フランス料理店での二月下旬のディナーその4(フロマージュ、デザートワイン、デセール、プティフール、コーヒー) 




その3からの続きです…。


以下、フロマージュ(チーズ)、デザートワイン、デセール(デザート)、コーヒー、プティフール


その1(アペリティフ、白ワイン、アヴァン・アミューズ、アミューズ・ブーシュ)
その2(前菜1、前菜2、白ワイン、魚料理)
その3(赤ワイン、肉料理)


フロマージュ



チーズのコレクション。




中央のがブルー・ド・ジェックス
その上に小さいクロタン・ド・シャヴィニョール
右上にラングル・オ・コアントロー

左のオレンジ色のはマンゴーのドライフルーツと思います。

全体の置き方もきれい。



フロマージュ用の酒





ソーテルヌ
1er CRU CLASSE
Chateau
de Rayne Vigneau
SAUTERNES
APPELLATION SAUTERNES CONTROLEE
1995
SOCIETE CUVEE DU CHATEAU DE RAYNE VIG?
PROPRIETAIRE A BOMMES - GIRONDE - FRANCE
MIS EN BOUTEILLE AU CHATEAU

フローラルな香り
(甘5、酸2、苦0、刺0、果5、渋-)
☆☆☆☆☆
カラメルのような香ばしさも


マール・ド・ブルゴーニュ
PRODUIT DE FRANCE
VIEUX MARC
DE
BOURGOGNE
Appellation Reglementee par decret
1988
mis en bouteille par
Alain VERDET
Proprietaire a Arcenant
21700 NUITS-SAINT-GEORGES
Tel 03 80 61 08 10
PRODUIT ISSU DE L'AGRICULTURE BIOLOGIQUE

アルコール強く、フローラルな風味もあり。



アヴァン・デセール



ライチのシェイクだそうです。




ライチのシェイクの中に、キウイ、メレンゲ、キャラメル。
☆☆☆☆☆



デセール



デザートは金柑。

グランマニエのアイスクリームとセロリのソルベ。
プラリネ、クレムパティシエール
アングレーズソース。






とても美しい絵柄。

味もヴィジュアルも大変満足しました。
☆☆☆☆+


グランマニエについてはこちら
Wikipedia
商品紹介
ネスレ
要はコニャックにビターオレンジで風味付けしたリキュール。


プラリネは
Wikipedia
要はナッツ類と砂糖のキャラメルみたいなもの。
最近、ハーゲンダッツの期間限定?かで「アーモンドプラリネクリーム」?というのがありますね。

クレム・パティシエールは、カスタードクリームのこと。

そういえば、最近毎週見るアニメは、夢パティ
主役の女の子と、妖精がかわいい。


アングレーズソース(クレム・アングレーズ)は
レシピ
Wikipedia
「アングレ」は「イギリスの」のことで、「アングレーズ」は「イングランド風」のこと。
すなわち、アングレーズソースは「イングランド風ソース」。
といっても、大したことはなくて、卵黄、砂糖、牛乳、バニラのデザートソース。
カスタードクリームに薄力粉の入ってないもの。デザートにはよく使われる。
イルフロッタントとかにも(日記)。




コーヒー



コーヒーもカップも良かった。




プティフール



案納芋のグラタンとムース。
☆☆☆☆☆

案納芋は深い味わい。

右のムースの上には岩塩があり、よいアクセントでした。

案納芋は秋葉原のドラゴンアイスで食べた覚えが…(日記)。


この後には、ハーブティ。
ハーブティは梅だったと思います。
少し塩が入っていたかな…?


以上で、コースが12,000円、フロマージュ800円、飲み物合計5,500円で、小計18,300円。
サービス料10%加えて、20,130円。消費税5%で、合計21,136円。


今回はかなり飲んでしまいました。何杯飲んだだろう。。
アペリティフ、白ワイン×2、赤ワイン、フロマージュ用のソーテルヌとマール酒。
6杯ぐらいか。。ソーテルヌとマールはハーフだったけど。
そのせいか、手元が狂ってクロスにコーヒーをこぼしてしまいました。。。
すみませんでした。


前にディナーを食べたときには、一大叙事詩だと思ったのだけど、今回もそんなかんじ。
スペクタクルなディナーな印象。
繰り返しになりますが、この料理を考えたり、作ったりする手間ひまを考えたら、私の心は感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。
レストランだから料理代は払うけど、ある程度以上は、金銭的なことを越えた「気持ち」がないと、できないこと。
その気持ちがうれしいし、感謝と尊敬です。
シェフの熱心さに引っ張られるように、ソムリエさん、その他の給仕さんたちも、おそらく厨房の料理人の方々も、一生懸命です。
こちらでご馳走になると、自分も仕事頑張らなきゃなといつも思います。
ブログにアップするのも、軽い小旅行みたいなかんじでした。


レストランの記録




以下、与太話。。。

食べ物のこととは関係なしです。


最近の世の中、何かというとお金。
テレビを見ていても、1980年代のバブルや、その後のITバブルのときほどではないけど、お金を稼ぐほど偉いとされてもてはやされてるとか、そんなものばかりが目に付く。
しかし、そんなことで世の中きちんと回っていくのだろうか。

実は回ってないんじゃないか。

そういう価値観から、抜けてないから、日本はこんなに長い間、不景気なんじゃないかっていう気もする。

日常的な簡単な工事でも、職人さんに頼むと、一生懸命、きちんとやってくれたり、料金も良心的だったりすると、すごくうれしい。
逆に、必要もないものしつこく売りつけてくるセールスの電話。非常に腹立たしい。
賞味の「価値」を生み出してなくても、金儲けすれば良いのだという風潮がいかんと思う。

もっとお金にならないものとか、金儲けを超えたところにあるものの価値を、評価していかないと、結局はめぐりめぐって、かえってみんなが貧しくなるんじゃないだろうか。
一生懸命にやってる人が報われる世の中でなきゃいけないはずだと思う。





コメント

ため息が出ました

素晴らしですね…どのお料理も”うわ~”って見入りました。
白いお皿がキャンパスになり芸術が描かれているようでした。
シェフの方々の”想い”を感じますよね。
コーヒーカップも素敵です。

ここからOff話ですが
”豊かさ”と”便利”をはき違えた世の中ですよね。確かにバブルの時は「お金=権力・地位・想い…」だったように思います。時間をお金で買いたいと思うほど働いていた企業戦士の方も多かったでしょう。
”豊かな心”をもった古き良き日本の伝統を大切にしたいものです。

bettyさん、こんにちは

楽しんでいただけてよかったです(^-^)

豊かな心、大切ですね。私も心がけたいと思います。。。

うわぁ~

これがディナーですかぁ~~、どのお皿も芸術です~。すごいなぁ。
んんんん~~~ん、いつか食べてみたいっ!
強く願ってみよう~~っと。夢はきっと叶うはず!(笑)

pepe犬さん、こんばんは

お久しぶりです~。
こちらのお店、きっと「また」夢はかなうとおもいますよ(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2762-086c2392