ストーン・ヴァレイ - カリフォルニア カベルネ・フラン 2004 (やまやで買った超お買い得ワイン) 

20090308_05_wineCaliforniaCabernetFranc03


STONE VALLEY
CALIFORNIA
Carbetnet Franc
2004
ALC 13.5% BY VOL

エチケットとボトルの全体…

20090308_05_wineCaliforniaCabernetFranc0120090308_05_wineCaliforniaCabernetFranc02


色はこんなふう…

20090308_05_wineCaliforniaCabernetFranc0320090308_05_wineCaliforniaCabernetFranc04


葡萄:カベルネ・フラン100%
生産地:シエラ・ネバダ(Sierra Nevada)、カリフォルニア、アメリカ合衆国
生産者:アイアンストーン・ヴィンヤーズ(販売店に問合わせ確認、HP
ヴィンテージ:2007
アペラシオン/格付け:シエラ・フットヒルズ(Sierra Foothills)
製法:
輸入元:コルドンヴェール株式会社
購入:2009/2/、500円/750ml、近所の大手酒屋チェーン店YM.
(通常680円/ボトル、陳列棚にある同程度のワイン2本で1000円だった。)

その他:裏ラベルには次の記述がある。
ベリー系の果実やスミレのアロマがあり、ほんのりと香ばしいバニ
ラを感じるソフトな飲み口の赤ワインです。



参考:カベルネフランはボルドーワインなどでは補助的にブレンドされる品種で、よく使われるが、カベルネフラン100%のワインは珍しいかもしれない。カベルネフランとソーヴィニョンブランを掛け合わせて、カベルネ・ソーヴィニョンになった。

Bordeaux.comには次の記述がある。
カベルネ・フランは丸み、アロマの繊細さと生き生きとした感じをもたらします。メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンのバランスを取っています。

葡萄の品種には次の記述がある。
木苺などの芳香があり、ロワールを除きサブ的存在。

カリフォルニアワインのページには次の記述がある。
マイナーな理由としては、まず葡萄の扱いが難しいことがあげられるそうです。栽培地域や醸造行程にうるさく、荒っぽく扱うとすぐ野菜臭いしぶいワインになってしまうそうです。
その繊細で気紛れな所はむしろピノノアールのようだとも言われています。
むしろピノノアールのようにやさしく細やかなケアをしてあげるととても美味しいワインになるそうです。
ピノ・ノワールとの類似が書かれていることは興味深い。ここにはチョコレートに合うとも書かれている。

海外の通販のHP




レポート

アピアランス:透明感のある美しい赤黒。とろみ強め。

香りの強さ:4/5
香りの内容:ピノ・ノワールのワインのように華やか。凝縮したベリー。アルコール。

甘味:3-4/5、よい感じの甘さも
酸味:3/5
苦味:1/5
渋み:3/5
果実味:4/5
刺激:0/5

後味:よい甘さ、少しカカオのような苦み。

印象:ブルゴーニュのピノ・ノワールに似ている。滑らかでスムーズなタンニン。

その他の感想:ブルゴーニュ ピノ・ノワールの良いワインと同じ感覚。


好みによる評価:☆☆☆☆++
お買い得感:☆☆☆☆☆
備考:余程お気に入り度☆5にしようと思った。




合わせた食べ物…。

20090308_05_wineCaliforniaCabernetFranc06

チョコケーキ
☆☆☆☆++


20090308_05_wineCaliforniaCabernetFranc07

チーズ(コンテ10ヶ月熟成)
☆☆☆☆☆
よい旨みが出てくる。

20090308_05_wineCaliforniaCabernetFranc05


楽天ワイン店レビュー
ワインの記録




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2303-330bc333