浅草の日本料理店「京料理 江森」で京懐石の夕食その2 

20090329_05_AsakusaEmori20


浅草の「京料理 江森」さんのご報告その1に引き続き、その2です。




炊き合わせ

20090329_05_AsakusaEmori16

20090329_05_AsakusaEmori17

白黒の湯葉と小松菜、お揚げの炊き合わせ。
弾力とコクがあり美味しい湯葉。
良い味の炊き合わせでした。
☆☆☆☆++

湯葉の弾力のあるのは、祇園の「八坂圓堂」さんの先付けで食べた
汲み上げ湯葉を思い出しました(日記)。

黒の湯葉は、丹波の黒豆から作るのだそうです。
湯葉は毎日京都から取り寄せているとのこと。



焼き物1

20090329_05_AsakusaEmori18

竹の子の醤油焼き。


20090329_05_AsakusaEmori19

熱々のを手でむしって食べます。
焦げの香ばしさと、竹の子の風味の楽しめる一品。
☆☆☆☆++

実は三つあったのですが、一つは女将さんが手にもっていました(笑)。
女将さんが「こうやって食べるのよ」と、むしってみてくれたのですが、
私が写真に取ろうとしたら、見栄えがわるいということでそういうことに。



焼き物2

20090329_05_AsakusaEmori20

きんきの干物
☆☆☆++

キンキはキチジの関東での呼び名。
12~13cmの小さいものはショウキンと呼ばれるそうです。
参考:図鑑

参考:すずひでのキンキの干物




お食事

20090329_05_AsakusaEmori22

蜆(しじみ)を出汁に使ったしゃぶしゃぶです。
カウンターのこちら側で女将さんが作ったくださいました。


20090329_05_AsakusaEmori23

出汁をとった後の蜆も食べました。


20090329_05_AsakusaEmori24

九条葱と椎茸。

蜆の良い味が出ていて、とてもよかったです。
☆☆☆☆☆


蜆はわざわざ宍道湖(しんじこ)のを使われているそうです。


通販で探してみました…


【期間限定・送料無料・ポイント最大10倍】ずっしり3kg!
真空パックで便利な砂抜き済み冷凍宍道...


蜆って高いのですね。。。


20090329_05_AsakusaEmori25

肉も良いお肉でした。


20090329_05_AsakusaEmori26

蕎麦を入れて食べます。

実は、お汁を残しておいて雑炊にしていただけたのに、
あまりに美味しかったので、ぺろっと全部飲んでしまいました。



水菓子

20090329_05_AsakusaEmori27

わらび餅。
☆☆☆☆☆

とっても柔らかで、とろけるよう。
出来立ての温かいのをいただけます。

わらび粉100%とのこと。


わらび餅については、日本橋の櫻川さんのを思い出しました(日記)。
櫻川さんのは、桜の花びらの塩漬けをぱらぱらしてたり、やはり美しい。
こちらもさすがのお店ですね。

ちょっと変わったところでは、龍吟さんの(日記)。
こちらも、月並みでは満足しない力の入れ方。



お抹茶

20090329_05_AsakusaEmori28

良いお抹茶でした。
☆☆☆☆+


現代の懐石料理からは、内容だけみると想像できませんが、懐石料理の原型が
茶懐石とすると、このお抹茶を飲むために、軽く腹ごしらえをするための料理
なわけですね。「懐石」は修行中の禅僧が空腹しのぎに懐に石を抱いたことか
ら来ているそうです。

で、江森さんでメニューにとくに「懐石」の文字はなかったような気がしますが、
ご主人と奥様の心づくしのおもてなしは、まさに懐石を地で行く姿なわけで、
タイトルを「京懐石の夕食」としてふさわしいと思いました。



日本酒も2合いただき、コース10,500円に700円×2を加えて、11,900円ぴったりのお会計。
このぐらいコストパフォーマンスの良いお店はちょっと珍しいような気がします。
銀座でお店をしておられたときには、同じメニューを25,000円で出しておられたとのこと。


この日は、たまたまお客は私一人。お料理のことなど、いろんな興味深いお話を聞くことができました。いつも、いろんなお店で、いろいろなことを教えていただいて、ほんとうにありがたいことだと思っています。この日は江森さんに感謝です。とくに記憶に残った言葉は、「出汁は嘘をつかない」という言葉。よい出汁を使えば、きっちり美味しくなるし、ケチれば良い味がでないという意味です。


途中、お店の常連らしき、浅草の芸人さんが、ほろ酔いで入ってこられました。カウンターの私の近くに座られて、ご主人と女将さんと楽しい会話をされ、日本酒を一合だけ飲まれてお店を出られました。そんな感じの気さくで楽しいお店です。

喫煙可なのが、私には残念ですが、もし禁煙にしたら、常連の楽しい芸人さんたちも、きっと来づらくなくなってしまいます。浅草という場所では、これは変えられないことなのでしょう。そういう意味では、「並木藪蕎麦」さん(日記1日記2)が禁煙なのは、老舗の強みでしょうか。

ともあれ、この日は、いろんな意味でラッキーでした。


お気に入り度は
☆☆☆☆++
です。


レストランの記録




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

お勧めのお店、ぜひ行ってみたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

おいしそう~!

一品、一品が丁寧というか…興味深いお料理です~。
「竹の子の醤油焼き」は今までに見たことがなかったです。旬なものだし、祖母の竹の子の山で醤油焼きにふさわしい竹の子を掘りに行きたくなりました!
蜆はいつもお味噌汁にしか使わなかったので、出汁をこうやってしゃぶしゃぶにするのは意外でした。
雑炊は未遂に終わったんですね。(笑)でも、おいしい出汁をそのまま味わえたのなら幸せなことです。

pepe犬さん、こんにちは

竹の子山があるんですね!
とれたてが美味しいらしいですね。
蜆はこのお店のオリジナルだそうです。
これから真似するところも出るだろうけど、味は真似できないだろうと言っていました。

なるほど。
京味とは違うアプローチですが、しみじみといい店だということが伝わってきます。
day_diamondさんは、定量的にものを把握しようという志向がえらいですね。
参考になります。

/mさん、こんにちは

定量的ですか~。うーむ、どのへんでしょう。。お造りの種類のことなどでしょうか。。。竹の子の数とか。。
種類も分量もお店の努力なので、きちんと書かないとわるいかなと思ったのです。

私は京味さんが何ものか、まだ行ってみたことがないのでなんとも言えませんが、このお店に行って、京味の西さんの思われる「幸せ」と江森のご夫婦の思われる「幸せ」が違うものなのだと、私は思いました。私にわかることは、京味は最近「一見さんお断り」になった、4~5万円のお店。一方、江森さんは喫煙可ですらある1万円ちょっとのお店です。江森さんのご夫婦の「幸せ」には、私は少しだけかかわることが出来ましたが、西さんと私の交点は今のところ生じる可能性は少ないようです(笑)お元気なうちに一度は行ってみたいところです。。。

西さんがNHKの番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演したときには大変驚きました。
まあ料理人といっても商売なので、お付き合いなどいろいろあるでしょう。ただ、彼の人柄はなかなかのものですよ。お弟子さんに対する態度など、非常に優しい。アホといいつつ、救いがある。あと、〆のハラスご飯は本当に美味しいですね。

定量的というのは、お刺身にしてもお料理にしても、どのお店の何が一番好みだったか覚えていらっしゃることです。
私は、カルチャーショックを受けた水谷の烏賊以外は、美味しかったかいまいちだったかくらいの区分けですね。
全体の流れの中で、好き嫌いが分かれるような気がします。
あまり分析的ではないのだろうなぁ。

/mさん、こんにちは

西さんの料理、ぜひ食べてみたいです。。
しかし、現在地方住まいの私には予約できる日も限られている上に、「初めての方はお断りしている」と言われ、さらに、それなら当日のキャンセル出たときなら、そちらにはリスクはないでしょうと言っても、「うちはそういうことはやっていない」と言われる状況では、なかなか難しそうです。一期一会を大切にされるお店なら、実質常連さんだけしか行けないようなハードルの作り方はされないだろうと思うのですけどね。。
もっと料理のことがわかるようになって、十分に良さが理解できるようになってから、また(予約に)挑戦したいと思っています。。

わたしもお店の方とお話するの好きです
下町育ちだからかしら

日本酒好きな女将さんだったりすると
嬉しくなっちゃたりして

美味しいもの食べてもらって
喜ばせてあげたいって感じが伝わるなぁ
しみじみ美味しいですよね
和食って・・
dayさんのブログ行って見たいお店がいっぱいです

桜さん

桜さんも下町育ちなのですね~。
門前仲町、深川、浅草、神田…、下町といっても、いろいろありますが、どちらのほうでしょう~。
こちらのお店に行かれたら話が弾むかもしれないですね。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2354-51f63268