あるフランス料理店のランチ(11月、のどぐろ、茸、鴨) 

20091102_01_LRM13


写真25枚でたぶん重たいと思います。



店内

20091102_01_LRM02

いつもと逆側の席。



アペリティフ

20091102_01_LRM01

VINTAGE
1999 CHAMPAGNE 1999
Canard-Duchene
FONDE EN 1868
FRANCE
MAISON FONDEE A LUDES EN 1868

カナール・デュシェーヌ
輸入者:日仏貿易(株)

いつもはアペリティフは飲まないのだけど、この日は良いシャンパーニュが
入っているということで、いただきました。グラスで1,600円。
(香5、甘3-4、酸4、苦0、刺0、渋-、果4-5)
優しくふくよかでコクがあり、酸味すっきり。良い感じの旨み。
泡は十分に細かく、きれいな黄金色。トースト香は少なかった。



アミューズブーシュ

20091102_01_LRM03

海老の出汁のスープ、具に北海アサリ、インゲンのムース、サーモン。
手前の黒いソースは黒酢とアカシアの蜂蜜。
ムースは大変滑らか。全体に味のバランスが良く、美しいアミューズでした。



前菜用の赤ワイン

20091102_01_LRM04

Saint-Joseph
Les Larmes du Pere
2006
Alain Paret

シラーとグルナッシュ。
(香3、甘2、酸2、苦?、刺0、渋4、果4)
濃い赤黒。とろみやや強め。凝縮したベリーとオーク、少しカカオ。
単独では☆☆☆☆



前菜

20091102_01_LRM06

フォアグラと茸の前菜。
手長海老のラビオリ。
☆☆☆☆☆!

茸は金茸、ショウゲンジ、なめたけ、くりたけ。
手長海老、カダイフ、オゼイユ、コナラ。
トマトとバルサミコのソース、ガレット。

赤ワインともよく合いました。

前菜の一皿から、ものすごい手のかけ方なので、感謝を通り越して、尊敬します。



20091102_01_LRM07

これが多分キンタケ。

きのこ図鑑フォトライブラリー天然きのこ山菜きのこや

写真があるので、茸の通販をリンクしましたが、もし買うときは自己責任で。



20091102_01_LRM08

これは多分、ショウゲンジダケ
ふるさときのこ考きのこ図鑑

歯切れが良く、さわかで上品な味わいとのこと。


クリタケについてはこちら
きのこ一口メモ花図鑑きのこや

オゼイユは、蓼の一種で、ソーレルフレンチとも言う葉っぱ。
園芸ナビ ショッピングサーモンのオゼイユソースパリ生活日記



20091102_01_LRM09

ぱりぱりの衣がカダイフ。
カダイフは、トルコ由来の極細パスタ(日記

奥のはフォアグラをぱりっとした皮に包んでシガー状にして揚げたもの


20091102_01_LRM10

これも前菜の一部で、手長海老のラビオリの入った小さいスープ。
なめ茸はこれに入っています。



パン

20091102_01_LRM05

バゲットは、皮がカリっと、中身はもっちりな、理想的なバゲット。
バターも美味。



魚料理用の白ワイン

20091102_01_LRM11

2006
Domaine
J.M.Boillot
Puligny Montrachet
APPELLATION PULIGNY-MONTRACHET CONTROLEE
Mis en bouteille a la Propriete
JEAN-MARC BOILLOT
PROPRIETAIRE A POMMARD, COTE-D'OR, FRANCE

コクがあり、とても複雑な風味のある、プュリニィ・モンラッシェ
少し肉系の香りも。
(香4、甘4、酸2、苦0、刺0、渋-、果4-5)
☆☆☆☆☆



魚料理

20091102_01_LRM12

のどぐろ(あかむつ)、レモンバーベナ(ベルベーヌ)。
右下のは黒オリーブのピューレ。


アップで…

20091102_01_LRM13

☆☆☆☆☆!

白ワインともばっちり。

レモンバーベナについてはこちら
Wikipediaハーブ図鑑


あかむつは脂が良く乗っている魚なので、レモンバーベナの酸味で
うまい具合に中和されていました。



肉料理用の赤ワイン

20091102_01_LRM14

PROPRIETAIRE VITICULTEUR
ALC. 13,5% BY VOL NET CONTENTS 750 ML
PRODUCT OF FRANCE RED BURGUNDY WINE
Gevrey-Chambertin
1er Cru les Champeaux
APPELLATION GEVREY-CHAMBERTIN CONTROLEE
mis en bouteille a la propriete
E.A.R.L. PHILIPPE LECLERC
21220 Gevrey-Chambertin
Cote d'Or France

少し渋み強めの、ジュヴレ・シャンベルタン
(甘2、酸2、苦0、刺0、渋3-4、果4)
☆☆☆☆



肉料理

20091102_01_LRM15

シャラン産の鴨。紫のジャガイモ、蕪。
左下の緑色のは、隼人瓜(ハヤトウリ、センナリウリ)


アップで…

20091102_01_LRM16

ぷりっと良い歯応えを残す、健康でたくましいイメージの鴨。
赤ワインともよく合いました。
☆☆☆☆☆


ハヤトウリについてはこちら
隼人瓜Wikipedia


シャラン産の鴨肉は通販でも買えます 通販(楽天)で比較



フロマージュ用のお酒

20091102_01_LRM17

RATAFIA
de la Champagne
DISTILLERIE JEAN GOYARD
AY-FRANCE
700ml CLASSIC 18%vol

製造者:ゴヤール(創業1911年、Goyard, HP(音が鳴る))
輸入業者:出水商事株式会社

シャンパーニュ地方のラタフィア。

ラタフィアというのは、プラムの核やアーモンドなどで作るリキュール。

このラタフィアは、シャンパーニュ地方のスピリッツと葡萄の果汁から
作られているとのこと。




フロマージュ

20091102_01_LRM18

右下のはパルミジャーノ・レジャーノの珍しい6年もの。
(甘1、酸3、苦0、塩2、旨4、ミルク3)

上のとろけてるのはモンドール、左のブルーチーズはフルム・ダンベール



アヴァン・デセール

20091102_01_LRM19

金木犀のグラニテ、クチナシのジュレ、アカシアの蜂蜜
メロンのジュース

☆☆☆☆++



デセール

20091102_01_LRM20

梨のコンポート、メロンのソルベ、ジャスミンのクリーム。
☆☆☆☆++


きれいなので、梨のコンポートをアップで…

20091102_01_LRM21


中身はこんな…

20091102_01_LRM22



プティフール

20091102_01_LRM23

プティフールというよりは、二つ目のデセールというかんじ。
ほおづきとラベンダーのマカロン。

☆☆☆☆+


コーヒー

20091102_01_LRM24

☆☆☆



ハーブティ

20091102_01_LRM25

カモミール。




レストランの記録





コメント

すごい!

このお店、、、行きたいっ。。。(笑)
これがランチとは。。。すごい!
どのお皿も綺麗だし、おいしそう。。。

ラタフィアが気になりました。

pepe犬さん、こんばんは

そうなんですよー。
でもまた予約がとれなかった(>_<)
直前でないと予定がつかないので。。

まさに芸術ですね。
食べてしまうのが勿体ないくらい。
黒酢を買ったのは良いけれど、使い子なぜずそのまま放置してます。
蜂蜜と合わせてソースにすれば、バルサミコソース感覚で使えますね。
紫のジャガイモはこちらで青芋と呼ばれているもののようです。
ちょっと甘味とねっとり感があって美味しいですね。
モンドール、早く食べたいです。
今日も目でうっとりさせていただきましたが、実際に味わってうっとりしてみたい。

タヌ子さん、こんにちは

そうなんです。。食べてしまうのが勿体ない、でも食べたい。。なんです(笑)
黒酢と蜂蜜はなるほどですよね。
私も真似してみたいです。
ヨーロッパにも紫芋あるのですね。
いま少しパソコン不便で、ご返事遅くなりすみません。。

O(≧▽≦)O ワーイ♪

いつものお店ですよね?

素晴らしいです。ここのコースを
食べれたら幸せ指数マックスになると
思います。
梨のコンポートは何をイメージしているのでしょうね?

rokogirlさん、こんばんは

そうです~、いつものです~o(^-^)o
梨のコンポートはなんでしょう~?
あまり深く考えてはいけないかも(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2650-78026cfd