スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座の日本料理店「吉兆 ホテル西洋銀座店」でお昼の懐石料理のコースその1 

20090109_01_KichyouSeiyou17


銀座のホテル西洋銀座内にある、東京吉兆の西洋店に行ってみました。
写真がちょっと多くなるので、これも2回に分けてご報告します。

お店情報
吉兆 ホテル西洋銀座店
東京都中央区銀座1-11-2ホテル西洋銀座 地下1階
tel:03-3535-1177
西洋店のHP吉兆東京のHP吉兆グループのHP

「東京吉兆」なのか、「吉兆東京」なのか、両方の名前がホームページ上にあり、よくわからないが、いろいろ見てみると、「株式会社東京吉兆」が正式なようですね。

グルメサイト
食べログ(3.80pt/14件、味3.82pt)
Yahooグルメ(0件)
livedoorグルメ(4.5pt/3件)


どうせなら本店に行ってみたいと思っていたのだけど、やたら高いので迷っていたところ、料理の味は、本店と西洋店は同じ水準と書いてある記事がネットで複数見かけられ、さらにある日本料理の世界に詳しい知人が、最近では西洋店のほうが上と言われていると言っていたので、西洋店に行ってみることにしました。

料理の値段は、本店は西洋店の倍ぐらいするようですが、大部分は豪華な建物の経費、いわゆるハコ代とみなせると思います。それを考えると、料理の質がそんなに極端に違うとは考えにくい。


東京メトロ銀座線京橋駅で降りて、首都高の下をくぐり、すぐのところに、ホテル西洋銀座はあります。


20090109_01_KichyouSeiyou01

この車寄せから入ります。

20090109_01_KichyouSeiyou02

車寄せの様子。


20090109_01_KichyouSeiyou03

上の写真にも写っている入って右手の入口。
これを入ると、吉兆さんの看板があります。


20090109_01_KichyouSeiyou0520090109_01_KichyouSeiyou04

看板の横の階段を地下に降りると入口があります。


20090109_01_KichyouSeiyou06

お出迎えの仲居さんが数名おられたので、入口を写真に撮って良いですか
とたずねると、扉をいっぱいに広げて、仲居さんたちは奥のほうに行って
しまいました(笑)

どうもいまいちな雰囲気なのは、コートがけが表にあるためかな。


予約して、13時40分ごろに入店。

20090109_01_KichyouSeiyou07

店内は、帝国店よりもゆったりしています(日記)。

ホテルは家賃が高いから、帝国店にしても、西洋店にしても、どうし
ても、こんなふうなのかもしれませんね。

お客さんはまばらで、この右側の席に中年のカップルの方が来られた
ぐらいです。時間帯が遅かったためもあるでしょうが、船場吉兆の影
響もまだあるのかもしれません。あれは、あまりにもインパクト強す
ぎたので。



テーブルセッティング

20090109_01_KichyouSeiyou08

こういう写真とってみると、照明がいまいちなことがわかりやすいです。
お盆に強く映りこむということは、人間の目にも強い光が入るということなので。

例えばどうでしょう~、こちらのお店は ⇒ 分とく山
快適な環境で食べるほうが、同じ料理でも美味しく感じられるでしょう。


お屠蘇は普通でした。
☆☆☆


吉兆西洋店さんのお料理は、夜の懐石で26,250~47,250円。昼には
8,400~15,750円のコースと、4,200~10,500円の付きだし+ご飯の
セットがあります。(「つきだし」は「突き出し」「突出し」が正
しいけど、吉兆さんのHPでは意図的にか?「付きだし」と書いてあ
りました。)


昼の懐石は、
「おまかせ料理 松」15,750円(一汁五~六菜+果物)
「やさい懐石」8,400円
「特撰ミニ懐石」12,600円
「よろこび懐石」21,000円
という選択肢。


ちなみに、夜の懐石は一汁六~八菜、果物、菓子。


吉兆さんの実力を知るには、「松」のコースで十分と判断。
+500円で、ご飯を「まる雑炊」にしてもらいました。

その前に他所で食べた「まる鍋」と比べてどうかが興味あったので。

仲居さんに、コースの構成上問題ないかたずねたところ、厨房で
うまく考えてくれるとのご返事でした。


日本酒「瑞鷹」(超辛口)945円をつけました。
これも一応、仲居さんに、料理に合うのかたずねたのだけど、
「日本酒なら何でも合うからお好みで」とのご返事(笑)

でも結論は、このお酒はちょっとピリっとしすぎていて、
あまり料理には合わなかった。


お酒自体のお気に入り度は、
☆☆☆

私は辛口好きなのだけど、辛ければなんでも好きというわけ
でもないみたいです。

瑞鷹株式会社のHP
本醸造 瑞鷹 辛口



祝八寸

20090109_01_KichyouSeiyou09


角型の器の左端から、
蛤とカラスミ
カズノコとクワイ
玉子、フォアグラ、肉、エビ
ちしゃとう、サーモン
黒豆、金柑
とこぶし

真ん中のは、タラの白子


20090109_01_KichyouSeiyou10

タラの白子は、ねっとり舌にまとわり付く感じ
☆☆☆☆+

ふぐの白子のほうが、美味しいと思った。


なぜか写真を忘れた、角型の器の左端の、
蛤とカラスミ、カズノコとクワイは、
どちらもお気に入り度 ☆☆☆☆


20090109_01_KichyouSeiyou11

玉子、フォアグラ、肉、海老のお気に入り度も
☆☆☆☆

とても美味しかった。


20090109_01_KichyouSeiyou12

ちしゃとう ☆☆☆
サーモン ☆☆☆☆

ちしゃとうは、レタスの原生種のステムレタスのこと。
竹の形に細工できるということで、お正月の定番のようです(分とく山)。



20090109_01_KichyouSeiyou13

黒豆と金柑。
見た目も美しい。
☆☆☆☆
どちらもとても美味しかった。



20090109_01_KichyouSeiyou14

とこぶし
☆☆☆☆
大変美味でした。


とこぶしは小さいアワビのようなもの。
6~8月が旬です(参考:Wikipedia)。


祝八寸は、内容が豊富で、大変良かったです。
ただ、感激できるほどのものが無く、正直ぱっとしないかんじ。
コースの値段が値段ですから、もっと期待したい。
祝八寸のトータルは☆☆☆☆ぐらいか。



お椀

20090109_01_KichyouSeiyou1520090109_01_KichyouSeiyou16

「花びらしんじょう」。

大変美しい黒塗りと花の柄のお椀で、
ふたをあけると、しんじょうに金箔の飾り。


20090109_01_KichyouSeiyou17

☆☆☆☆☆

大変良い味で、さすがの吉兆さんと思いました。

このお椀は祝八寸とだいぶレベルが違うかんじで、それぞれ違う
料理人の人が手分けして作ってるのかな?と思うぐらい。

金箔は美しいけど勿体無いと思う。
資源は限られているので。

地球上の金の埋蔵量は、なんと、一辺が20メートルの立方体に収
まる程度しかないらしい(参考HP)。





写真が多くなると重たいので、その1はここまでにします。

その2は、お造り、焼き物、炊き合わせ、お食事(まる雑炊)、デザートについてと、最後に少し全体の感想を書く予定です。
その2に進む


参考:帝国ホテル店の日記

レストランの記録



コメント

わかる~~

上の電気がうつるところって気になりますよね(>.<)
私写真とるたびに気になっちゃって。

またこのお店でもちょろぎが出ていましたね(笑)東京のものなのかなぁ?
あまり出てくるから食べたくて仕方ない。

rokogirlさん

ちょろぎは、元々中国のですね。。
和食ではお正月のおせち料理の定番みたいですよ。
うまく作ると酢の物が美味しいですよね。
最近何回か出てきたけど、櫻川さんで一つだけ出てきたのが、一番美味しかった。
こんな小さなものでも、お店で差が出るのが面白いです。

食事中の照明の明るさは雰囲気や食事のおいしさにも
関係がするので気になりますよね。

すごく大きな金箔と思いましたが
やっぱり食べるのは勿体無い気がしてしまいます・・・(^^;)

BlueBlueberryさん、こんにちは

そうですね。。明るいほうが良いのだけど、間接照明にしたり、もう少し工夫したほうが良いと思います。老舗も向上心を失うとだめだと思います。

金箔自体の値段はそれほどではないと思うのだけど、これを毎日何億人か何千万人もの人が、食べて排出し、最終的に回収困難な状態に捨ててしまうとしたら、金という希少な資源がどんどん減ってしまいます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2234-97027b43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。