スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京恵比寿のイタリア料理店「ALMA」で冬のアンコウの夕食(渋谷区東、渋谷東、イタリアンレストラン、居酒屋、アルマ) 




前回行ったときにメニューにあって気になっていたアンコウを食べようと、再訪してみました。この日は1月で、アンコウは11~2月が旬なので、ちょうどよかった。

お店情報
東京都渋谷区東3-15-6 百百代ビル
tel:03-5468-5737
18:00~深夜2:00
定休月曜日
お店のHP経営母体のHP


食べログ
Yahooグルメ
livedoorグルメ
Alike.jp
レストラン・ニュース
BIGLOBE旅行


過去の日記
筍、三元豚、金目鯛
蝦夷鹿とポルチーニ茸


アンコウについてはこちら
Wikipedia
市場魚介類図鑑


いわゆる「アンコウの七つ道具」は、次のとおり(参考:Wikipedia
トモ(ヒレ):両腕。付け根の食感が良い。
カワ(皮):コラーゲンたっぷり。とも酢が代表的な一品料理。
えら:普通の魚においてはエラは食べないが、アンコウ鍋には入っている。
キモ(肝):別名アンキモ。アンコウの代表的な部位。「海のフォアグラ」。
水袋(胃袋):入り口に上下各2か所、丸呑みにした魚に逃げられないよう「返し」がある。
ヌノ(卵巣):平板状のためにそう呼ばれる。
台身:アンコウの身の部分。白身で淡白。





白ワイン



2008
LANGHE
DENOMINAZIONE DI ORIGINE CONTROLLATA
CHARDONNAY
AMPELIO
IMBOTTIGLIATO DA FONTANAFREDDA s.r.l - SERRALUNGA D'ALBA
FONTANAFREDDA

フォンタナフレッダのシャルドネ
レモンやパイナップルのニュアンス。
(甘3/5、酸3-4/5、苦0/5、刺0/5、果4/5、渋-)
☆☆☆☆++
コクがあり、良い感じの旨み。
なんとなく、ムルソーっぽいかんじも。


過去のフォンタナフレッダの日記:
バローロ2000
バルバレスコ2000
バローロ2000
バローロ2000
ガヴィ2007




1皿目



ホワイトアスパラガスのレモン風味(手打ちタリオリーニ)1,680円をハーフで。


アップで…



レモンの風味がさわやかでアスパラが新鮮なかんじ。
☆☆☆☆++
白ワインともぴったり。



2皿目



東北宮城産アンコウのロースト、その七つ道具のソーセージ 1,980円。
藤田シェフのスペシャリテとのことです。




白いのはアンコウのテールとのことだったと思うのだけど、
ふっくら、ふんわり、香ばしく焼いてあり、とても美味でした。
さっぱりしてる印象。

奥の焼き色のきれいなのは、アンコウのソーセージで、ふんわり。
中にいろいろな部位が入っていて、アンコウを堪能できます。

今回の白ワインともベストマッチ。

☆☆☆☆☆



3皿目



北海道産タラほほ肉のブルギニョンバター焼き1,280円をハーフ。




これもとても美味しかった。
☆☆☆☆



デザート



イチゴのタルト700円。
☆☆☆☆+




カウンター席のお隣のカップルの女性が、このデザートを見て歓声を
あげていていました(笑)




エスプレッソ



280円。これも美味しいエスプレッソでした。
☆☆☆☆++




以上で、合計8,020円でした。白ワインが良かったので2~3杯飲みました。
ハーフのは元の値段×1/2して10円台は切り上げだったと思います。


この夜も大満足。。。ご馳走さまでした。

☆☆☆☆☆



レストランの記録





コメント

アンコウ

和食じゃなくイタリアンで見るのは初めてです。和食だとちょっと淡白で
鍋だと特にポンズで味も単調だけど、
イタリアンになったら想像するだけで
おいしそうです。
焼き目がとてもいいですね~~

rokogirlさん

なかなか良かったですよ。
次に東京に行くときには、ぜひお試しください~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2718-ffce3fcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。