スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[WINE] カンティーナ・ソチャーレ・デッラ・プラナルジア マルヴァシーア・ディ・ボーサ - イタリア サルディーニャ マルヴァシーア・ディ・ボーサ 2001(かぼちゃの冷製スープにあわせた) 




2001
MALVASIA DI BOSA
DENOMINAZIONE DI ORIGINE CONTROLLATA
SECCO



エチケットとボトルの全体…





色はこんなふう…





葡萄:マルヴァシア・ディ・ボーサ100%
生産地:サルディーニャ州、イタリア
銘柄:
生産者:カンティーナ・ソチャーレ・デッラ・プラナルジア
畑:
ヴィンテージ:2001
アペラシオン/格付け:イタリアDOCマルヴァシーア・ディ・ボーサ(Malvasia di Bosa)
製法:
タイプ:
輸入元:株式会社ヴィナイオータ
購入:2012/7/10、1,000円/(一口)、イタリア料理店で(HP


その他:

裏ラベルの記述:


参考:

通販の商品紹介には次の記述がある。
サルデーニャ島の西部フルッシオに、この地域の風土や特性を反映したワイン造りを目指して1968年に創設された協同組合ワイナリー。イタリアで数多く生産されるマルヴァジーア種のうちの1つ、マルヴァジーア ディ サルデーニャを標高200-300mのプラナルジア地区の険しい斜面にて栽培し、ブドウの葉が木全体を覆うように成長するアルベレッロ仕立てを採用。この仕立ては、夏の強い日差しを避けるのに適しており1日の寒暖の差が激しいことや、地中海から吹く風などの特殊な気象条件にも適合している。マルヴァジーア ディ ボーザは完熟したブドウを破砕後にマセレーションを行い、その後シェリーやマルサーラの製法と同じようにオークの小樽をいっぱいに満たさずに熟成される。ときにフロールと呼ばれる菌膜が張り、それがワインの損傷を防ぎ独特の香りを生み出しこのワインを地域の独自性の濃いものにしている。




レポート


アピアランス:

香りの強さ:/5
香りの内容:


甘味:3-4/5
酸味:3/5
苦味:0/5
渋み:-
刺激:0/5
果実味:4/5

後味:

印象:シェリー酒のよう。アルコール感強め。

その他の感想:


好みによる評価:☆☆☆☆☆
お買い得感:☆☆☆++(通販価格4,720円に対して)



備考:

通販で探してみました…





マリアージュ…



冷製のスープ。

かぼちゃ、アマレット、マスカルポーネ、ヴァニラなど。




楽天ワイン店レビュー
ワインの記録






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3329-99113c5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。