、そのせいかどうかはわかりませんが、
次回からどんどん改善されて、益々良いお店になっていました。

素人の客の意見を素直に聞けるって、すごいことだと思う。

なので、この後も何度か訪問し、ひそかに応援していたのですが。。


ものすごく良くなっていたので、閉店してしまったのが残念。

最後に訪問したときは、好調になってきたということだったのだけど。

次はどこで開店するのか楽しみです。



レストランの記録







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3510-48f34fae