スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[WINE] ドメーヌ・メオ・カミュゼ ヴォーヌ・ロマネ - ブルゴーニュ ピノ・ノワール(鶏のローストにあわせた) 




2007
Mis au Domaine
VOSNE-ROMANEE
APPELLATION VOSNE-ROMANEE CONTROLEE
Domaine Meo-Camuzet
PROPRIETAIRE A VOSNE-ROMANEE, BOURGOGNE, FRANCE



エチケットとボトルの全体…





色はこんなふう…





葡萄:ピノ・ノワール100%(?)
生産地:ヴォーヌ・ロマネ村、ブルゴーニュ地域圏、フランス
銘柄:2007
生産者:ドメーヌ・メオ・カミュゼ(Domaine Meo-Camuzet、HP
畑:
ヴィンテージ:2007
アペラシオン/格付け:ACヴォーヌ・ロマネ
製法:50%新樽。18ヶ月前後の樽熟。野生酵母のみで高温発酵。
タイプ:
輸入元:株式会社ラック・コーポレーション(HP
購入:2010/10/1、円/グラス、フランス料理店で(HP



裏ラベルの記述:

その他:

参考:

生産者のHPのヴィンテージノートは次のとおり(HP
Of course, it had been difficult: the season, particularly the month of August, was bad, and the early harvest required a lot of work and sorting, both in the vineyard and at the winery. But the density levels were not bad, the vinifications went off without any problems, the malolactic fermentations, which were also early, did not damage the wines’ structure. Quite the contrary, in fact, with relatively low levels of acidity, the sensations on the palate are neither aggressive nor green, but very elegant and supple. The wines should be fairly affordable, too, something we haven’t seen since the 2000 vintage. Be warned, however, that this kind of year, which is all too quickly described as light, will surprise us with its development: don’t let the pleasure of tasting them young prevent you from appreciating wines which will be delicious when mature (2014-17)!


Vosne-Romaneeのワインについてはこちら ⇒ Wikipedia(英語)
ヴォーヌ・ロマネ村についてはこちら ⇒ Wikipedia



レポート

アピアランス:

香りの強さ:4/5
香りの内容:深みのある香り。ピノ・ノワールらしい香り。


甘味:3-4/5
酸味:4/5
苦味:0/5
渋み:3-4/5
刺激:0/5
果実味:4/5

後味:

印象:よい感じの甘さ。燻製のような、いぶした感じ。

その他の感想:


好みによる評価:☆☆☆☆☆
お買い得感:


備考:

通販で探してみました…




マリアージュ…



鶏のロースト。






楽天ワイン店レビュー
ワインの記録





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/3003-d6381141
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。