スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[チーズ] ブルー・ド・ジェックス (穏やかで美しいブルーチーズ) 




ブルー・ド・ジェックス (Bleu de Gex, A.O.C.)


商品名:ブルー・ド・ジェックス
製造者:
原材料:牛の生乳
タイプ:ブルーチーズ
産地:アン県(ローヌ=アルプ地域圏)とジュラ県(フランシュ=コンテ地域圏)の両県の一部
ジュラ山脈、フランシュ=コンテ地方、フランス
フランス
法令:フランスAOC(1977年9月20日取得)
生産時の形状と総重量:直径36cm、7.5kg
製法:
熟成:最低3週間以上、通常1ヶ月以上。
季節:通年。夏から秋冬にかけてがとくに美味。
脂肪分:50%以上
販売元:
輸入元:
購入:2010/2/23、フランス料理店で(日記)。


歴史・特徴:13世紀から製造されている。1530年頃に当時フランス国王を兼ねていた神聖ローマ皇帝カール5世の好物との記録が残されている。


合うもの:軽めの赤ワインかロゼ。


名前の由来:ローヌ=アルプ地域圏アン県の町名「Gex」より。そこにこのチーズを売っていた市場があった。


参考:


別名:
ブルー・ド・オージュラ(Blue de Haut-Jura)=オージュラ(高ジュラ山脈)のブルー
ブルー・ド・セットモンセル(Blue de Septmoncel)=セモンセル(地名)のブルー



レポート

外観:青カビがよく入り込んでいる。
質感:ボロボロと崩れる感じはなく、滑らかで弾力がある。


香りの強さ:穏やか。
香りの内容:芳香。


甘味:2/5
酸味:2/5
塩味:4/5
苦味:1/5
旨み:4/5
ミルクの風味:4/5
刺激:
後味:長い。

全体の印象:


今回のものの特徴:


写真







チーズ専門店「フェルミエ」
フランスチーズ.com



チーズの記録




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2765-eb47f52e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。