[チーズ] ポーターチーズ(カーヒルスポーター、カーヒルズ・ポーター、黒いマーブルのハードチーズ) 

20091005_cheeseCahillsPorter01


カーヒルス・ポーター(Cahill's Porter)


Traditional Cheese Handcrafted on the Family Farm
Cahill's
FARM
Original Irish
Porter Cheese
Vintage irish Cheese with Porter
200g e


商品名:オリジナル・アイリッシュ・ポーター・チーズ
(Original Irish Porter Cheese、カーヒルスポーター、カーヒルズポーター)
製造者:カーヒルズファーム(Cahill's Farm)
原材料:牛乳、黒ビール
タイプ:ハード
産地:アイルランド
法令:
生産時の形状と総重量:
製法:黒ビール「ポーター」をチェダーチーズに練り込む
熟成:
季節:
脂肪分:
販売元:
輸入元:
購入:2009/10/5、フランス料理店で(日記)。
日本のチーズ専門店での価格は3000円/300gぐらい。


合うもの:

歴史・特徴:1980年代に考案された。

名前の由来:カーヒル(Cahill)は、女性の人名マリオン・カーヒルから。
ポーター(Porter)は、イギリスの伝統の黒ビール(「ギネスを楽しむ」)。アイルランドのギネスの前身。カーヒルズポーターは「カーヒルのポーター」という意。


参考:

恵比寿ガーデンプレイス
通販店「レクリューズ」
Irish cheese(英語)

通販店「レクリューズ」のHPには次の解説がある。
マリオン・カーヒルという女性が80年代前期にチェダーチーズにフレーバーを付けようと考案して生み出されたのがこのポーターです。アイルランドのチェダータイプのチーズにイギリスの伝統的黒ビール「ポーター」を練りこんだセミハードチーズです。黒ビール特有の色がチーズの隙間に浸透し、マーブル模様を作り出しています。味わいはとてもマイルドで食べやすいチーズです。

「ギネスを楽しむ」には、黒ビール「ポーター」について次の解説がある。
ギネスの始祖・ポーター
18世紀前半、ロンドンの下町に住む労働者階級の人々間で、安いダークカラーのブレンド・ビール「ポーターPorter」が人気を独占していた。各地の醸造家たちはこれに目をつけ、こぞってポーターづくりを試行錯誤したがどれも失敗に終わっていた。ポーターをつくったロンドンの水は、一次高度水つまり重炭酸塩が多い水質で、ダークカラーのポーターの醸造に極めて向いていたのに対し、他の地域の水質では実現することは難しかったためである。 一方、このロンドン・ポーターはアイルランドのダブリンまで送られ、18世紀半ば以降、アイルランドの醸造業をしのぐ勢いだった。アイルランドの威信をかけてこうした状況に立ち向かったビール醸造会社があった。それがギネスGuinness社である。




写真:

20091005_cheeseCahillsPorter01

20091005_cheeseCahillsPorter02



レポート

外観:チーズの乳白色に黒い筋が侵入したマーブル模様。

質感:滑らかで柔らかい。詰まっている。しっとりしている。ぼろぼろ感はあまりない。弾力もない。模様以外は均質なかんじ。


香りの強さ:
香りの内容:


甘味:2/5
酸味:2/5
塩味:3/5
苦味:0/5
旨み:4/5
ミルクの風味:3-4/5
刺激:0/5
後味の長さ:
後味:


全体の印象:オーソドックスで穏やか。けっこう旨い。ほっくりしている。

今回のものの特徴:

その他の感想:



チーズの記録



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2623-85517972