スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルドーのパン屋"PAUL"のパン 

ボルドー駅(GARE Bordeaux St-Jean)の地下に、パン屋さんPAULの屋台があります。


20080315_09_Paul01


右にあるのは、カヌレ屋さん「バイヤードラン」の屋台。

PAULのお店は、この上の地上階に大きなお店もあります。

20080315_09_Paul02


チキンチーズサンド4.4ユーロ
☆☆☆++

結構美味しかったけど、とくにPAULでなきゃ、というわけでもなかった。

このほかにクロワッサン1.2ユーロも買いました。
脂っこくていまいちでした。
☆☆

PETITE PAIN(小さい硬いパン)
☆☆☆-


この屋台では2回買ったのだけど、駅なんだから、観光客が沢山通りそうなものだけど、英語はまるで通じないみたいです。でも、なんとか買えました。


ちなみに、

20080315_09_Paul04


こちらは、place de tournyという広場にあるPAULのお店。

「カヌレ」のレポート日記でとりあげました。

20080315_09_Paul05


カヌレとマカロン。

カヌレは☆☆☆-
マカロンはまあまあ☆☆☆


こちらは、駅の地上階で買った、ケシの実付きのバゲット。

20080315_09_Paul03


普通のバゲットを観察したかったのだけど、これしかなかった。
☆☆☆++

けっこういけたよ。


たしか、1.35ユーロ。

売り子のおねぃさんが、フランス語で値段言ったのが、私にはまるで聞き取れず、「英語では?」と聞き返したら、たしかに1.5ユーロと言ったので、きっかり払って出てきたら、べつの小柄なおねぇさんが、お店の外まで追いかけてきて、0.15ユーロ、つまり15サンチームを返してくれました。笑顔がかわいかったなぁ~(*^^*)

こういうのは日本と同じ光景だなぁとおもったのだけど、人間の営みって、どこでも似たようなものですね。。。


PAULは、まあ普通のパン&菓子屋さんでした。

お気に入り度
☆☆☆


これが日本にもあるとrokogirlさんに教えてもらい・・・
検索したらこんな・・・

パスコネット

なんだ・・・四谷のアトレにも出店してるのか。。。

元々日本のパスコのパンのが美味しいと思うけど、パスコが運営してるみたいですね~。

allaboutに、現地のに近い味を再現、みたいに書いてあるけど、ほんとにそうしてるの???

普通のパンだったけど。。。


コメント

よかった~

結構ポールのファンが多くて、この前買ってみたんですけどね、どれも油っぽくて私は苦手なパンでした。
家に持った帰っただけでクロワッサンべたべたでv-9
特においしいとは思わなかったな~!
そうそうパスコなんですよ。

でも果物とか粉?はフランスのだったようなきがします。
たいしたことないですよね~
(好みの問題かな??)

rokogirlさん

やっぱり、油っぽかったですかぁ~。
ですよね~。
クロワッサンべたべたは、まさしくそのとおりだった!

小麦粉フランス産は基本なので、PAULに限らないですよね。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/32-f3fa71ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。