赤坂の日本料理店「帰燕(きえん)」で季節のお夕食その1(和食、赤坂見附、溜池山王) 

20090621_02_AkasakaKien05


実は前に「丸鍋」をいただいた赤坂のお店です(日記)。


けして「一見さんお断り」というわけではなかったのだけど、表に看板もなかったし、いろいろ考えがあってネットのグルメサイトにも出していないということで、遠慮して前の記事では店名を書きませんでした。席が二席しかなかったこともあります。

しかし、久しぶりに行きましたら、看板も表に出ていて、隣のフロアのお寿司屋さんが閉店になっていて、「帰燕」さんが広くなっていました。調理長の石塚さんに聞いたら、最近、本か雑誌で紹介され、お客さんも増えたとのことでした。

というわけで、ここでもお名前を出させていただくことに。。。石塚さんに直接にではないけど、他のある店員さんに「実はブログに書いているのだけど、もう名前だしても構いませんよね。」と尋ねたら、どうぞとのことでした。


ちなみに、メニューを見たら、すっぽんは見当たらなかったような気がする。
(追記:すっぽんもありました(2009年10月)。)
お昼には1,500円のランチもしておられるとのこと。


写真が多くなるので、3回にわけてご報告したいと思います。




20090621_02_AkasakaKien01

アプローチが庭になっていて、高級感があります。



テーブルセッティング

20090621_02_AkasakaKien02



日本酒

20090621_02_AkasakaKien03

帰燕さんでは、燗酒は「東光」(たぶん「東光精撰からくち」)なので、
冷酒の日本響(これも東光の)にしました。

日本響(清酒東光 株式会社小嶋総本店)



前菜1

20090621_02_AkasakaKien04

あん肝、生うに、ミニオクラ


アップで・・・

20090621_02_AkasakaKien05

いい感じの旨みがあり、日本酒とも合うし美味。
☆☆☆☆☆



前菜2

20090621_02_AkasakaKien06

マグロの押し寿司


これもアップで・・・

20090621_02_AkasakaKien07

思わず「うまっ」と言ってしまいました。
☆☆☆☆☆
歯応えがむにっというかんじで心地よかった。



3皿目

20090621_02_AkasakaKien09

つるむらさき、ジュンサイ、うまき、はまぐり、鴨ロース


一つ一つをアップで・・・

20090621_02_AkasakaKien10

つるむらさき(蔓紫、セイロンホウレンソウ、HP)の和え物
☆☆☆☆
とても美味しい。


20090621_02_AkasakaKien11

ジュンサイの酢の物
☆☆☆☆☆


20090621_02_AkasakaKien12

うまき、蛤、鴨ロース
☆☆☆☆++

一つ一つ「優しい味」というイメージ。
石塚さんのお料理は、なんだかそんなかんじがします。
とても腰の低い方なので、それもあるのかも。


手前の小さいサツマイモのレモン煮も良い味でした。




その2に続く・・・


その2
その3



レストランの記録


コメント

ほんと~

この前のワインとの懐石のお店とはがらっと変わった和ですね。丸鍋覚えています。難しい店名ですね。
不思議ですが、同じ和でもワインのお店を見ているときとこちらを見ているときで、気分も違ってくるのです。

器の色とかお料理の色もあるけど、
こちらのお料理はほっとしますv-252

rokogirlさん

店名、燕が帰ってくるように、ということみたいです。
そういう言葉が元々あるらしい。。。

調理長の石塚さんは、たしか「櫻川」でも修行されてたということだと思います。
「櫻川」の調理長の倉橋さんは、元々吉兆だし、和食の正統派の流れですね。。
ちなみに、「帰燕」は、「分とく山」さんの支店のようなかんじみたいです。
コースの値段も良心的な設定で、その意味でもほっとします(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2522-87ebb2a4

赤坂の日本料理店「帰燕」で十月初旬のお夕食その1(きえん、和食、東京、赤坂見附、溜池山王)

10月初旬のある夜、赤坂の帰燕さんに再訪しました。 過去の帰燕さんの日記 ・六月の夕食 ・一月の夕食 今回も写真が多いので2回...

赤坂の日本料理店「帰燕」で十二月初旬のお夕食(きえん、和食、東京、赤坂見附、溜池山王、ミシュラン)

12月初旬の小雨のある夜、赤坂の帰燕さんに再訪しました。 ミシュランの星を取られてからは初訪問。