フランス料理店で10月中旬のランチ その2(鶉、フロマージュ) 




その1からの続き…




赤ワイン



ニュイサンジョルジュのピノ・ノワール
おちついたよい味
(甘3、酸3-4、苦0、刺0、渋3-4、果4)
☆☆☆☆☆



肉料理



鶉(うずら)

左上のは…



フォアグラのサンド


鶉をアップで…



美味しそう。。。


さらに…



リード・ボー、ベトラブ、アーティチョーク


☆☆☆☆☆



赤ワイン2



ボルドーは、リストラック・メドックの。
☆☆☆☆++




フロマージュ



チーズは、右から、トム・ド・モンターニュ、コンテ、
エーデルピルスケーゼ、サントモール・ド・トゥーレーヌ


エーデルピルスケーゼは、このとき初めて食べました。

ドイツのブルーチーズなのですが、
エーデルピルスはビールの名前、ケーゼはチーズのことなので、
ビールでウォッシュしてるのかも。
けっこうこってりしてて、ミルクが豊かでした。
(酸2、塩3、刺0-1、旨4、ミルク5)


トム・ド・モンターニュは少し臭みがありましたが、
旨みがあり美味でした。
(甘1、酸4、塩2-3、刺0、旨4、ミルク4)



デザートワイン



かなりはっきりしたフローラルな香りのソーテルヌ。
(甘5、酸3、苦0、渋-、刺0、果4)
☆☆☆☆☆
やや若めでしたが、十分に良かったです。



店内





その3に続く…



レストランの記録







コメント

こんにちは。

初めまして。
四つ葉と申します。

FC2ブログを始めたばかりですが、
なぜかday_diamondさんのブログに辿りつきました。

プロフに書かれてある
好きなものと嫌いなものが私も同じです。

これからもday_diamondさんの記事を読みたいので
また訪問させて頂きます。

四つ葉さん、こんにちは

初めまして。

更新滞り過ぎなブログですが、どうぞよろしくお願いいたしますね。

うずら

鶉はどんな感じでしたか?フランスの鶉は美味だそうですが、先日のオギノでの鶉は極普通の鳥といった感じでした。。
パリのルレで普通の鳥を食べたのですが、それはそれはおいしいと思いました。

ユミコさん、こんにちは

鶉、すんごい良かったです。
鳥の種類のためというより、よく出来てました。
表面さっくり、中が柔らかでありながらぷっくりとした歯ごたえ。
一昨年の話なのに写真見たら思い出します。

でも、鶉でなかったら、違う風味だったと思うので、鶉のせいってこともあるかも。
ともかく良かった。
焼き方さんが上手かったんでしょうかね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3398-85565f17