[まめ知識] 727化粧品について調べてみた 

新幹線の車窓から、よく見かける、「727化粧品」の広告。
広告の看板はよく見かけるのだけど、ドラッグストアーなどで、あまり見たことがない。
ので、疑問に思い調べてみました。。
まめ知識というか、トリビアというか、、、です。。


新幹線に乗っていると田んぼの真ん中によく見かける、「727化粧品」。

平成の現代にありながら、なんとはなく、「昭和」を感じさせるノスタルジックなあのデザイン。

そして、「パクリ」を感じさせるB級なイメージの社名。。。

かなりの昔から見かける広告の看板ですが、そのわりに、そもそも使ってる人を見たことない(失敬!)。

知り合いに使ってる人見たことあるか尋ねたら、「その看板は打ち捨てられてるだけじゃない?」という、これもまた失礼なご意見。。

いやいやいやいや、ちゃんときれいな看板なので、まだ現役なはず。

で、疑問に思って調べてみました。

727化粧品とはいったい何ものなのか?

そして、「727」は航空宇宙産業の巨人ボーイング社に訴えられないのか?


まずは、会社のHPから・・・

727セブンツーセブン化粧品のHP

ちゃんと立派な現代的なHPでした。


発見1

会社概要によれば、セブンツーセブン化粧品は美容室を主要な販売対象とした大阪の会社のようです。

なので、街のお店では見かけないのですね~。

グループ会社: (株)セブン化学、(株)ビナ薬粧、(有)和信、(株)和創
支店: 東日本支店、関東支店、関西支店、西日本支店
営業所: 東京営業所、大阪営業所、岡山営業所、広島営業所、高知営業所

・・・と、けっこう大きな(失敬!)会社のようです(笑)


勝手な誤解

あのボーイング727にちなんだ社名なのだろうと勝手に思い込んでいました。
ボーイング727は、スマートで優美な姿の旅客機だし、美人スチュワーデスのイメージも重ねて、化粧品会社の名前にしたんだろうと。。。

いわば、「パクリ」かと。。。

しかし、これは全くの誤解でした。


発見2

沿革によれば、会社の創業は、1945年7月27日
「粉おしろいの727」とのこと。

『ボーイング727にあわせて、創業を7月27日にするとは・・・』などと思ったらあわて者。創業の年が、終戦の年1945年(Wikipedia)とかなり古いのですから、あり得ません。

ボーイング727の初飛行は、1964年2月とだいぶ後です(Wikipedia)。

実は727化粧品のほうが、ボーイング727の登場よりも、21年以上も早いということがわかりました。

ちなみに、旅客機で有名なボーイング社の創業は1934年7月19日、同社が開発し、後々の大型旅客機の開発へつながっていくB-29スーパーフォートレスの初飛行は、1942年9月21日、「7?7」シリーズの始まりとなった、ボーイング707の初飛行は1958年10月26日らしい。

誤解しててごめんよ727化粧品。パクリじゃなかったんだね。。。


ちなみに、7月27日は創業者宮副武次氏の誕生日とのことです(Wikipedia)。


こうやって調べてみて、今まで、根拠なく失礼な誤解をしていたことがわかりました(私だけ?)。

セブンツーセブン化粧品は、日本の化粧業界をリードする、ほんまに立派な会社なんやね。。。

かんにんな、セブンツーセブン化粧品。

今後も、日本の産業をリードしてくれなはれ。。。

そして、今後も、新幹線の車窓から見えるノスタルジックな田園風景を演出してください。。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3461-58d9b042