スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂の日本料理店「帰燕」で一月下旬の夕食(きえん、和食、東京、赤坂見附、溜池山王、ミシュラン) 




一月に、久しぶりに「帰燕」さんに伺ったときの記録です。
☆は個人的お気に入り度のメモですので、あまり重要視しないでください。


お店情報
帰燕(きえん)
東京都港区赤坂2-18-8
tel:03-3505-0728
11:30-13:30(LO),18:00-21:00(LO)
日定休(日月連休のときは日曜日営業,月曜日休み)


過去の日記
正月の夕食
六月の夕食
十月初旬の夕食
十二月初旬の夕食




店構え



気持ちの良い店構え。


テーブルセッティング



いつものカウンターに席をいただきました。


日本酒



冷酒は久保田の千寿1,400円/合。




美しい切子のグラス。

お店に来るたびに器もグレードあっぷしています。



1皿目



フカヒレの茶碗蒸。
あんが美味。
☆☆☆☆++
ほどよい濃さで、旨みがありました。



2皿目



ふぐの唐揚げ。
☆☆☆☆☆



3皿目





鮑の石焼き。
☆☆☆☆++


4皿目



お造りはふぐ。
☆☆☆☆



5皿目



アン肝、蔓紫のお浸し、からすみ大根、初物のそら豆、海老。
このあたりの作り込み方が、同金額帯のお店の中では一線を画しているかと。。。

蔓紫(つるむらさき、Wikipedia)は東南アジア原産の野菜。





アン肝
☆☆☆☆☆




からすみ大根とそら豆
☆☆☆☆☆

海老
☆☆☆☆


日本酒



千寿をもう一つ追加。

この徳利も美しいではありませんか。。


6皿目



キンキのひとしお。
よい塩加減。
☆☆☆☆+


7皿目



炊き合せ。
こちらもよい味でした。
☆☆☆☆☆


8皿目



すっぽん。
☆☆☆☆++


日本酒



日本酒東光の熱燗を追加。
箱に入っていて、冷めないのが有難い。

すっぽんと熱燗は、極楽です。
☆☆☆☆☆


9皿目



鯛の炊込みご飯。







こちらも塩加減が絶妙で、磯の香りもよい、繊細な出来上がりでした。
☆☆☆☆☆



10皿目



デザートの水菓子は、わらび餅。
☆☆☆☆☆
とろん、という感じで、こちらもお気に入りです。




久しぶりの帰燕さんでしたが、来るたびに感激の度合いが増している印象。
食べログも見てみましたが、ポイント上昇中で、あまり広めたくない私は複雑な気分です。
といいつつ、先日、美人の某社長令嬢さんから、お勧めのお店を尋ねられたので、一押しにしておきましたが・・・。



レストランの記録





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2955-17fc3739
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。