ラクレット 

「ラクレット・サヴォア・フランセ」 はこんなかんじのチーズ

20060720_01.jpg


アルプスのスイス側の「ラクレット」が有名ですが、これはフランス側のサヴォア地方のもの。

中身は均質でやわらかく滑らか。オレンジ色の外皮に覆われていて、ウォッシュタイプ特有の臭いがします。ただしそれほどは強くない臭い。味はよくバランスがとれていて無難。


これを目玉焼きでとろとろにしてみました。。


20060720_02.jpg


ラクレットはとろけさせると真価を発揮するチーズです。


ぱらぱらしてるのは、黒胡椒とクミンシード。
クミンシードはウォッシュタイプのチーズのにおい消しのため。。
「マンステール」に合わせるのをラクレットに応用してみました。


ちなみによく通ぶって「ウォッシュタイプのチーズの匂いが大好き」という人もいますが、その人は身体のどこかに不具合がないか疑ったほうがいいと思います。。

私は東京生まれ東京育ちで納豆大好き、よく食べますが、あの臭いが芳香とは思いません。
漬物も大好きですが、ぬかみその臭いが芳香とは思いません。

チーズの産地でも臭いのきついものにはスパイスやハーブを使い臭い消しの工夫をします。

腐敗臭を臭く感じるのは人間の正常な防御反応。。
それが失われているのは何かが不調なはず。

強烈な光をまぶしく感じないとか、真夏なのに寒いのと同じことです。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/310-789615b3