スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[チーズ] エポワス・ド・ブルゴーニュ 

20090402_02_cheese2_LR01


エポワスA.O.C.(Epoisses A.O.C.)


商品名:
製造者:
原材料:牛の全乳
タイプ:ウォッシュチーズ
産地:元はエポワス村、コート=ドール県、ブルゴーニュ圏、フランス
  (コート=ドール県・ヨンヌ県ブルゴーニュ圏、
   及びオート=マルヌ県シャンパーニュ=アルデンヌ圏)
法令:フランスAOC(1991年5月14日取得)
生産時の形状と総重量:直径9.5-19cm、高さ3-4.5cmの円盤状、重さ250-1000g
製法:最初は塩水で、それからマール酒で洗って熟成させる。
熟成:4週間以上
季節:通年
脂肪分:50%以上
販売元:
輸入元:
購入:2009/4/2、3,150円/350g、フランス料理店で(日記)。


歴史・特徴:14~15世紀頃(16世紀初めと書かれているものもある)、コート・ドールのエポワス村のシトー会修道院の僧侶によってつくりはじめられた。
美食家ブリア・サヴァランによって、「チーズの王様」と絶賛し、ナポレオンもジュヴレ・シャンベルタンのワインとともに愛好したという話がある。
二回の世界大戦のときには、農家2軒のみで作られ、絶滅しかかったが、現在のベルトー社の、ロベール・ベルトー氏がそれを救った。


合うもの:赤ワイン、バゲット、パンドカンパーニュ、レーズンや胡桃のパン。

名前の由来:地名(エポワス村)から。

参考:チーズ専門店の商品説明


過去の日記:

写真:

20090402_02_cheese2_LR01

20090402_02_cheese2_LR02



レポート

外観:外皮はオレンジ色、中身はクリーム色

質感:とろけるように滑らか、ねっとり


香りの強さ:
香りの内容:


甘味:1/5
酸味:2/5
塩味:3/5
苦味:0/5
旨み:4/5
ミルクの風味:4/5
刺激:0/5
後味の長さ:
後味:


全体の印象:

今回のものの特徴:まだ若いものだった。


その他の感想:



通販ではこちら…



〔ご予約品〕エポワス・ドゥ・ブルゴーニュ(A.O.C)


チーズの記録


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2385-fd2717d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。