イタリア料理店で10月初旬深夜のディナー(合鴨の胸肉とバルベーラ・ダスティなど) 




昨年の10月初旬のこと。






白ワイン



ALBENTE
DEL FEUDI
DI SAN
GREGORIO
2008

ミネラル感あり、フルーティ
少しホコリっぽいかんじも。
(甘3、酸4、苦0、刺0、渋-、果4)
☆☆☆☆+



1皿目



ポタージュ。



2皿目



焼き野菜。


白ワイン



ANGIOLINO
MAULE
I MASIERI

ユニーク。前日に飲んだときより
複雑さが増しているように感じました。
(甘3、酸4、苦0、刺1、渋-、果4)
☆☆☆☆+



3皿目



活ブリのカルパッチョ。



白ワイン



2006
CHATEAU DE CUGAT
Cuvee Fleur
BORDEAUX
APPELLATION BORDEAUX CONTROLEE
MIS EN BOUTEILLE AU CHATEAU

コク、複雑さ、樽香。
(甘3、酸4、苦0、刺0、渋-、果4)
☆☆☆☆☆



4皿目



太刀魚の炭火焼


アップで…





赤ワイン



PICO
MACCARIO
LAVIGNONE
BARBERA D'ASTI
DENOMINAZIONE DI ORIGINE CONTROLLATA
E GARANTITA

バルベーラ・ダスティ
(甘3、酸3-4、苦0、渋3、刺0、果4)
芳ばしさ、カカオ、焦げっぽさ、樽。



5皿目



合鴨の胸肉のロースト。


アップで…



上のワインともよくあいました。



ドルチェ





この日もご馳走さまでした!




レストランの記録






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3342-bae9dbdf