スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス料理店8月初旬のランチその1(アミューズ、前菜、魚料理、肉料理) 




これも周回遅れ、去年の8月の話。写真多いので二つに分けます。





アペリティフ



アペリティフとアミューズ用を兼ねてシャンパーニュ。
フィリポナのノン・ドゼ。
わずかに旨み。トースト、活き活きとした果実。
(香4-5、甘2-3、酸4-5、苦0、渋-、刺0、果4-5)


アミューズ



ホロホロ鳥のリエット、花付きのキュウリ、
にんじんの葉のムース、ガスパチョ、
チェリー・トマト、
イナダのゼリー寄せ。



パン



パンも美味。



白ワイン1



白ワインはサンセール。
不思議でユニークな風味。
(香4-5、甘4、酸4、苦0-1、渋-、刺0、果4)
瑞々しさとミネラル感あり。わずかに鉱物のニュアンス。
☆☆☆☆++



前菜



二種類の海老の前菜。

アップで…



アスパラ、新玉葱、シマエビとシバエビ
小さいクルトンはもみの木で燻製とのこと。



白ワイン2



シャサーヌ・モラッシェ
(香4、甘3、酸4-5、苦0、渋-、刺0、果4)
シャサーヌ・モンラッシェらしい風味。
☆☆☆☆☆



魚料理



舌平目。

アップで…



まわりの緑色のはイタリアンパセリ。
赤いのは赤ピーマン。
手前のブーケはニンジンとワラビ。



赤ワイン



赤ワインは、コート・ド・カスティヨンのメルロー(100%)
(香4-5、甘4、酸4、苦0、渋4、刺0、果4-5)
☆☆☆☆☆



肉料理





イベリコ豚とフォアグラ。
エビの味がよく出て旨みのあるソース。






その2へ続く…




レストランの記録






コメント

うわぁ!

前菜のクルトンはもみの木で燻製ですか~。こだわりが小さなクルトンにまで感じられます。
魚料理はパッと見たら、「魚はどこ?」でした(汗)
ワラビとニンジンのブーケがこれまたお洒落ですね~。

pepe犬さん、こんにちは

そうなんです~。
緑色の中にありました。。

クルトンまでと、手間ひまのかけ方が、いつもすごいです。
厨房ではとても沢山の人が働いているようです。
普通のグランメゾンより多いのではないかなあ~。

アミューズのディスプレイいいですね。
八寸的。

ユミコさん、こんばんは

アミューズの内容が普通の前菜盛り合わせぐらいか、それ以上なかんじなんで、感心するばかりです。。

こんばんは  

ご無沙汰してます。

もみの木で燻製されたクルトン、どんな香りなんでしょう…心が伝わりますね。

bettyさん、こんにちは

シェフは、料理のことばかりいつも考えていらっしゃる方のようで、徹底しています。
シェフの腕もさることながら、厨房のスタッフをそれだけ充実させている、オーナーの手腕もすごいのだろうと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3289-4662c74c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。