渋谷の日本料理店「金田中 草」で長月のランチその2(和食、懐石、セルリアンタワー、東急ホテル) 

20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou20


その1からの続きです。





生鮨

20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou14

鯛昆布〆、菊花鮨、戻り鰹のたたき、新烏賊
おろし生姜、大葉、茗荷、大根

信楽焼の器。


20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou15

鯛昆布〆は、良い具合に〆てあり、ほんのりした良い旨み。
☆☆☆☆++

内側に菊の花がくるんであり、良い歯応えと風味。
刷毛でぽん酢が塗ってありました。


20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou16

戻り鰹のたたきは、たっぷりした旨さでした。
☆☆☆☆++

新烏賊は甘みがありました。
☆☆☆☆++



主皿

20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou17

土鍋と揚げ物。





20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou18

土鍋には、翡翠茄子、三元豚ばら煮、浅葱

「三元豚」は3種の豚の交配によってつくられた豚。
平田牧場(HP)のものとのこと。
豚肉が大変柔らかで、味も良い味の土鍋でした。
☆☆☆☆++


20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou19

ジャコと水菜。


20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou20

揚げ物は松茸と海老しんじょのフライと、揚げ銀杏。


20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou21


お食事

20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou22

栗の炊き込みご飯、赤出汁、香の物。
茶碗はカエデをくりぬいたものでした。


20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou23

栗ご飯は、栗の甘みの引き立つ薄味の炊き込みご飯。
ほどよいご飯のねばりがありました。
☆☆☆☆++

赤出汁は逆にアクセントになる強めの味付け。
☆☆☆☆++
大変美味でした。

香の物
☆☆☆++

ほうじ茶をあわせていただきました。



甘味

20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou24

デザートは「嶺岡豆腐」と、「栗の裏ごしと白味噌餡」と言っていたと思います。

「嶺岡豆腐」(みねおかどうふ)というのは、牛乳を葛で固めたものですが、
胡麻風味でした。金田中伝統のデザートとのこと。

ミルクと胡麻の風味豊かで、黒蜜もほどよくて、味のバランスがよかった。
☆☆☆☆☆

梅の花には、通販があります。
「教えてgoo」には、
江戸時代の末期には牛乳のことを嶺岡といい
など、興味深い記述があります。
http://www4.ocn.ne.jp/~endo/shitumon6.htmには、レシピがあります。


栗の裏ごしと白味噌餡のほうは、温かいデザート。
栗の風味がよかったけど、少し甘味が強すぎと思った。
☆☆☆☆++


デザートは温かいのと冷たいのの組あわせで、大変よかった。
☆☆☆☆☆



以上で、コース7,000円、日本酒800円、サービス料10%で、小計8,580円。消費税5%で9,009円。結構お腹いっぱいになりました。食べ終わったときの感想は、7000円のコースは、料理だけみれば、内容豊富で費用対効果は十分という印象でした。


接客については、料理の説明もしっかりしてくれるし普通にみれば、良いほうとは思いますが、このぐらいの値段とるお店ならそのぐらいは当然満たされるべきと思います。

そういう意味では、最初少し、飲み物も含めメニューの選択のアドバイスで、すんなりと答えが得られなかったり、ランチタイムとはいえそんなに混んでいたわけでもないのに、少しあわただしかったり、用事があるときに誰も見てなかったり、値段に対しては十分とはいえない印象。フロアに配置する人数が、若干ですが節約気味なのでしょうか。。。

喫煙フロアがかなり広く、ガラガラなのに、禁煙の一人客が、カウンター席か、フロアの真ん中の落ち着かないテーブルになってしまうという、席のつくりも若干腑に落ちなくもない。席の間隔は十分広かったですが、接客と席の配置を総合的にみて、感覚的には、ゆったりした雰囲気ではなかった。

とはいえ、渋谷の高級ホテルの中のお店なので、家賃はかなり高いはず。ガラガラの喫煙席はいっそなくせば簡単に改善されると思いますけど、給仕さんの数はいたしかたないのかも。そこまで考慮すると、かなり努力している値段と思われます。


そんなこんなで、トータルのお気に入り度は
☆☆☆☆


「金田中 草」さんは、わりあいお手軽な値段で、「さすが金田中」と思わせる料理の味わえるお店という印象。高級ホテルの高い天井のフロアも気持ちが良い。


その1に戻る。



お店情報
金田中 草(かねたなか そう)
東京都渋谷区桜丘町26-1
tel:03-3476-3420
草のHP
金田中のHP


ぐるなび
食べログ
livedoorグルメ
Yahooグルメ
楽天マップ
BIGLOBE


レストランの記録






20090906_01_ShibuyaKanetanakaSou25

ロビーを上から眺めたところ。






コメント

ランチでそんなに

はじめまして、渋谷で働くほたてちゃんです。

おいしそうだなーって写真で見ていたのですが、これってランチで7000円もするんですね。

自分の給料じゃとてもいけません。
この写真を眺めながら食べた気になってみます。

ほたてちゃんさん、こんにちは

はじめまして!
渋谷で働いていらっしゃるのですね!
ユニカル、拝見いたしました!

私の給料もけして高くはないのですが、清水の舞台から飛び降りるつもりで行ってみました。。コツは、「あまり考えないこと」です(笑) 金銭感覚を一時的に麻痺させるのです(笑)

ほぉ

何もかもが上品ですね~。
三元豚というのがあるんですね~。
まだ食べたことの無いお肉リストに入れておかないと!(笑)


pepe犬さん、こんばんは

あはは、リストに入れておいてください~(笑)
「草」の格式だからか、客筋はそんなに上品という雰囲気でもなかったですよ。。

あ~

このロビーですお茶するの(^ー^)ノ
なつかしいなぁ~~~!
もう東京もご無沙汰です。

栗ご飯もちもちしてそうでおいしそうです。デザートのこういう並びで出てくるの好きですv-10

でもお昼でこのお値段すごいなぁ。
うらやましい~v-209

rokogirlさん

このロビーは「坐忘」というカフェですね。。
一度だけ使いましたが、給仕さんがスノッブで、かつ連れの女性をまじまじ見られた覚えがあります(笑)
ホテルのお店はどうしても、割高になりがちですね(>_<)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2606-0f7ee68e