スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂の日本料理店「帰燕(きえん)」で季節のお夕食その3(和食、赤坂見附、溜池山王) 

20090621_02_AkasakaKien31


その2からの続きです。

その1に戻る
その2に戻る


炊き合わせ

20090621_02_AkasakaKien26

なす、かぼちゃ、芋

☆☆☆☆++

優しい感じで美味。


お食事

20090621_02_AkasakaKien27

ホタテの炊き込みご飯でした。


20090621_02_AkasakaKien28

お好みで生醤油をかけてとのこと。


20090621_02_AkasakaKien29

口にしたときにはもの足りない感じでしたが、
あとからほんのり旨みがくるというかんじ。

☆☆☆☆


デザート

20090621_02_AkasakaKien30

葛きりと黒蜜。


20090621_02_AkasakaKien31

☆☆☆☆++

黒蜜も美味しい黒蜜でした。



折り

20090621_02_AkasakaKien3220090621_02_AkasakaKien33

残ったご飯は折りにしてもらいました。
次の日に味が馴染んだのを食べるのが、最近の楽しみ。




以上で、コース10,000円と、日本酒1,200円、ビール400円で、合計11,600円という良心的な価格。

帰燕さんのお料理は、調理長の石塚さんのお人柄を反映してか、奇をてらわない優しい味わいというイメージ。今では看板を外に出しておられますが、それまでは赤坂の地元の食通の方々を主に客筋としていたようで、食通の方々のいろいろな意見を吸収してここまでこられたようです。まさに赤坂の地に鍛えられた味といったところでしょうか。腰の低い石塚調理長ですが、ぴしっと一本線は通っていて、内には秘めた自信と熱いものをお持ちとお見受けしました。いつも一生懸命な石塚さんのことなので、今後が益々楽しみです。


お気に入り度は
☆☆☆☆++
です。



その1に戻る
その2に戻る



レストランの記録







コメント

わぁ、良さそうな日本料理屋ですね~。

1万5千円くらいするのかと思えば、1万円ぽっきりですか!
鮎の焼き加減はとにかく難しいみたいなことを
小山裕久さん(龍吟の師匠)が書いていましたが、
こちら帰燕の鮎もdayさんは気に入られたご様子で。(^^)
日本料理も器や設えに凝り過ぎなければ
1万円以内でも十分旨いものが食えるみたいですね。

岡崎さん、こんばんは

なかなかお得な値段設定でしょう。

鮎の焼き加減は難しいですね。
いつも自分で焼くときに苦労しています。
こちらのお店の鮎はさすがに美味しかったです。

そうなんです。器が質素なのです。
きっと、これから段々と器もそろえていかれるのだろうと思います。

翌日の

ご飯はいかがでしたか?

1万円でこのコースが頂けるなら
私でも行けるかも。
ワインのところは無理だけど(^^;

rokogirlさん

やっぱり味が馴染んで美味しかったですよ。。
でも、この日のコースの中では、炊き込みご飯がやや月並みな印象ではありました。
ホタテが個人的に好きかどうかということにも左右されると思います。。
私はたまたまそんなにホタテフェチではなかったので(笑)
1万円のコースを維持するのに、やはり苦心されているようです。

「ワインのところ」も、こちらのお店も、どちらも、rokogirlさんなら気に入っていただけるような気がします。
ワインのところは、ウェスティン一泊分節約すれば、十分に行けるかと…(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2524-f3cb480e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。