スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「椿き家」の「塩豆富」(豆腐)を食べてみた 

20090603_02_ToufuHikakuShioiri02


近所のスーパーで「塩豆富」というのがあり、けっこう美味しいのですが、
今回はいつも食べる「京豆苑」の「絹」と比較してみました。


20090603_02_ToufuHikakuShioiri01


過去の「京豆苑」の豆腐関連の日記
木綿豆腐3種比較
絹ごし豆腐3種比較
京豆苑「ふわふわおぼろ豆腐」
「男前豆腐」との比較



20090603_02_ToufuHikakuShioiri02

これが「塩豆富」168円。

「豆腐」の「腐る」という漢字を避けて「富む」を使いシャレています。

椿き家謹製
塩豆富

北 豆
十勝産
丸大豆
南 塩
室戸南海
海水塩

名称:塩入豆腐
原材料名:丸大豆(北海道十勝産)(遺伝子組み換えでない)、
     海水、凝固剤[塩化マグネシウム含有物(にがり)]
製造者:株式会社 椿き家(広島県三原市)

にがり以外の添加物(消泡剤、pH調整剤等)を一切使用していないとのこと。


20090603_02_ToufuHikakuShioiri04

お皿にのせるときれいです。


20090603_02_ToufuHikakuShioiri05

塩豆腐といっても、塩辛くはありません。

崩れやすく、よく固まっていないかんじ。
大豆の味がよく、ほんのり甘味も。
美味しいがあまり滑らかではない。
消泡剤を使っていないためか?


20090603_02_ToufuHikakuShioiri03

こちらは「京豆苑」の「京都絹」98円。

比較のため同時に食べてみました。

こちらは、消泡剤を使っています。
消泡剤が身体にわるいという話はあまり見かけません。


20090603_02_ToufuHikakuShioiri06

なめらかさでは「京豆苑」ののほうがまさります。


20090603_02_ToufuHikakuShioiri07

こんなふうに弾力あり、まとまっているかんじ。


20090603_02_ToufuHikakuShioiri08

大豆の味は同じぐらい。
京豆苑のは、水のおいしいかんじがします。


二つ比較して、同じぐらい美味しく、甲乙つけがたいかんじです。
微妙な差と思いました。








食べ物の記録




コメント

あ~おいしそう!

1週間外食続き、洋食続いたのでさすがにもうこういう和が食べたくなりました。
明日からは和をまた家で作りたいです。
塩豆腐とっても食べてみたいですね。
こちらでは見かけません。

梅雨の時期は豆腐がいい!

つるんとしてて美味しそうです!
塩豆腐って知らなかったぁ。近所のお店では見かけません。今度百貨店で探してみます。
ところで、豆腐の消泡剤ってシリコンっていうのを最近知りました。シリコンが口に入っているなんて驚きです・・。

rokogirlさん、こんにちは

豆腐美味しいです~!
最近「京都絹」をよく食べますが、無添加にこだわるなら「塩豆富」もいいかも。。名古屋は水が良いから、いろんな美味しい豆腐がありそうですね。。

Re: 梅雨の時期は豆腐がいい!

こんにちは!

塩豆富といっても、塩辛くはなく、普通の豆腐なのです。。
にがりのことと思います。。
にがり以外無添加なのが安心ですよね。

シリコーンの消泡剤は私も知りませんでした。
そういうのも使われることがあるようですね。。

大抵の豆腐に使われている消泡剤は、グリセリン脂肪酸エステルといういわゆる食用油と、石灰(炭酸カルシウム)みたいです。グリセリン脂肪酸エステルはマーガリンにも使われるので、まあ大丈夫なんではないかと・・・。いまのところ、私は気にせず食べています。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2507-d6105e9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。