スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代官山のフランス料理店「メゾン・ポール・ボキューズ」で12月上旬のランチ(恵比寿、渋谷、フレンチレストラン、東横線、イトヨリのポワレ) 

20091204_01_DaikanyamaMPB05


今回はかなり豪華バージョンのランチをいただきました。
どれも美しい料理でしたが、とくに見所はスペシャリテのイトヨリのポワレです。



白ワイン

20091204_01_DaikanyamaMPB01

claudie JC jobard
Rully
LA FOLIE
Appellation Rully controlee
2005

前にいただいたRullyの赤ワイン(日記)と同じ製造者のもの。
グラスで1,200円。

洋梨やリンゴのニュアンス。
(甘3-4、酸3-4、苦0、渋-、果4-5、刺0)
☆☆☆☆++



アミューズ・ブーシュ

20091204_01_DaikanyamaMPB02

栗かぼちゃのスープ、白トリュフ。


20091204_01_DaikanyamaMPB03

きれいな黄色。栗かぼちゃの甘みと白トリュフの風味。
☆☆☆☆☆

白トリュフはアルバ産とのこと。
季節柄白トリュフを食べたいと思っていたので、ちょうどよかった。
フランス料理店で出していただけるとは思っていませんでした。
これも感謝です。


前菜

20091204_01_DaikanyamaMPB04

「軽く燻製をかけたサーモンマリネ ジャガイモのムース
シャンパン風味のジュレとレフォールのクリームと共に」

表面を軽く燻製にしたサーモンはタスマニア産とのこと。
上にのっているのはディルではなくて、ういきょう(フェンネル)とのこと
だったと思います。レフォール(raifort)は西洋山葵(horseradish)。
しかし殆ど辛さは感じませんでした。
赤いアクセントはピンクペッパー。


きれいなのでアップで…

20091204_01_DaikanyamaMPB05

下に敷いてあるジャガイモのムースは舌触りが滑らか。
サーモンにはよい感じのうまみ、甘みがあります。
シャンパーニュのジュレも風味豊か。

☆☆☆☆☆

味もさることながら、見た目も輝くようで美しい。



魚料理

20091204_01_DaikanyamaMPB07

「イトヨリのポワレ ジャガイモのクリスティヤン ウロコ仕立て」
(Rouget en ecailles de pommes de terre croustillantes.)
これはメゾン・ポール・ボキューズのスペシャリテだそうです。

クリスティヤンというのは、"croustillant"というスペルの形容詞で、
ビスケットなどの「カリカリっとした」という意味。
「クルスティヤン」という発音が原語に近いようです。

パイの中身はアンチョビ。


見事なのでアップで…

20091204_01_DaikanyamaMPB08

ジャガイモで作ったウロコがかりっとサクサクで良い食感。
白ワインと魚の出汁をベースとした良い味のソースは、濃いめの味で横に
添えられているので、自分の好みで、味を調節することができます。
模様は赤ワインとのこと。

イトヨリはソースなしで食べても美味しいぐらいで、
ほんのり甘みがありました。

☆☆☆☆☆


これはアラカルトなら6,000円だそうです。
アラカルトのときのポーションはもっと大きいかもしれません。

イトヨリについてはこちら
市場魚介図鑑

イトヨリの旬は産卵後の秋~冬だそうです。



赤ワイン

20091204_01_DaikanyamaMPB09

CHATEAU LANESSAN
HAUT-MEDOC
2004
DELBOS-BOUTEILLER
MIS EN BOUTEILLE AU CHATEAU
APPELLATION HAUT-MEDOC CONTROLEE

ボルドーのシャトー・ラネッサン 2004
シャトー・ラネッサンは前に飲んで美味しかった覚えがあります
日記1日記2)。
やまやさんでも見かけます。グラスで1,800円。

凝縮感十分で、少しフローラルな香り。
タンニンが滑らかで、ほどよい酸味と重厚感。
(甘2、酸3、苦0、渋3-4、果4、刺0)
☆☆☆☆++


肉料理

20091204_01_DaikanyamaMPB10

「仔羊肉とフォアグラ・トリュフのフイュテ
ほろ苦いパセリのクーリーとペリゴール風ソース」

フイュテ(feuilleté)というのは、形容詞で「薄片になった」、
男性名詞ではパイ菓子のことです。


これもアップで…

20091204_01_DaikanyamaMPB11

パイを切るとじゅわっと肉汁が出てきます。
上品な風味にできあがっていました。
☆☆☆☆++

ペリゴール風ソースは、郷土料理っぽい濃い味。


20091204_01_DaikanyamaMPB12

サラダがついていました。

サラダは前に広尾のお店「ル・カフェ・プリュス・アー」(日記)で食べたのを思い出しました。
そのときは、ドレッシングがよくからんでいて感心したのだけど、
今回のもわりとよかった。



デセール

20091204_01_DaikanyamaMPB13

「マロンのヴァリエーション:温かいタルトレットとアイスクリーム
爽やかなリンゴのコンポートとそのジュレ添え」

☆☆☆☆☆

温かいのと冷たいのとのコンビネーションが好きです。


20091204_01_DaikanyamaMPB14

マロンのタルトレット


20091204_01_DaikanyamaMPB15

アイスクリーム
ブランデーの風味があり、マロングラッセをアイスにしたようなかんじ。


20091204_01_DaikanyamaMPB16

リンゴのコンポートとジュレ
リンゴは紅玉を使われているとのこと。


20091204_01_DaikanyamaMPB17

カプチーノ

前回美味しかったので、今回もカプチーノで。
やはり美味しかった。




今回は前回と食材が似ていたので、いつもお世話になるソムリエさんとご相談して、シェフにも了承していただいて、標準のコースから、魚料理、肉料理、デセールの置き換えをさせていただきました。そうしたら、ランチとは思われない豪華バージョンのコースに。。。値段も抑え気味にしていただいて、心より感謝です。


次はいつ行けるかな~。また行きたいな~。。



お店情報
東京都渋谷区猿楽町17-16代官山フォーラムB1F
tel:03-5458-6324
お店HP

食べログ
Yahooグルメ
livedoorグルメ


過去のメゾン ポールボキューズの日記
1月のランチ(真鱈のブールノワゼットソース/ソーテルヌ)
6月のランチ(白アスパラガス/鴨/クレームブリュレ)
8月のランチ(イサキ/穴子/鴨)
10月下旬のランチ(ホロホロ鳥/洋梨のフランベ・ベル・エレーヌ風)



レストランの記録





コメント

相変わらず美味しそうなものを召し上がっていて羨ましい限りです。
生トリュフが食べられて良かったですね。
以前お魚にポテトを鱗のようにつけて焼いてみたんですが、カリッとした感じにならず、今一でした。
こんなにこんがりと焦げ付かせずに焼くのはかなり難しそうです。
流石プロ!

タヌ子さん、こんにちは

ポテトは別に作って、付けて焼きましたか?
たぶん、薄いプレート状のを焼いて作り、うろこ型にして、一枚一枚魚に付け、それからオーブンで焼くという手順ではないかと・・・。
詳細は秘伝かな~(笑)

スペシャリテ

ぜひ食べてみたいです。うろこが作ってあるんですね~素晴らしいです。
いつも行かれる美しいフレンチも好きですが、ここの見た目はシンプルだけどおいしさが詰まってるのがわかるフレンチも好きですv-238

昨日ボキューズでランチしようか迷ったけどまだフレンチは病み上がりで無理かなぁとパスタにしました(あまり変わらないかな?笑)

東京に2泊でいいからしてdayさんのいきつけのお店をいくつか行ってみたいなぁ。

rokogirlさん

2泊といわず、もっといてください(笑)
病み上がりでもフレンチのコース料理を考えるところがすごいです(笑)
沢山食べて、早く回復してくださいね。。
こちらのお店は、少なくとも今のシェフとソムリエさんがいる間は通いたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2666-e7cfa34c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。