牛乳の比較のつづき - 明治 vs 森永、「おいしい牛乳」対決 




美味しい牛乳の比較の第何回目か。。。
実は飲んだは昨年の7月で、忙しくてアップしてなかった話です。

今回は明治と森永の「おいしい牛乳」の比較です。

明治乳業の「明治おいしい牛乳」は、どこのスーパーにもおいてあって買うのに便利、しかも順当に美味しいということで、よく飲むのですが、昨年あたり、森永の対抗商品「おいしい牛乳」が販売されるようになりました。

後発商品の「森永のおいしい牛乳」のほうが、大体10円ぐらい安いようですが、並んでおいてあると、迷ってしまいます。

そこで、二つ同時に同じ条件で飲んでみて比較してみようというわけです。

同じ商品名で大丈夫なのかと思ってしまいますが、おそらく、「おいしい牛乳」というのが、固有名詞と見るには、あまりにも一般的な言葉なので、セーフなのだと思います。



(1) 森永のおいしい牛乳

側面の記述

違いは、開けた瞬間の香りでわかります。
森永乳業は、「牛乳本来の自然なおいしさ」に
こだわり、蒸気でやさしく包みこんで瞬間的
に殺菌する新しい方法を採用しました。この
方法により、加熱による独特の臭いを抑え、
より自然に近い味と香りを実現しました。



種類:牛乳
商品名:森永のおいしい牛乳
無脂乳固形分:8.3%以上
乳脂肪分:3.5%
原材料名:生乳100%
殺菌:135℃ 2秒間
内容量:1000ml
製造者:森永乳業株式会社

参考:HP



(2) 明治おいしい牛乳

側面の記述

おいしさ長もちESL

生乳へのこだわり
工場での生乳受入れ時の検査に
加え、研究所でも詳細な検査及び
分析を定期的に行っています。

ナチュラルテイスト製法
殺菌前に生乳に含まれる酸素を
追い出し、殺菌中の風味変化を
極力抑えることで、牛乳本来の
新鮮なおいしさを実現しています。

「明治おいしい牛乳」は生乳にこだ
わり、ナチュラルテイスト製法に
よって大切に作ることで、牧場で
飲む牛乳本来の新鮮なおいしさ
の追求に取り組み続けています。

種類:牛乳
商品名:明治おいしい牛乳
無脂乳固形分:8.3%以上
乳脂肪分:3.5%
原材料名:生乳100%
殺菌:130℃ 2秒間
内容量:1000ml
製造者:明治乳業株式会社


(3) 比較




商品名そっくりですが、森永ののほうは、「の」の字が入っています。




森永ののほうが少しクリーム色っぽい。



感想:同じような濃さと風味の豊かさ。どちらも甲乙つけがたいおいしさ。

殆ど同じような高いクオリティで、別々に飲んだら区別できないと思います。殺菌方法も殆ど同じ。

同時に飲み比べたら、違いは明らかにありますが、どう違うのかを表現するのがなかなか難しい。森永ののほうが、若干爽やかな印象。


その他の感想:森永のの側面の記述で、蒸気でやさしく云々、と書いてあるのだけど、意味がよくわからない。同じ温度なら、加熱の仕方が、蒸気だろうがなんだろうが、優しい、優しくないもなく、同じだと思うのだけど。。。



うちの近所では、明治ののほうが沢山スーパーにありますが、上にも書いたように、二つ並んでいるときには、森永ののほうが10円安く、この比較で甲乙つけがたい(むしろ森永ののほうがわずかに美味な?)ことがわかったので、森永のを購入するようにしています。。。


なお、森永の回し者ではございません。。。


過去の牛乳の比較

タカナシ「低温殺菌牛乳」
タカナシ「ごちそうミルク」
牛乳の比較






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3045-9b49cf1a