チーズ「オッソ・イラティ」 

オッソ・イラティ A.O.C.(Ossau-Iraty, A.O.C.)



製造者:
原材料:生羊乳(マネッシュ種の羊)
タイプ:ハードタイプ
産地:フランス、アキテーヌ圏、Basque-Bearn(バスク・ベアルン)地方
生産時の形状と総重量:
熟成:
脂肪分:

歴史・特徴:羊乳チーズのフランスA.O.C.は、このオッソ・イラティとロックフォールのみ。

名前の由来:オッソはベアルン地方の渓谷、イラティはバスク地方のブナの森林の名前。


合うもの:ハチミツ、ジャム


写真:
20080315_03_Ossau_Iraty0120080315_03_Ossau_Iraty02


レポート

外観:
 外皮は凸凹の薄茶色。内部はわずかに透明感のある薄い黄白色(チーズ色)。


質感:
 硬く弾力はないが、もろくもない。


香り:
 チーズ、ミルクの香り。良いものは甘い蜜の香りがする。強さは2/5

甘味:2/5
酸味:2/5
塩味:2/5
苦味:0/5
旨み:4/5
ミルクの風味:4/5
刺激:0/5

後味:ミルク、旨み。長さは4/5

全体の印象:
 旨みがあるとても美味しいチーズ。食べやすい。


今回のものの特徴:
 今回のものは蜜の香りがしなかった。
 ボルドーのスーパーで購入し食べたもの。
 (参考:前の日記

表示:
 PUR BREBIS, AOC-OSSAU IRATY
 "VALLEE D'OSSAU", FROMAGE FERMIER DE MONTAGNE
 Au lait cru entier et croute naturelle
 Les Fermiers Basco-Bearnais - 644900 Accous

 純粋な羊の乳,、AOC - オッソー・イラティ
 オッソーの谷、山の農家製
 生の全乳、自然なチーズの外皮
 バスク・ベアルン地方の農家たち



チーズの記録



コメント

コルシカのチーズ

A.O.C.ではないと思いますが、コルシカのチーズで羊乳のハーブチーズ食べました。ベルギーでもコルシカのもの買えます。
あそこのチーズはローカルチーズかもしれませんが、サラミにしてもフランス内地のものと一味違いますよ。
ロックフォールは大好きなチーズです。そのアイスクリームを作ってくれるフランス人がブリュッセルにいます。夏みかんのアイスと合います。

コルシカの羊乳のチーズというと、

http://plaza.rakuten.co.jp/HollyGolightly/diary/200708120007/

というのを食べことあるのですが、これにハーブの香りを付けたものでしょうか。けっこう美味しかった記憶があります。

ロックフォールのアイスクリームは絶対美味しそうです(^Q^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/25-2afd61b2