鎌倉の日本料理店「とうふ懐石 ひさご亭」でランチ(和食、日本料理、神奈川) 

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei15


鎌倉に紅葉を見に行ったとき、お昼ご飯を予約せずに行ったので、その場でどこにしようかと「るるぶ」を見て探し、フレンチのいい感じのところにしようかと思ったのだけど満席で、そのページにある懐石料理のお店にすることにしました。

「るるぶ」によると、「江戸時代の料理書「豆腐百珍」を基本にした木綿豆腐を、相模湾産の魚貝類や鎌倉野菜などの季節の素材とともに・・・」と書いてあり、とくに、「江戸時代の料理書」というところに魅力を感じました。

もとは新宿にあった豆腐料理屋とのことで、32年前に鎌倉に移ったとのこと。

お店情報
とうふ懐石 ひさご亭
神奈川県鎌倉市小町3-8-7
tel:0467-24-1882
HP


Yahooグルメ
食べログ
BIGLOBE旅行





店構え

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei01

一見、普通の民家のようで、拍子抜けしますが、
最近よく見かける言葉で書けば「隠れ家」的。


店内

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei02

入口の付近の待合のための椅子から。



お昼のとうふ懐石(コース料理)は、税サ込で、

松膳 4,389円
萩膳 5,775円
竹膳 7,507円
梅膳 9,817円(要予約)


面白いのは、多くのお店では「松竹梅」といえば、グレードが高い順に「松」、「竹」、「梅」だと思うのだけど、こちらのお店では、逆の順番で、「梅」が最高のグレード。

松膳と萩膳は、コースとはいえ、いわゆるお弁当で、あとからお食事とデザートが出てくるもので、竹膳と梅膳が一皿ずつ出てくるコース料理となっています。

竹膳の場合、出来ているものを順番に出すだけなのか、一皿ずつ料理してから出してくれるのか、尋ねると一皿ずつとのこと。せっかくなので、竹膳をいただくことにしました。

日本酒の熱燗1合735円もオーダー。



前菜

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei03

イクラ豆腐、とこぶし、胡麻豆腐、梨と菊の花、豆乳、銀杏。


イクラ豆腐はとても美味しかった。
☆☆☆☆

とこぶしは、写真の中央に隠れている小さい鮑に似た貝のことですが、
これは普通に美味しかった。
☆☆☆
Wikipedia日記「吉兆西洋店」

梨と菊の花の酢の物は、歯応えもよく、さわやかで美味。
☆☆☆☆

温かい胡麻豆腐も大変美味でした。
☆☆☆☆

豆乳も美味しい豆乳でした。
☆☆☆☆


総じて、前菜はとても美味しく、十分によかった。
☆☆☆☆



日本酒

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei04

お酒は新潟県高の井酒造の「梅の舞」特別本醸造。
メニューによると、新潟県内のみで販売とのこと。
高の井酒造の商品紹介HP

ぴり辛で甘みあり、さわやかな印象。
HPによると「中味」。

この徳利は、ありがちなひょうたん型で、絵柄も無く、つるんとして見えますが、
中がたっぷり入っているときは、注ぐと「こっこっこっこっこっこ」と音が鳴る
のが良く、風流です。



向付け

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei05

向付けはお造り。鯛、鮪、生湯葉、帆立。
ポン酢醤油と、普通の醤油の二種類がついています。


20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei06

生湯葉はコリっとするタイプの固さのあるもので、弾力はありませんでした。
☆☆☆☆

鯛は甘みあり、筋の残らない、若干柔らかめのもので、大変美味でした。
☆☆☆☆++

帆立は、口の中に少し臭みが残るものでしたが、甘みがありました。
☆☆☆

鮪は普通に良かった。甘み、旨みがあり、これも大変美味でした。
☆☆☆☆+


総じて、お造りは最高とまではいかないけど、割合良かったと思う。
☆☆☆☆


生湯葉はもっちりなタイプが私は好み。鮪は良かったけど、小さく切りすぎな感じも。
帆立は冷凍なのかもしれませんが、値段と地理を考えると仕方ないのかも。
山葵はきれいな色のもので、美味しかったです。



お椀

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei07

生湯葉と茸のお吸い物で、良い出汁が利いて大変美しい味でした。
☆☆☆☆++

口にすると、あの、時間的に変化していく感じがありました。



煮物

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei08

蓮根餅の湯葉包み、中に海老。

これも良い味で旨かった。
☆☆☆☆

ただ、こんなにたっぷりの餡が要るものだろうか。
残せば良いのだろうが、食べ物を残すのには心理的な抵抗がある。


このあたりからテーブルの上に二つずつ料理がだぶるようになりました。



焼物

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei09

鰤の照焼きと柚子味噌田楽、蕪。

鰤は、鰤にありがちな身の固さが少なく、わりとしっとり感があり、
脂が乗っていて良い甘みを感じました。
☆☆☆☆++
とてもよい味でした。

柚子味噌田楽もとても美味でした。
☆☆☆☆



強肴

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei10

ローストビーフ、数の子、椎茸の白和え、角煮、青梅。

ローストビーフは普通に美味しかった。☆☆☆+
数の子、椎茸、角煮も普通に美味しいぐらい。☆☆☆
青梅はジューシーに出来ていて美味。☆☆☆☆

なお、ここでの☆の数は、「普通の青梅」を☆3つにしての、☆4つという
「相対評価」ではなく、私個人のお気に入り度の「絶対評価」。
普通に美味しいで☆3つ、とても美味しいで☆4つ。

強肴は、お吸い物と焼物のレベルの高さに比べて、正直少しレベルが低いと
思いました。酒の肴になりそうなものというわけでもなく、このコースの中での
必要性に、少し疑問。なくして、その分値段が安いほうがうれしいぐらい。


なぜかここで、約20分もの時間の空きが。
観光に来ているのに、20分は大きい。

写真のタイムスタンプがあるから、誇張ではありません。

あまりに待たされるので、暇なのでトイレに行ったりしていました(>_<)



揚げ物

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei11

茄子と湯葉の揚げ物。

湯葉の揚げ物の中には挽肉とネギ。

かりっと美味しく揚がっていて大変美味でした。
☆☆☆☆


お食事

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei12

茸の炊き込みご飯と味噌汁。
香の物と、昆布がついていました。


20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei13

炊き込みご飯はお替りできます。
普通な感じでしたが、十分に美味でした。
☆☆☆☆

味噌汁もとても美味でした。
☆☆☆☆



デザート

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei17

デザートは抹茶アイスに、栗を芋で包んだもの。
芋は紫芋と普通のさつま芋。

抹茶アイスは豆乳を使ったもので、普通に美味。
☆☆☆

栗と芋のも美味でした。
☆☆☆++


デザートの内容は物足りないと思いました。



再び店内

20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei16

これは私の隣のテーブル席。

なかなか情緒のある、テーブルと椅子、窓です。


20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei14

窓からは紅葉も。


20091206_05_KamakuraTofuKaisekiHisagotei15

窓が大きくて明るいのも良いし、お庭が見えるのも良い。




以上で、コースの竹膳7,507円と日本酒735円で、合計8,242円。

最初から税サ込みの値段で分かりやすい。他のお店も真似してほしいと思います。


料理は殆どがとても美味しく、よく出来ていました。とくにお椀(お吸い物)と焼物は、レベルが高いという印象。しかし、感激できるほどのものが無かったのも事実。この価格帯のお店で感激できないのは辛い。内容も作りこんでいるイメージのものがあまりなく、その意味でも、この値段でお得だったとは言いにくい。


接客は、三名の仲居さんがかわるがわる料理を運んで来てくれましたが、仲居さん自体は良かったのだけど、厨房との意思の疎通がわるいのか、料理の出てくるタイミングがガタガタで、せかされる感じはするは、料理は少し冷めるは、時間は無駄になるはで、非常に印象がわるかった。最初から最後まで、「ちょうど良いタイミングで、料理を出すということが無いお店だ」という印象をもちました。


などなど、プラスマイナス相殺して、お店のお気に入り度は、

☆☆++


料理のタイミングのことは、お店固有の問題かわからないので、そんなに大きくは差し引いていません。料理については、値段も考慮して、☆3(普通)ぐらい。



レトストランの記録




以下、料理の出てくるタイミングがどんな感じだったのかについてです。関心の無い方はスルーしてください。

どのぐらいガタガタだったかというと、お椀と煮物、煮物と焼物、焼物と強い肴がテーブルの上でダブり、次の揚げ物が出てくるまでには20分もの時間がかかるというぐあい。アクセル踏みすぎるか、エンジンストップするかで、あまりに両極端すぎました。

しかも、早すぎる一方なら、まだ、その分観光の時間が沢山とれてめでたいと、心の中で「合理化」出来るのだけど、余分な20分待ちで、それも吹っ飛ぶから、早すぎるのと待たされすぎるのとの、良いとこ取りならぬ、悪いところ取りで、よくない印象だけが残ってしまいます。

最初にコースを選ぶときに、「一時間半ぐらいで食べられますよね?」と尋ねたら、仲居さんが「急がせますね」と言って去って行ったのだけど、たぶん厨房の方ではそれに過剰反応して、やたら急いだのだと思います。そんなに急がなくても、普通の早さで出せば、一時間半ぐらいなものなのだけど。

次にはテーブルの上で皿が三回ダブったとき、仲居さんが「早すぎますね」と言って、厨房に伝えると言って去って行ったのだけど、多分厨房は、それにも過剰反応して今度は20分待ちということになったのだと思います。厨房に言わせれば、「待てと言われたから待った」ということになるのか?「待て」ってどういう伝わり方したんだか。。

しかし、ここまでくると、「厨房の悪意」すら感じます。『せかす客には、極端に早くだしてやれ』とか、ゆっくりと言われると今度は『極端に遅くしてやれ』とか。

ちなみに、隣のテーブル席のご夫婦の奥さんも、「デザートを持ってきてと三回も言っているのにまだなの?」といって、かなり怒って言っていました。

ランチタイムだし、相部屋とはいえ個室だから目が行き届かず、多少のことは仕方ないと思うのだけど、社員食堂並みの混雑したお店というわけではないのだから、普通に出来ないわけはないと思う。8,000円も出すランチで、この体たらくとは(>_<) 正直、半分ぐらい返してほしい気分でした。

もし、このお店に再び行くことがあれば、一番最初に、「普通の早さで一定のテンポで料理を出してください。テーブルの上に料理がダブらないようにしてください。」と釘をさしておこうと思います。







コメント

納得!

このお値段出してお料理がダブルってあまり経験したことないです。
和食の料理人とか結構意地悪するとか
働いてた人から聞いたことありますが・・。
るるぶに載ってるお店私もえ~?ってお店に当たることもわりとあります。
出すタイミングって大事ですよね。
ほんと半額返して欲しい(*_*)

rokogirlさん

そうなんですよー(>_<)
下げてから持ってくれば良いだけなのですけどね~。
仲居さんたちは感じよかったけど。。
きっと板場と仲居さんの意思の疎通がよくないのだと思います。
せっかく美味しい料理作るのにね。。
「懐石」の名が泣くと思います。。。

食事に付いて

私もこの間食べに行きました。やはり遅く出たりでやになりました。鎌倉野菜と言っていたけどこの間偶然にもコストコで沢山の買いもをしてるのを見てもう行きたくなくなりましたね鎌倉野菜を使用と言っていましたが、分かりませんよね!

グルグルさん、こんにちは

同じようなことでしたか。。
ちょっと残念でしたね。。
鎌倉野菜使用は知らなかったです。
コストコで見かけたのですね。。。
食べ物屋さんが近所のスーパーとかで買い物してるの見ると、なぜか、がっかりしてしまいますね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2658-4d05e6ee