スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス料理店で11月中旬のディナーその1(アミューズ、前菜。すっぽんのフラン、くぬぎ鱒) 





最近ほんとに忙しく、全くアップデートができません。。
これは一昨年の11月という、臨場感のなさ。。。(ため息)





テーブルセッティング




店内




ワイン



酸味のきいたロゼ・シャンパーニュ。
トースト香も。
(甘2、酸5、渋2、刺0、果4)
アミューズと二つ目の前菜の途中まであわせました。



アミューズ




アミューズは、人参の葉のムース、わらさのゼリーよせ、
イベリコ豚のリエット、すっぽんのスープのフラン。




人参の葉のムース(右)は、いつものようにとてもなめらか。
ユニークな味でしたが、大変美味。

わらさのゼリー寄せ(左)も良い味でした。





イベリコ豚のリエット(右)は、旨みがしっかりしていて、
4品の中でアクセントに。
すっぽんのスープのフラン(左)は上品なうまみがあり、
後口もよかった。

☆☆☆☆☆


ロゼ・シャンパーニュともあいました。

すっぽんのフランをあっぷで…






アントレ1



くぬぎ鱒の前菜。

「くぬぎ鱒」は静岡県富士宮市のくぬぎ養殖場の養殖の鱒「富士レインボー」とのこと。
こちらに解説があります。




ハラミは完璧な焼きあがり。
焦げの香ばしさもあり、中は柔らか。




レンズ豆のブイヨン仕立て。
くぬぎ鱒の下にレンズ豆のパンケーキがありました。
レンズ豆のポタージュはあったまるかんじで、
後口にほどよい旨み。



パン



パンも美味しい。




アントレ2



エビの前菜。




利尻昆布とトマトのジュレ。



白ワイン



ピュリニー・モンラッシェ
☆☆☆☆☆!
樽香、コク、キャラメル
(香4-5、甘2-3、酸3-4、苦0、渋-、刺0、果4)
ミツ、カラメル





その2につづく…


レストランの記録





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3495-273707a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。