「太陽にほえろ!」 

最近、「太陽にほえろ!」、再放送してますね。。

やっぱ、かっこいいっス。。

以下完全に、与太話に終始します。。

Wikipedia

子供のころ大好きだった、刑事ドラマなんですが、なんといっても、最も印象的なシーンは、マカロニ刑事が、立小便中に通り魔に刺されて殺されてしまうシーンでしょう。

むっちゃ、衝撃的でしたー。

子供ごころに、かなーり、ぐぐっときましたよー。

台詞、「かあちゃーん」、だったかな。。

主役級が、あっけなく、まあ、言ってみれば、つまらないことで、つまらない場面で殺されてしまうって、

なんともー、はかなさというか、あっけなさというか、そのリアリティというか、、、名作だと思います。

荻原建一、なんだかんだいって、名優だったなー。まだ生きてると思うけど。。
「傷だらけの天使」、「前略おふくろ様」など、いい味だしてたなー。
ショーケンも、もう62かぁ~。

その次に出てきたのは、ジーパン刑事こと、松田優作でしたが、マカロニと比較しちゃって、しばらく違和感ありました。

マカロニのにほうが良かったのにとか。。

で、ジーパンの死ぬシーンは、「なんじゃこりゃあ~!」のアドリブで有名ですねー。


あと、個人的に一番のお気に入りの「刑事」は、山さん。

しぶーい!

かっこいいっス!

「コンバット」のサンダース軍曹(日記)と、また違うかんじの渋さです。

山さんの出てくる場面で、いまだに、印象的だったのは、地面に落っこちた泥だらけの虫のついたリンゴをかじる場面。

えっとー、それだけ書くと、へんなんですが、奥さんが誘拐されて、犯人に脅迫されて、それをしちゃうという話。

小学生の私には、かなーり、印象的でした。。

「『愛』のためにはそこまでするか。

   それが『愛』なんだー。

     そこまでしないと『愛』ではないんだー。」

と、小学生の私は思ったのでした。

私の「恋愛観」に、決定的な影響を与えたのがこの「太陽にほえろ!」でもありました。

そしてさらに、「愛と誠」という、純愛ドラマにも影響され、

さらに、様々な戦争映画やスパイ映画にも影響され、

「爪をはがされたり、目ん玉をくりぬかれたりしても、耐えられるぐらいでないと、愛とはいえないんだ。」

と結論するに至り、、、、

従って、

  「自分には人を愛することなんてできない。」

という  「オチ」  に至る、高校生の私でした(爆)

というわけで、私はかなり後まで、女の子に、「愛してる」とは言わなかったわけで。。

ひじょーに、重く、考えてたわけですねー。
  

で、だんだんと、おとなになり、中年になるに従って、

  「愛も相対的なものなんだ」  

とか、恋愛観が変化していくわけです~(笑)


最近じゃ、、、

  「やっぱり、自分が一番好き!」

ってことばっかり考えてますー(笑)


それと、おとなになって見てみて、けっこう、関根恵子って、色っぽいなーって思いました。

子供のころは、あんまり良いと思わなかったんですが、好みが変わるんですかねー。

ストライクゾーンが広がるというか。。。

いやー、そんなにいいと思ってなかったんですが、今見ると、結構エッチな雰囲気ありますよね~。

考えすぎですかね~。



あとわすれちゃならないのは、「太陽にほえろ!」のテーマミュージック。

やっぱり、名作には、名曲ですねー。

ニーノ・ロータの、ゴッドファーザー「愛のテーマ」に匹敵しますよー。


ついでに書きますと、古いドラマにも良いものが沢山あるのだから、韓国ドラマ買ってばっかりいないで、日本の古いドラマ、どんどん再放送すべきだと思いますよー。

私も「冬のソナタ」字幕版で見て、いいなーと思った一人なんですが、それにしても、最近、韓国ドラマ多すぎです。

聞くところによると、不景気でCM収入も頭打ちだから、制作費を節約するために、買っちゃうのだとか。。

しかし、大金持ちのなんたらとか、似たようなパターンも多いように見えるし、なんだか飽きましたよ。



以上、与太話でした。。。



コメント

太陽にほえろですか?
山さんシブイですね。
わたしはやっぱり殿下が好きでした(#^.^#)

古い映画が好きです。
この前は
白川由美の色気にヨロヨロしました。
(美女と液体人間)‥
特攻野郎Aチーム大好きです。
趣味がどんどん偏ってしまい、
止められません(笑)
わかってくれる(笑ってくれる)人じゃないと無理です(汗)

junquotさん、こんにちは

こんな与太話まで読んでいただいてありがとうございます(笑)

殿下は、島刑事ですねー。
私も好きでしたよー。
レギュラーメンバーはみんな良い味だしてましたね~。。

美女と液体人間・・・見てみたいです(笑)
Aチームはなかなかの人気みたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3156-07668047