スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表参道のフランス料理店「シェ松尾 青山サロン」でランチその1(フレンチレストラン、青山、渋谷) 

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon10


「シェ松尾」は、デパ地下に惣菜などがあり、メディアでもよく取り上げられる有名なフランス料理店です。松涛本店は東京ミシュラン2008と2009で一つ星を獲得。地理的に便利で、予約も取りやすそうな「青山サロン」のほうに行ってみました。「青山サロン」て、なんだかおしゃれな名前に感じられます。

お店情報
東京都渋谷区渋谷1-2-5 アライブ美竹B1
tel:03-3407-1230
シェ松尾のHP
シェ松尾青山サロン


ぐるなび
Yahooグルメ
千代田線味紀行
livedoorグルメ
食べログ
楽天MAP





20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon01

これは表参道のあたりにあるの「国連大学」の本部。
この左側の「こどもの城 青山劇場」の横の路地のビルの地下に、
「シェ松尾 青山サロン」はあります。


余談は薄い字で…
「国連大学」(HPWikipedia)の本部は、日本がすごい大金払って誘致したのだったと思う。
そんな大金使って、何か意味があったんだろうか…。一般庶民にはよく見えない。
ちなみに、国連大学は学生のいない大学です。国際交流機関のようなものらしい。

これらの建物の裏は、昔は広い空き地になっていて、子供ころ野球をして遊んだ覚えがある。
かっ飛ばしたらゴロで内野を抜けて、延々と遠くまでボールが転がっていったのを今でも
よく思い出します。松任谷由実の「ダウンタウンボーイ」の
「工場跡の秘密の空き地~♪今ではビルが建ってしまった♪」という歌詞を聞くと、
その空き地の風景を思い出す。工場跡ではないのだけどね。。。




20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon02

これが青山サロンのある小さいビル。右のほうに「CHEZ MATSUO」の看板が見えます。


20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon03

階段を降りて…


20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon04

きれいな入口。

おっさっれ~な雰囲気です。



テーブルセッティング

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon05


4,000円のコースとワインをオーダー。
シェフは布川さん(ぬのかわさん)という方だそうです。



店内

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon06

部屋の奥にデコレーションのあるピアノが写っていますが、これがすごい。
博物館に置くような、由緒のあるピアノのようです。

1898年製スタンウェイのアートピアノで、90,000台記念モデル。
銀行家のグールドさんという方のために贅を尽くして作成されたのだそうですが、
その後に所有者となったパンナムの創設者ホイットニー氏のサロンでは、
ラフマニノフ、ルビンシュタイン、ホロヴィッツ、トスカニーニがこのピアノを弾き、
シェ松尾では、アシュケナージとブーニンがこのピアノを弾いたとのこと。
壁にはそれら音楽家たちの肖像画が飾ってありました。

私はルビンシュタインが好きなのでそれだけでも『おぉ~』ってかんじですが、
何よりすごいのは、ラフマニノフが弾いたピアノということだと思う。


ちなみに、フロアはこのフロア以外にも奥のほうにまだあるそうです。



パンとバター

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon0720091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon08

パンが大変美味でした。
☆☆☆☆☆

パンは温めてはいないけど、ほっくり、もっちりで、後から甘味がほんのりくる
ような美味しいパンでした。工場で作ったものを冷凍で仕入れて解凍して焼いて
出しているということだそうですが、そういうものでも、適切に作れば十分に
美味しいのですね。

バターもとても美味でした。
☆☆☆☆



ロゼワイン

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon24

グラスワインはコートデュローヌのロゼリア1,575円。
詳しくはまた別の記事にしますが、単体でのお気に入り度は、
まあまあといったところ。
☆☆☆++


オードブル

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon09

2種類のフォアグラムースのドーム仕立て
スペイン産干し無花果のコンポートと米粉のブリオッシュ添え


20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon10

奥ののドームはザクロのジュレ。緑色のはピスタチオのソース。
手前のドームと下のソースは、ポートワインの味。

ロゼワインと良く合って、うっとり。
☆☆☆☆☆


20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon11

カリカリの米粉のブリオッシュ付き。



フォアグラとのマリアージュがあまりに美味しかったので、ロゼワインを
飲みつくしてしまいました。それで、白ワインを追加することに。


白ワイン

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon25

ソーヴィニョン・ブラン1,575円。
洋梨の香のする酸味のきりっとした白でした。
詳しくはこれもまた別の記事にしますが、単体では、
☆☆☆☆
のお気に入り度。



スープ

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon12

シャンピニオンのスープ。

緑色のはシブレット(チャイブ)。
白いのは淡雪(卵白)。

☆☆☆☆+

白ワインとよく合いました。



魚料理

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon13

この日の鮮魚は真鯛でした。
下には茄子のピューレ。
バジルとバターのソース。


20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon14

バジルの風味ほどよく、大変美味でした。
☆☆☆☆



パン

20091005_01_ChezMatsuoAoyamaSaloon15

二個目のパンは、天然酵母のパンとのこと。
これも大変美味。
☆☆☆☆☆

温めてありました。




その2に続く…。


レストランの記録



コメント

おいしそうです。

松尾さんは名古屋でもまだ行ってなくて機会逃してしまってます。

私が名古屋で一番好きなイタリアンの地下へ行く感じと似てます。
2種類のフォアグラですか、たまりませんね~v-10
4000円でこんなに食べれるのですか?

rokogirlさん

名古屋にもお店ありましたね。。
フォアグラ好きなrokogirlさんに、一度賞味して感想を聞かせていただきたいです。
コースだけで見ると4000円はまあまあかもですね。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2611-3cacd1d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。