スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀戸天神の和菓子店「船橋屋 亀戸店神前本店」で苺ミルクのカキ氷とくず餅(亀戸、錦糸町) 




創業文化二年(西暦1805年)とのこと。くず餅を食べに行ってみました。

「くず餅」といっても、葛粉(くずこ)を使った「葛餅」ではありません。小麦粉が原料で、味も食感も別物です。「葛餅」を想像して食べて「こんなんちがう!」と思う人もいるようですが、似た名前の別物と解釈すべきもののようです。


お店情報
船橋屋 亀戸天神前本店 (ふなばしや)
東京都江東区亀戸3-2-14
tel:03-3681-2784
HP





店構え



日曜日だったので、軽く列が出来てましたが、写真とったり、
もたもたしている間に、8人連れの家族が来て、
前に並ばれてしまいました。


いや、、、本当は自分が後だったかよくわからないのだけど。
少なくとも、この写真に写っている人々はその家族連れのメンバー
ではありませんでした。

何しろその8人(子供3人含む)はばらばら、うろうろしてて、
きちんと並ばず、だれがそのグループかわからないうちに、
後ろにいた人がいつの間にか前にいたりして。

店員さんに聞かれたとき、押しの強い感じのおばはんが、
私の前の人の次だと言い、明らかに私の後ろにいた数名もなぜか、
私より先ということに・・・。
しかし、おばはん、たしかさっきは私より後ろにいたんでは。。。
いや、列の横を前に行ったり、後ろに行ったりしてたんでは。。。

並ぶんならちゃんとまとまって並んでほしいものです。。。



というわけで、そのため、かなり待つことに。。。




鯉でも見ながらのんびり待つこと十数分。。。


店内



昭和レトロな感じ。




こちらの入ってすぐのカウンターで食券を買って、
席で待つシステム。

しっかりした若い女性の(多分)バイトさんが、
さくさくとお客さんをさばいていきます。


カキ氷



くず餅が目的だったのだけど、カキ氷も・・・。
イチゴミルクのカキ氷720円。


実は直前に「ひみつ堂」(日記)のカキ氷を食べて、
すごくおいしかったのだけど、普段あまりカキ氷を食べないものだから、
比較対象がなく、そのために、こちらでも食べてみました。




ミルクは普通の練乳。
苺のソースは、市販の苺ジャムっぽいかんじ。
それはそれで美味だったのだけど、
「ひみつ堂」のが、より良かった。

カキ氷は、わりかし細かいのだけど、
「ひみつ堂」の細かさにはかなわないかんじ。


カキ氷として普通に美味
☆☆☆
といったところか。


くず餅



こちらが目的のくず餅530円。

絶妙な弾力感と歯ごたえで、素晴らしかった。
創業208年は伊達ではありませんでした。

☆☆☆☆++





関東地方の「くず餅」は、宝暦2年(1752年)創業の浅野屋本舗さんとか、いろいろあるようです。

池上くず餅御三家! 浅野屋 相模屋 池田屋


私が子供のころよく土産や贈り物で食べたのは、どこのくず餅だったか・・・。
あまり覚えてないのですが、「舟和」さんあたりだったか。。。
久しぶりに食べて、船橋屋さんのと比較してみたいです。


関係ありませんが、実は葛粉を買ってきて、葛餅を作るのにはまっていたことがあります。
なかなか難しいんですよね。。。
そういうわけで、私、「葛餅」のほうも大好きです。



レストランの記録





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3468-85b2a983
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。