上野・御徒町の洋食屋「ぽん多本家」でロースのカツレツ 

20090329_03_UenoTonkatsuPonta06

双葉さん(日記)、まい泉さん(日記)に引き続き、上野・御徒町(おかちまち)のとんかつ屋さん「ぽん多」に行ってみました。

世の中には「とんかつ屋の御三家」というのがあるそうで、そのうちの一軒がぽん多。
(他の二軒は、蓬莱屋さんと、双葉さん(日記)だそうです。)


お店情報
ぽん多本家
東京都台東区上野3-23-3
tel:03-3831-2351
月定休、11:00-14:00、16:30-20:00
ぐるなび

食べログ
livedoorグルメ

ぽん多さんは、創業明治38年。四代目とのこと。
シェフは島田良彦氏(ぐるなび)。1986年からぽん多本家さん。

上野ですが、上野駅のあたりからは結構歩くことになります。
JR御徒町駅と東京メトロ銀座線上野広小路駅からならすぐ。

20090329_03_UenoTonkatsuPonta01

日曜日の12時半ごろに行きました。
確か昼は予約受け付けてないということだったかと…。
一人でなければ予約できたか…記憶が曖昧です。

一人客は入口近くのカウンター席。
4席しかないけど、運良く一つ空いていてすぐに座れました。

カウンターは狭いけど、まあふつう。
入口近くだけど、入口との間には境があって、とくに気にならない。
でも正直なところ個人的には他人との間にはスペースがあるのが好きなのだけどね。

お勧めメニューを一応尋ねてから、カツレツ2625円と、
ご飯、味噌汁、新香のセット525円をオーダー。
合計で3150円。


20090329_03_UenoTonkatsuPonta02

ほうじ茶を飲みながら、20分ほど待つと…。

20090329_03_UenoTonkatsuPonta03

美味しそうではありませんか?


アップで…

20090329_03_UenoTonkatsuPonta04


さらに…

20090329_03_UenoTonkatsuPonta05


さらにもう一段(笑)…

20090329_03_UenoTonkatsuPonta06

ロースカツですが、脂身は全部取り除いているとのこと。
肉は甘みがあり、双葉さんのよりも歯ごたえがあるかんじ。
やはり、かなりジューシーさは感じました。
やはり箸で押すと、じゅっと肉汁が出るかんじ。

衣の具合はカラっとしていて、油っこくなく美味。
パン粉は双葉さんより粗めで厚さがあり、まい泉さんよりはだいぶ細かく薄い。
油がすっきりしてて、揚げ物がいまいちな私でももたれませんでした。
このお店はトンカツ以外にもいろいろ揚げ物があるのですが、こんなかんじの上げ方なら、多分他の揚げ物も美味しいだろうと思いました。

トンカツのお気に入り度は
☆☆☆☆+


20090329_03_UenoTonkatsuPonta07

キャベツはよく水は切ってあるが、それでも少し水が出て衣の下側が少ししんなりしてしまいました。
まい泉さんみたいに金網敷けばいいのに。

キャベツ自体はけっこう美味しくて十分。細かさも十分。
でも、双葉さんののほうが美味しいかんじはした。
双葉のはソースかけなくてもそのままでも美味しいぐらいと思った。
これは、食べる側の、その日の気分もあるかもしれないので、参考まで。

ソースは粘性のない普通のソースで、とくに深みがあるというかんじではないと思った。

香の物は普通に美味しいけど、塩辛いと思った。
☆☆☆

味噌汁は、赤だし、なめこで、ふつうだけど十分に美味。
☆☆☆++

ご飯は若干ぱさっとしているかんじでした。

ご飯は小さいお茶碗なので、お替りは必要だった。
2杯目は「軽く」と頼んだのに、奥では「半分」と…。
「軽く」と「半分」の違いは、「軽く」のほうが多いと思うのだけど、それは私だけ?
「軽く」は「1杯よりも少なめ」ということと思うのだけど…。
まーいいか(笑)


20090329_03_UenoTonkatsuPonta08

これがカウンター席。
カウンターの向こう側が調理場ですが、調理しているところは高さが違って見えません。

ぽん多さんの接客は、なんだかちょっと愛想がないかんじ。

キャベツやご飯はお替りできますかと尋ねると、出来ますとの返事。でも深く尋ねると有料で、キャベツの追加は210円ぐらいとのこと。ご飯はお茶碗が小さいので、さらに尋ねると、1~2杯は出来るとのこと。なんだか、秘密の情報を聞き出しているようなまどろっこしいやり取り。お替りできるご飯についてはとくに説明はないし、尋ねたら1~2杯なら良いけど、10杯も100杯もは有料になるとか…。冗談なのはわかるけど、もう少し愛想良く言えないものなのか。。。それだけでなく、一つ一つのやり取りが、なんだかちょっと上から目線なかんじ。お店の価値を3割ぐらい下げていると思った。

私はとっても愛想の良い客なのですが、その愛想の良い客である私以上に愛想のない給仕さんは、「無愛想」と認定することにしています(笑)


で、個人的には、肉、キャベツ、ソース、ご飯、味噌汁の内容については、双葉のほうが若干ですが上等に感じられました。客席のスペースと接客も、双葉が良い。ぽん多の二階席がどんなかわからないのだけど、カウンター付近の様子から推察すると、きれいなのだろうと思います。

あとは、肉の歯ごたえの具合とか、衣の感じとかの好みで大きくかわると思われます。お店のぐるなびHPには、「驚くほど柔らかく」と書いてあるけど、柔らかさを言うなら双葉やまい泉のほうがのほうが上ということになると思う。個人的には、柔らかい肉も美味しいけど、歯ごたえのある肉も捨てがたい。

上げ具合はどちらもジューシーに揚がっていて、衣のかんじなど、イメージ的には、ぽん多は和食店ぽい揚げ物、双葉は洋食店ぽい揚げ物といった、ニュアンスを感じました。


そんなこんなで、トータルのお気に入り度は
☆☆☆++


レストランの記録



コメント

(⌒▽⌒)アハハ!

よくわかります。無愛想の人います。
ちょっとぐらい笑えよって思います(笑)
有料なのも仕方ないけどはっきりしてほしいですね~
軽く は、3分の1くらいかと思ってましたv-12日本語って難しい~~(>_<)

rokogirlさん

ここの給仕さんは、笑わないってよりは、なんだか客を上から見てる感じでした。
rokogirlさん的には、「軽く」は逆に1/3ですかー。
「普通より軽く」もしくは「軽く一杯」の省略が「軽く」だから、どちらかというと2/3じゃないかな。。
次からは2/3とか、3/4とか言おうとと思います。。

先日、平田牧場の三元豚のカツを
購入してお家で食べましたv-392

お店で食べるのが良いですよね
三元豚は脂身がたっぷりなかんじで
ちょっと脂身が嫌いな人には
お薦め出来ないかな
でも甘みのある脂身でした

ここのカツはヒレに近い感じでしょうか?
ちょっとお高めだけど美味しそうです

桜さん、こんばんは

三元豚は脂身が多いのですね。。
ぽん多さんのは、ロースで脂身を全部掃除してるのだと言っていました。
やわらかだけど、ちょっと歯ごたえもある感じで、脂はなかったけど、食べた感じもヒレというよりは、ロースの感じしました。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2351-00f8f65c