スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バサ テルモ・ロドリゲス - スペイン ルエダ ヴェルデホ、ヴィウラ、ソーヴィニョン・ブラン 




Basa
2007 BLANCO
RUEDA
DENOMINACION DE ORIGEN
PRODUCE OF SPAIN

COMPANIA DE VINOS TELMO RODRIGUEZ





エチケットとボトルの全体…





色はこんなふう…





葡萄:ヴェルデホ80%、ヴィウラ15%、ソーヴィニョン・ブラン5%
生産地:ルエダ、スペイン
銘柄:バサ(Basa)
生産者:テルモ・ロドリゲス(Telmo Rodriguez)
ヴィンテージ:2007
アペラシオン/格付け:ヴァン・ド・ペイ・デ・ブーシュ・デュ・ローヌ
製法:
タイプ:
輸入元:オーデックス・ジャパン
購入:2010/3/21、?/グラス、岡山のチーズショップで(日記


裏ラベルの記述:

その他:

参考:通販のお店「ワインセラー 脇田」には次の記述がある。
清潔な青リンゴの香り。リースリングに少し似たエステル香が立ち、甘系のハーブ香が感じられる。華やかな香りだが口中では残糖を抑えた辛口。酸はバランスよく、果実味とともに爽やかなキレがある。

葡萄品種は、飲んだ岡山のチーズショップの店員の説明では、ヴィウラということだったが、上記通販のHPによると、ヴィウラは15%だけで、主にヴェルデホのようだ。しかも、通販HPのほうにも誤植があり、「ヴェルテボ」になっている。

葡萄品種のHPによると、

ヴェルデホ(ベルデホ、Verdejo)は、
白ブドウ。スペインの中央に大きくひろがるメセタと呼ばれる台地北西部原産と言われる品種。一番成功しているのはメセタ南東部のDOルエダ。アルバルーニョ(ママ)と並ぶ高級白葡萄品種です。フレッシュで芳香に富み深いコクと酸にも恵まれたワインになります。この品種のおかげで、スペインの白ワインに繊細さが添加されたと評価されている。樽熟成させるとナッツの風味を楽しめるという。
とのこと。

ちなみに、ヴィウラ(ビウラ、Viura)はマカベオのリオハでの別名で、カヴァの主原料。

過去のヴィウラのスティルワインの日記
ガンディア・マルケス・デ・トゥーリア
カステル・デル・レメイ ブラン・プラネル




レポート

アピアランス:


香りの強さ:
香りの内容:

甘味:4/5
酸味:4/5
苦味:0/5
渋み:-
果実味:4/5
刺激:0/5

後味:

印象:少しミルクっぽい。フルーティ。

その他の感想:


好みによる評価:☆☆☆☆+
お買い得感:


備考:


通販で探してみました…


【数量限定!】テルモ バサ (白) [2007] スペイン ルエダ









楽天ワイン店レビュー
ワインの記録



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2790-4c7f5a6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。