スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[時事] 消費税増税による負担増 

消費増税法案:年収500万円…税率8%で7万円負担増(毎日新聞の記事)


負担増が、そんなに少ないわけないじゃん。。


消費増税法案:年収500万円…税率8%で7万円負担増

毎日新聞 2012年06月26日 21時24分(最終更新 06月26日 23時15分)

 消費増税法案が衆院を通過し、家計の負担増がほぼ確実になった。消費税は食料品などの生活必需品だけでなく、ガスや水道、交通機関の料金など幅広い商品、サービスにかかるためだ。政府による負担軽減策は限定的なものにとどまりそうで、日々の暮らしは厳しくなりそうだ。【赤間清広、丸山進、宇田川恵】

 消費税率は14年4月に8%、15年10月に10%に引き上げられる。第一生命経済研究所が、夫婦どちらか一方が働き、子ども2人の4人家族で試算したところ、年収500万~550万円世帯の年間消費税負担額は税率8%で現行より7.2万円、10%で11.9万円増える。年収250万円未満の低所得世帯でも10%で最大7.6万円の負担増となる計算だ。政府は現金給付など低所得者向けの負担軽減策を講じる方針だが、対象者などはまだ決まっていない。



いや、、、それは、おかしいでしょう(苦笑)

だって、一生のうちに、(亡くなるときに残る財産の分は別として)収入は全ていつかは使うわけで、その殆どに消費税がかかるわけですから。

年収500万円としたら、(簡単のため可処分所得500万円として、)、その1%は5万円。消費税増税が3%なら、最低で15万円の負担増は間違いないところ(苦笑)


しかも、記事にもあるように、消費者の手に届くまでにかかる消費税があるから、100円のものを買ったときにかかる消費税の増税分は、3%増税で、3円ではない。


消費税増税なんてしたら、景気が冷え込むことは間違いなし。。

⇒ そうすると、結果的に税収減になるし、長期的にも経済が縮小するから、ますます税収減になる。

⇒ 短期的にも長期的にも、赤字拡大。


財政難だからという人もいるけど、もともと、消費税増税ぐらいでは、焼け石に水。

1000兆円の国債をなんとかするには、景気をなんとかしないことには、どうにもならない。

増税では無理。


駆け込み需要で、景気が良くなるとか言う人いるけど、必ず反動がある。

物価が高くなるのも、そういう外部からの要因で物価が高くなると、スタグフレーション(景気が悪いのに物価が上がる)になるおそれがある。物価が高くなる=好景気ではない。


消費税上げることによって、景気が後退し、経済が縮小するから、消費が減るだけでなく、企業の収入が減るから法人税の税収が減り、給料も減るから個人の所得税の税収も減り、あらゆる経済活動が益々縮小しという、悪循環に陥る。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3258-09feebe1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。