スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷の「ロクシタン・カフェ」でランチ(L'OCCITANE CAFE、フランス料理、南仏、プロヴァンス、フレンチ) 




その日はなぜかわかりませんが、「プロヴァンス」な気分だったので(笑)、「プロヴァンス」と「渋谷」で検索したところ、「ロクシタン・カフェ」がかかり、早速行ってみることに…。



お店情報
東京都渋谷区道玄坂2-3-1 渋谷駅前ビル2-3階
tel:03-5428-1563
10:00-23:00(LO22:00)
HP
ロクシタンのHP



食べログ
livedoorグルメ



店構え



スクランブル交差点の井の頭線よりのコーナーのビルにあります。
1階が化粧品だかなんだかのお店で、2階がカフェ。





店内




窓からはこんな眺め…



スクランブル交差点ですが、左のほうに、うなぎ屋の「松川渋谷店」さんや、フルーツパーラー「渋谷西村」などがあります。

スクランブル交差点のところには、歩きタバコ禁止ということで、喫煙コーナーがあるのだけど、コーナーにとどまらず、そのまわりにまで広がって吸うものだから近くを通るだけで煙い。本当に迷惑な話です。

こんな人ごみの中でまで吸わずにいられないなんて、すでに病気ですね。ニコチン中毒はおそろしい。

ちなみに、ロクシタン・カフェは禁煙。


クロックムッシュにトマトの乗った「クロック・ロクシタン」950円と、牛ほほ肉のシチュー1,800円、赤ワインのグラス800円をオーダー。

いつの間にか、あんまりプロヴァンスっぽくなくなってるかも(^_^;)



赤ワイン



VENUS
DE PINCHINAT

プロヴァンスのオーガニックワインとのこと。
かろうじて、当初の目的を達成か…。

フルーティで少しフローラル。とろみはやや強め。
苦味はわるい苦味ではありませんでした。
(香3、甘3、酸4、苦1、渋3、刺0)
☆☆☆++









これが「クロック・ロクシタン」950円。
トマトがとてもよい感じで、美味しかった。
☆☆☆☆++


参考:「ル・カフェ・プリュス・アー」というお店のクロック・ムッシュ ⇒ 日記





牛ほほ肉のシチュー1,800円

これは普通に美味しいかんじ。
☆☆☆

しかし、この内容で、1,800円はちょっと高かったか…。

グラスの赤ワインは、ちょっと軽すぎて、このシチューにはいまいちだった。


以上、合計で3,550円。赤ワインと牛ほほ肉のシチューのマリアージュがいまいちで、欲求不満な感じなので、高く感じられてしまいました。牛肉の煮込みには、もう少ししっかりした赤ワインのほうが好みです。

「クロック・ロクシタン」が美味しかったので、それだけにしておけばよかった。



レストランの記録





コメント

このようなワインがあるのですね。。
クロック・ロクシタン&ヴィーナスv-254のマリアージュはいかがでしたか?

ヴィーナスさん、こんばんは。

あ~!そういえば、ヴィーナスさんと同じ名前のワインですね(笑)
クロック・ロクシタンは、あまりワインとあわせるのがぴんと来なかったので、単独でパクパクと食べてしまいました。

L'Occitaneがカフェまで出してるとは知らなかった!
元は石鹸屋さんだったはずなのに…
因みにL'Occitane cafeをフランスサイトで検索してみたら一つも見つかりませんでした(笑)
日本にしかないらしい…
クロックムッシューにトマトが乗ってるだけで950円ってちょっと高いですよね。
牛の頬肉は柔らかくて大好きです。
でも、パンの大きさと比べるとかなり小さな器で、これもちょっと高すぎだけど、場所代だから仕方がないのかな。

タヌ子さん、こんにちは

ロクシタンて有名なのですか~。
全く知りませんでした(笑)
クロックムッシュ自体が900円なので、トマト代は50円てことかな(笑)
東京は場所代が高いのですよね(>_<)

びっくり

ロクシタンがカフェをだしてたなんて初耳です。大好きなのでロクシタンファンをしては行かなきゃ~ってミーハー発言(^o^)
商品などは店内には全くなく?ですよね。

rokogirlさん、こんにちは

ロクシタン、やはり有名なのですね~。
私はまるで知りませんでした。
1階が普通の雑貨屋みたいなお店になっていて、2階がカフェなので、商品は1階に沢山あるみたいでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2701-ee715745
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。