[WINE] デル・パリオ IGTサレント - イタリア プーリア サレント ネグロアマーロ 2009(鴨肉にあわせた) 




DEL PALIO
NEGROAMARO
Tenimenti

エチケットとボトルの全体…





色はこんなふう…





葡萄:ネグロアマーロ100%(Negroamaro)
生産地:プーリア州、イタリア(レッチェ、ブリンディシ、ターラントを含むサレント地方)
銘柄:
生産者:ドネリ社 デル・パリオ(HP
畑:
ヴィンテージ:2009
アペラシオン/格付け:イタリアIGTサレント(指定地域特性ワイン)
製法:
タイプ:
輸入元:モンテ物産株式会社
購入:2011/10/17、円/グラス、イタリア料理店で(HP


裏ラベルの記述:
DEL PALIO
TENIMENTI
NEGRO AMARO SALENTO
INDICAZIONE GEOGRAFICA TIMPICA
2009
ドネリ社/デル・パリオ ネグロアマーロ


その他:

参考:
生産者による資料(pdf)には次の記述がある。
Type: I.G.T.Salento

Grape varieties: 100% Negroamaro

Growing area:
The Salento area, comprising the provinces of Lecce, Brindisi and Taranto, where the Negroamaro is one of the most widely planted and ancient native grape varieties. Here, thanks to this peculiar environment, the Negroamaro can express its whose extraodinary potential. Salento's rich, reddish soils produce Negroamaros of magnificent structure, with intriguing, peasant hints of iodine.

Training system: Head-trained.

Harvest period: End of August.

Vinification:
De-stemming and light pressing, then traditional one-week maceration in stainless steel at less than 26℃. Fermentation is in steel, followed by malolactic fermentaion.

Maturation in wood:
Maturation time depends on numerous factors and will vary from year to year. Large 40-hl Slavonaian oak casks are utilised. After the appropriate period, the wine is kept in steel until bottling, about 14-18 months after harvest.

Colour: Deep ruby red.

Bouquet: Typical crisp, fruity character, heady, vanilla-laced aromas, with the classic hint of iodine.

Palate:
An austere, distinctive wine, generous and smooth, with beautiful depth and balance.

Serving temperature: 15-18℃.



Palateは「口蓋」転じて「味覚」の意。
(例えば、suite one's palate は、「口に合う」。have a good palate for wines は「ワインの味がわかる」。)

austereは、severe、sternの意で、ワインについて使うときには、酸味やタンニンの味が強いときに使われます。
distinctive wineは、「味のはっきりしているワイン」
generousは、「気前がよい」ですが、ワインの場合は「芳醇な」


サレント(Salento)地方は、イタリアを足に見立てれば踵(かかと)のところ。
ネグロアマーロは、この地方の古来の土着品種(ancient native grape variety)で、最も広範に栽培されているものの一つ。


通販のHPによると、ネグロアマーロは、「黒」を表すラテン語の「negro」とギリシャ語の「maru」を語源とするとのこと。

葡萄品種によると、
ネグロ・アマーロ NegroAmaro :
イタリア黒ブドウ。プーリア州で非常に広く一般的に栽培されている。非常に古くからあるプーリアの個性豊かな品種。この品種を主体にしたロゼワインもパワフルロゼとしてプーリア州を特徴づけています。アリアーニコ種とともにイタリア南部を代表する品種として、最近見直され始めた。ネグラマーロ(Negramaro)と表記するワイナリーもあります。

とのこと。



レポート

アピアランス:

香りの強さ:3/5
香りの内容:


甘味:1-2/5
酸味:3/5
苦味:1/5
渋み:5/5
刺激:0/5
果実味:3/5

後味:

印象:カカオのニュアンス。ビターチョコ。濃い。凝縮感あり。
かなりどっしりしている。

その他の感想:


好みによる評価:☆☆☆☆++
お買い得感:


備考:


通販で探してみました…





マリアージュ…



鴨肉。

鴨肉の繊細な味わいには、ネグロアマーロは最適ではなかったかも。








楽天ワイン店レビュー
ワインの記録


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3384-1df2436c