広尾の日本料理店「分とく山」で筍ご飯のお夕食その2(和食、懐石料理、野崎流たけのこご飯) 

20090401_03_Waketokuyama18


分とく山さんの筍ご飯のお夕食その1の続きです…。


揚げ物

20090401_03_Waketokuyama17

筍、海老、たらの芽

☆☆☆☆☆

筍はさすがに風味豊かで期待通り。

茹でずにあく抜きをしたあと直に揚げるのだそうです。コリっという食感が残るのも、
瑞々しさがあるのも、茹でてないからこそ。


筍は茹でてからの方が良いという意見もありますね…。
実はこの数日後に、ある名店に行って筍の天ぷらを食べたら、
そこのご主人が、直に揚げるのが良いという話もあるけど、
うちではあえてそうしていると、言っておられました。
お店によっていろいろ考え方があり、興味深いところです。


筍の天ぷらといえば、楽亭さんのがかなり風味豊かだった覚えがあります(日記)。
楽亭さんでは、多分、茹でていることと思うのだけど、それでもあんなふうに
出来るのは、揚げるときの技術なのか…。


分とく山さんの天ぷらといえば、ふぐの天ぷら(日記)が印象に残っています。
ふぐと衣の歯応え、揚げ具合が良かった。



お食事

20090401_03_Waketokuyama18

筍ご飯


20090401_03_Waketokuyama19

☆☆☆☆☆

筍は瑞々しく、独特の風味が豊か。食感も硬さを残していて良い歯応えです。

出汁の旨みとかでなくて、「筍の風味」を味わうことの出来る炊き込みご飯。

分とく山さんの「筍ご飯」なら、こんなふうだろうと期待して行った通りの
ものが食べられました。。満足。。


20090401_03_Waketokuyama2020090401_03_Waketokuyama21

香の物とお吸い物。

どちらも大変美味でした。
☆☆☆☆



水菓子

20090401_03_Waketokuyama22

温かいわらび餅と薄い煎茶


20090401_03_Waketokuyama23

ぷるるんふわんの食感で大変美味。
☆☆☆☆+


わらび餅一つにしても、お店によって考え方がいろいろで大変興味深いところです。
日本橋櫻川のわらび餅
龍吟のわらび餅
浅草江森のわらび餅



20090401_03_Waketokuyama24

これは多分、抹茶入り玄米茶

分とく山さんでは、シーンに応じてお茶の種類を使い分ける心配りです。
炊き込みご飯のときには、ほうじ茶だったと思います。。



再び筍ご飯

20090401_03_Waketokuyama25

余ったものを折りにしていただきました。
これは次の日の朝です。


20090401_03_Waketokuyama26


20090401_03_Waketokuyama27


やはり味が馴染んでおり、益々美味に。。
☆☆☆☆☆

ただし、一晩たつと、ほんのわずかにエグミは出てきました。
気になるほどではなかったけど。


以上で、お料理15,000円、燗酒800円×2で、小計16,600円。
消費税5% 830円、サービス料10% 1,660円で、合計19,090円。


分とく山さんが、筍をどう料理されるのか、楽しみにして行ったのですが、
期待を裏切らないものがいただけました。


お気に入り度は
☆☆☆☆☆
です。



カウンターの遠くに、50代ぐらいのご夫婦と、きれいなかんじの娘さんが、楽しそうに食べておられました。最後には何かの記念か三人で写真をとっておられたと思います。なんだか絵に描いたような素敵な会食でうらやましい限りでした。

私も結婚でもしたら、ハレの日には、奥さんと娘でも連れて、分とく山さんにご飯にでも来たい気分になりました。うちの実家からは、山を一つ越えて歩いて来れますし、散歩がてらそんなのもいいなーと。


いろんなお店で、いろんなお客さんを目にしますし、傍から見て気持ちよいこともあれば、どうかな?と思うこともあります。楽しそうな会食は、傍から見ても、良いものですね。

思うに、分とく山さんは、お店の雰囲気がやはり良い。。。
お客さんの楽しそうな様子には、お店の雰囲気から来るものもあるのではないかと思います。


今回も角送りに調理長自ら出てきていただいたのですが、雨も降る中申し訳ないので、最短距離で姿を消してみました(笑)



お店情報
tel:03-5789-3838
東京都港区南麻布5-1-5

食べログ
Yahooグルメ
livedoorグルメ


過去の分とく山さんの日記
正月の料理
ふぐの料理


レストランの記録



追記(2009/04/21):ちょうどこの記事を書いた翌日の朝、テレビを見たら、NHKの「きょうの料理(再)」(参考リンク)で野崎さんが筍ご飯の作り方をやっていて、上に書いた考え方がそのまんま説明されていました。タイトルに「野崎流たけのこご飯」を加えました。


コメント

素晴らしいです!

どのお料理もじっくり拝見しました。
筍の天ぷらは私は茹でないで揚げます。筍はエグミがいいと言われますけど、どうなんでしょうかね?
翌日の筍ご飯おいしいでしょうね~
東京に帰られる度に素晴らしいお店ばかり行かれてうらやましいです。

家族でこんな素敵なお店に行けたら・・・理想ですね。

rokogirlさん

エグミも味のうちという考え方もあるのですね。。
好みもあるかな~。。
分とく山さんでは、大根の汁であく抜きするみたいです。
たまたま、この記事書いた翌朝にテレビみたら、野崎さんが料理番組で説明していました。

おいしそう!

本当にどれもこれも芸術品です!
ウニに明礬が入っているものがあるのは初めて知りました。
ウニを食べるときはいつも「おみくじ」感覚なので、今日はこんなウニだったか!と楽しんでいる私です。(汗)
ホタルイカ、まさに旬です!富山湾、ばんざ~い!(笑)家ではいつも「からし酢みそ」でいただいています。
筍ご飯の折りはうれしいですね。しかも竹の皮!ますます筍ご飯がおいしくなりそうです。

pepe犬さん、こんにちは

そっか~、もしかしたら、明礬なんか入らないのが当然の世界なのですね。。

産地以外では、必ず入ってるといって言いぐらいです。ウニは一日たつと身が崩れちゃうんです。。
東京では全く入ってないのは、すし屋の高級なところとか、日本料理店でもとくにお造りに力を入れてるところだろうと思われます、多分。

ホタルイカも富山湾ですか~。
いいですね。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2366-9702e7a4