赤坂の日本料理店「赤坂やげんぼり」で夕食(京料理、赤坂見附、会席料理、和食) 





主に京都で店舗展開されている「やげんぼり」の東京のお店に行ってみました。



お店情報
東京都港区赤坂3-19-5
tel:03-3582-2270
日祝休
やげんぼりグループのHP
赤坂店のHP



ぐるなび
食べログ(3.63pt、味3.79pt)
Yahooグルメ(口コミ1件)
livedoorグルメ(3.8pt)


前にお訪ねしてよかった京都祇園のうなぎ屋「う桶や う」さん(日記)も、こちらの系列店だそうです。



多店舗展開のお店は、イメージ的にやすかろうわるかろうという意見もあるようですが、食材の一括大量購入などのメリットもありますから、何事も一概にはいえません。





一ツ木通り



例によって、赤坂の一ツ木通りにくると、いつもこの歌がうかびます…。

「別れても好きな人」(goo音楽

ちょっぴり寂しい乃木坂、いつもの一ツ木通り
ここでさよならするわ、雨の夜だから♪

(スナップショットで、あまり良い写真でなくてすみません。)




やっぱり、わすれられ~ない♪
かわらぬ、やさしい言葉と♪
私をつつんでしまう~♪




「一ツ木通り」の名前は平安時代までさかのぼるのだそうです。
参考:商店街HP

このあたりだと、「ルシャレの台所」さん(日記)と、
「コート・ド・ルージュ」さん(日記)の日記があります。

ルシャレさんは美味しかったな~。

コート・ド・ルージュさんは帰りがけに覘いたら、
ロマネコンティがテイスティングで数万円とか、
看板が出ていました。びっくり・・・。


路地



一ツ木通りのアパホテルのあたりの路地を入ったところにあります。


店構え



お店の前だけ、かろうじてよく片付いていて、
柳があったり、良い雰囲気です。



テーブルセッティング





カウンター席の様子



カウンター席に通していただきました。

カウンターの向こう側が厨房(の一部)となっているのですが、
雑然としていて、あまり見た目美しいとはいえませんでした。

私は殆どいつも一人なので、カウンター席に通されることが多いのですが、
カウンター席もいろいろあり、向こう側が調理場になっているお店とそうでない
お店があります。

コースで一万円ぐらいとる価格帯のお店では、調理場になっているときにも、
いわゆる接客に重点をおいた花板さんがいたり、カウンターから見えるのは、
お造りや盛り付けなどの作業や、見るからにおいしそうな炭火焼のみで、
ややこしいのは奥のほうでやっているお店が多いわけですが、こちらのお店は、
調理場の何分の一かをそのままもってきたようなことになっていました。



「新春おまかせ献立」の真ん中の月のコース10,000円と、
日の出盛り1,500円/1.5合を熱燗でオーダー。


箸染め



「ぐじ蕪蒸し、芽甘草、銀あん掛け、水わさび」

芽甘草は野萱草の若芽だそうです ⇒ 新紙浅
慈姑(くわい)と同じく、芽が出ることから縁起物として、正月に使われるようです。

銀あんが良い味でした。
☆☆☆☆


前肴



「車海老、押し寿し、柚子釜、針魚なます、紅梅長芋、数の子」

針魚は「はりよ」(トゲウオ科の淡水魚)の意味もありますが、
ここでは細魚(サヨリ)の別名。

車海老の押し寿しは、作り置きのような味 ☆☆++
柚子釜の針魚なますは良い味でした ☆☆☆☆+
長芋は普通 ☆☆☆
数の子はありがちな臭みはなく美味しかった ☆☆☆☆+

そんなにわるくはなかったですが、この値段なら、もっと作りこんだものを
期待したいところです。



座附き椀



「宝船 うずら丸、あられ麩、亀甲芋、日の出人参、芽かぶら、口、松葉ゆず」
とのこと。




出汁がかなりしっかりしていて、強い旨みがあり、美味しかった。
昆布の宝船も、美味しかった。
☆☆☆☆++

お椀ももっと深みのある感じのものとか、時間的にうつりゆくものとか、
いろいろ好みはあると思いますが、これはこれでよかったと思います。
ストレートに旨かった。



向付け



「近海まぐろ、ひらめ、烏賊、紅白妻、花穂、山葵、土佐醤油」

ウニはとても美味しかったけど、少し明礬を感じました
☆☆☆☆++
ひらめと烏賊は、甘みを感じて美味でした。
☆☆☆☆++
山葵も良い山葵でした。
☆☆☆☆+



たき合わせ



「寒竹の子、菜の花、木の芽」

筍は良い歯応えで、出汁もよく利いて大変美味でした。
☆☆☆☆+



凌ぎ



からすみ餅




小さい炭火焼きのコンロが、とても気が利いていてうれしい。
☆☆☆☆++


焼物



「天然鯛塩焼き、蕗みそ、はじかみ」

☆☆☆☆++

ふっくら、さっぱり、良い感じに焼けていました。



強肴



「富久刺し、薬味、すだち、芽ねぎ、ぽんず」

☆☆☆☆

美味しかったけど、盛り付けが少し雑な感じもしました。



食事



「若菜がゆ、京つけもの」

☆☆☆☆

山椒の風味のちりめんじゃこは自家製とのこと。



デザート



抹茶の氷とつぶ餡でした。

☆☆☆++

若葉がゆで、口の中が熱くなっていたので、心地よい氷でした。





以上、けしてわるくはなかったのですが、値段に対して感激するぐらいのものが少なかったという印象が残りました。一つ一つのお料理も、トータル一万円ぐらいなら、もうひと頑張り作りこんでいてほしいところ。カウンター席の環境も、すっきり美しいとはいえない。


そんなこんなで、お店のお気に入り度は
☆☆☆

普通なかんじでした。



レストランの記録






コメント

こんにちは。
新年らしい縁起物が多かったですね。
いつも行かれてる店がよすぎるから物足りなく感じるのではないですか。
私もいつかWに連れていってください。

  • [2010/01/28 20:50]
  • URL |
  • グルメファイター
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

グルメファイターさん、こんばんは

そうですね。。値段も違うのでそのまんま比較してはいけないとは思うのですけど。。ついつい比較してしまいますね(笑)
Wは機会がありましたらぜひ~(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2697-9df83055