東京広尾の日本料理店「分とく山」で十二月初旬の夕食(和食、日本料理、麻布) 

20091204_02_HirooWaketokuyama18


分とく山さんの12月初旬のお料理の記録です。

20091204_02_HirooWaketokuyama01 1皿目
鴨の白菜鍋。




20091204_02_HirooWaketokuyama02 熱々の鍋に胡椒をぱらっと。

寒い中をきたので、まず最初に身体の温まるもの、という心遣いと思います。
☆☆☆☆++

鴨肉は普通のかんじ。
うどんのようなものは、コンニャクだったと思います。




20091204_02_HirooWaketokuyama03 2皿目
黒米、松葉蟹、イクラ、山芋、高麗人参、姫鮑、栗の松風。




20091204_02_HirooWaketokuyama04 黒米(古代米)は分とく山さんではおなじみ。
花野食品
ぷちぷちっと歯応えが良く、もっちり感もあり美味。
上の松葉蟹はふんわりで、ほんのり良い旨み。



20091204_02_HirooWaketokuyama05 真ん中の細長いのが高麗人参。ほっくりと出来ていました。
右の四角いのが栗の松風。緑色のが姫鮑の香味揚げでしっくり良い歯応え。

内容が豊富な2皿目でした。
☆☆☆☆☆




20091204_02_HirooWaketokuyama06 3皿目
お椀は、椎茸、蒟蒻、ちしゃとう、牛蒡、白味噌、酒粕、鮭、柚子風味。
深い味わいでとても美味しかった。
☆☆☆☆++




20091204_02_HirooWaketokuyama07 4皿目
お造りは、平目、赤貝、ウニ、蒟蒻、水前寺海苔、湯葉。
平目 ☆☆☆☆+
赤貝 ☆☆☆☆
ウニ ☆☆☆☆
山葵 ☆☆☆☆




20091204_02_HirooWaketokuyama08 5皿目
鮑の磯焼き。
肝のソースの旨みと海苔の風味が豊か。
☆☆☆☆++
毎回出していただく分とく山さんのスペシャリテですが、今回のが今までで一番美味しかったような気がします。
野崎さんにそう言ったところ、自然のものなので、個体差のためだろうとのことでした。




20091204_02_HirooWaketokuyama09 6皿目
組み肴




20091204_02_HirooWaketokuyama10 紅葉の下は蛤、小松菜。右のはナマコ。




20091204_02_HirooWaketokuyama11 クレープ巻きの中は鶏肉。




20091204_02_HirooWaketokuyama12 うなぎの粟麩巻きと帆立。

うなぎのふんわり感と、粟麩のもっちり感がしっくりしていて、味もとてもよかった。
粟麩についてはこちら
京生麩
組み肴も内容が豊富で美味。
☆☆☆☆☆
一つ一つとても手がかかっていて、ありがたいと思いました。




20091204_02_HirooWaketokuyama13 7皿目
すっぽんとフカヒレの土瓶蒸し。




20091204_02_HirooWaketokuyama14 ワケギと白玉が入っています。




20091204_02_HirooWaketokuyama15 フカヒレがとてもきれいでした。

すっぽんの旨みもよかった。

☆☆☆☆☆




20091204_02_HirooWaketokuyama16 8皿目
お食事は、シメジの炊き込みご飯。




20091204_02_HirooWaketokuyama17 いつものように香の物と味噌汁、ほうじ茶。




20091204_02_HirooWaketokuyama18 柚子の風味も豊かで美味しかった。
☆☆☆++

さらに残りを折りにしていただいて、次の日の朝に食べたら、これがまたものすごく良かった。
☆☆☆☆☆

味が馴染むというのでしょうか。




20091204_02_HirooWaketokuyama19 9皿目
デザートは和風のチーズケーキ。
栗の水煮と柿。
☆☆☆☆☆





今回は二階席だったのですが、後半、野崎さんが上がってこられて、お忙しいところ一時間ぐらいお相手してくださいました(感謝)。
その間、いろいろと有意義なお話を聞くことができました。



お店情報
tel:03-5789-3838
東京都港区南麻布5-1-5


食べログ
Yahooグルメ
livedoorグルメ


過去の分とく山さんの日記
正月の料理
ふぐの料理
竹の子の料理
六月の夕食
七月の夕食
八月の夕食
十一月の夕食




レストランの記録




コメント

今回も素敵!

すっぽんとふかひれの組み合わせ最高だなぁ~~!肌もつるつるになりそう。
シメジの炊き込みご飯の翌日のを
食べたい。想像しちゃいます。
お椀もいいな~

rokogirlさん

ほんとに、炊込みご飯は翌日のほうが美味しくなりますよね。。
せっかくだから、当日のももっと美味しく食べたいと思うのだけど、炊いてから少し放置しておいてもらったらよいのかな~。
お茶碗によそってもらってから、よく冷ましてから食べると良いのだろうか。。

うおぉ!

私も「今回の鮑は今までの中で1番美味しい!」と言えるくらいこのお店を訪ねたいっ!(笑)
今回も目でも楽しませていただきました。
本当にすばらしい。
そして野崎さんと1時間も話せるなんて~~、すごいことかも!

pepe犬さん、こんばんは

気に入っていただけましたか~。
今度東京に来られるときには、代官山のボキューズのお店と、こちらですね(笑)
代官山ののほうは、リヨンの総本山と比べてみていただきたいです。。

野崎さんは、お忙しいでしょうに、私なんぞの相手を、よくしてくださいました。
料理の写真をとっているので、それをお見せして、これはどうやって作るのですか?なんてこともたずねたりしています(笑)
今回はお料理のことよりも、社会のことや時事のことのお話が多かったです。
いろんなことを考えていらっしゃって、なるほどと思うことも多々ありました。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2669-7a93c863