スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア料理店で11月中旬のディナー(カジキマグロのカルパッチョ、馬肉とインカの目覚めのタリアテッレ) 




いつものお店、一昨年のこと。。




白ワイン1



結構コクもあるソアーヴェ。
いい感じの甘さも。
(甘3、酸3-4、苦0-1、刺0、渋-、果4)
少しホコリっぽさも。
☆☆☆☆++





1皿目



スモークしたカジキマグロのカルパッチョ。
1480円のをハーフで。




フィノッキオと、ディル。
色合いもきれいな盛り付けと、かんきつ類の味付け。
カジキマグロは、脂がのってて美味。
大変美しい一皿でした。
☆☆☆☆☆

フィノッキオは、フェンネルの鱗茎(りんけい、球根)が
肥大したもので、玉葱のようにして使われるそうです。



2皿目



焼き野菜。

野菜の炭火焼で、タプナードソースが添えられています。


白ワイン(キュヴェ・フルール)を追加(写真なし)。



3皿目



馬肉のサルシッチャと、たぶんインカの目覚めのパスタ。
パスタは、平打ちのタリアテッレか、フェトチーネ。



赤ワイン1



サリーチェ・サレンティーノ
ネグロアマーロとマルヴァジーアの赤ワイン。
(甘3、酸3-4、苦0、渋4、果4、刺0)
チョコっぽく、スパイシー。



4皿目



たぶん、牛筋の煮込みのような。。。



赤ワイン2



ネッビオーロの赤ワイン。
ピノノワールっぽいような、でも違うかんじの、
ネッビオーロでした。


ドルチェ



たぶん、洋梨のコンポートとヴァニラアイス。


コーヒー




ご馳走様でした。






レストランの記録




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3491-68b3efa3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。