スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[WINE] ヴィニエティ・ザブ イル・パッソ - イタリア シチリア ネーロ・ダーヴォラ、ネレッロ・カップッチョ、メルロー(足跡のラベル、リパッソ製法応用) 




IL PASSO
VIGNETI ZABU



エチケットとボトルの全体…





色はこんなふう…






葡萄:ネーロ・ダーヴォラ70%、ネレッロ・カップッチョ20%、メルロー10%
生産地:シチリア、イタリア
銘柄:イル・パッソ(IL PASSO)
生産者:ヴィニエティ・ザブ
畑:
ヴィンテージ:2008
アペラシオン/格付け:IGT(指定地域特性ワイン)
製法:ネレッロ・カップッチョはアマローネのように葡萄を乾燥させネロ・ダーヴォラとメルローが発酵したタンクに入れてリパッソのように再度発酵させる。4~6ヶ月バリックで熟成(新樽30%、1~2年樽70%)
タイプ:
輸入元:株式会社稲葉
購入:2011/1/30、?円/グラス、イタリア料理店で(日記


その他:

裏ラベルの記述:
IL PASSO
ROSSO
SICILIA
Indicazione Geografica Tipica
2008
imbottigliato da ICQ TA/371 per
ZABUT SRL
SAMBUCA DI SICILIA - AGRIGENTO ITALIA
ヴィニエティ ザブ イル パッソ


参考:
通販のHPには次の記述がある。
収穫は全て手摘みで、何十回と畑に入ります。芽摘み、葉落としも全て手で行います。ネレッロ カップッチョは、ほとんどDOCサンブカのエリアから買っています。この品種は一般的にタンニンの硬いので、葡萄から10cmで枝を切って9月末から10月の第2週頃まで10日間程畑でぶら下げて置き、シチリアの太陽と北アフリカからの風によって30%程重さが減るまで乾燥させます。水分を失って、タンニンが柔らかくなり、集約感が高まり、アロマも出てきます。それを、ネロ・ダーヴォラとメルロが醗酵したタンクに入れて、リパッソのように再度醗酵させます。4~6ヶ月間バリック(30%新樽、残り1、2年樽)で熟成させます。
 パッソには、「乾燥した」という意味と「歩み」という意味があり、ラベルに足跡が描かれています。リパッソを意識した名前であると同時に、畑での手作業を含め一歩一歩最高の品質に向かって前進するイメージです。ネロ・ダーヴォラのワインはどこにでもあるので、違いを出たくて造ったワインです。紫がかった濃い色で、ヴァニラの溶け込んだ、バルサミコの豊かな香り。柔らかなタンニンで永続性があり、バランスがとれていますこの09年が、「ルカ マローニ ベストワイン年鑑2011」で87点。




レポート

アピアランス:

香りの強さ:/5
香りの内容:


甘味:4/5
酸味:3/5
苦味:2/5
渋み:3-4/5
刺激:0/5
果実味:4/5

後味:

印象:葡萄の味が濃い。良い甘さ。

その他の感想:


好みによる評価:☆☆☆☆++
お買い得感:☆☆☆☆☆(通販価格1,750円に対して)



備考:

通販で探してみました…





マリアージュ…



エゾ鹿。




楽天ワイン店レビュー
ワインの記録







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3140-067cf407
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。